FC2ブログ

東京新聞連載 133回 今に生きる知恵

2018123001.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

古民家を借り始めてから始まった、家事の温故知新シリーズの一つです。

「お婆ちゃんの知恵袋」のような家事本は今も人気で、一定数の支持があります。昔ながらの家事の知恵には、今でも通じるものがあるし、そのまま使えるものもあります。その反面、現在では通用しない家事ノウハウもあります。

今回、例として紹介した、「新聞紙で窓を拭くとピカピカになる」というノウハウは、「ピカピカになる」を期待すると、今では通用しないノウハウになります。新聞のインクに使われる成分が、昔と今とでは違っているからです。

昔は、石油化学系の溶剤が含まれたインクでした。今は植物性のインク。石油科学系の溶剤というのは、簡単に言うと洗剤に似たような成分。だから窓を拭けばキレイになったのだと考えられます。

ただし、新聞紙で窓を拭く意味は、他にもあったのです。それが、今回触れた、木枠の窓という条件です。ザブザブ水が使えない窓拭き。濡れた新聞紙で拭くのは、そういうことだったのです。

その背景や理屈を押さえたうえで、今、木枠の窓の窓拭きをするなら、何が使えるか?と考えるのが大切。新聞紙を考えると、まず新聞を購読していない人が増えている。手近なところに新聞紙がないという人も多い。それに濡れた新聞紙は、かさばるので片付けがけっこうタイヘン。もう少し薄く、軽く、廃棄しやすいものは?ホームセンターへ行くと、窓拭き用のペーパークロスなど、いろいろ売っています。それを使えばいいのです。

昔から、固絞りの雑巾がすすめられないのは、糸くずが窓にくっ付くから。繊維が千切れないのが新聞紙だったという背景もあります。

このように、なぜ窓拭きには新聞紙になったのか?その理由を探ることで、窓拭きの本質がみえてきます。その本質に沿う道具が、時には濡らした新聞紙であったり、ペーパークロスであったり、アルミサッシ時代には霧吹きとスクレイパーだったりするわけです。

「○○には★★」

を全部、一つずつ覚えようとすると、タイヘンです。しかも、覚えた頃には、(新聞のインクが変わったように)環境が変わってしまっている可能性もあります。ただし、本質は変わりません。「○○には★★」の理由や背景を探ることで、普遍的な家事ができるようになるのです。

水道の白い汚れにはクエン酸、油汚れにはセスキ炭酸ソーダや重曹というのも、アルカリ性の汚れには酸性洗剤、酸化した汚れにはアルカリ性の洗剤という、小学校の時に習ったリトマス試験紙反応の応用でしかありません。服に付いた口紅はベンジンで落とすのも、油性の汚れは油で落とすというだけのこと。化粧品という油を、クレンジングオイル(油)で落とす理屈と同じ。

一つ一つ「○○には★★」ではなく「○○系には★★類」くらいにまとめて系統だてて覚えると、少しは整理できるし、新しい事にも応用できるようになるはずです。

「チコちゃんに叱られる!」でもありますが、「なんで(○○は★★なの)?」という視点を持ち続けることが大切です。ちょっと深掘りするだけで、家事はグッと簡単に楽になります。断片的に「○○は★★」と覚えると、ただただシンドイだけです。
  

日経プラス1(2018年12月15日)

2018123002.jpg
2018年12月15日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事はこちら(日経プラス1サイト)。

これはだいぶん以前から言い続けている年末大掃除はもう止めよう!キャンペーンの一環です。

年末に大掃除をしても効果が見込めません。大掃除をしなくてイイような、中掃除や小掃除で乗り切れるようにシフトしようという話。その流れの中で、「ココだけ」のポイント掃除について書きました。

家族の共同作業など、ほとんどない現代。昭和中期までは農作業や家族経営の店の手伝いなど、家族が共同することはいくらでもありました。それらが無くなった今、敢えて家族で掃除をするのは、それなりの意味があるのでは?むしろ、年末くらい共同作業を設定しても良いのでは?という内容を最後に書きました。

記事で登場するのは娘と僕。原稿締め切り日の朝、大急ぎで撮影したのでした。窓で僕と娘が向かい合っている写真は、妻が撮りました。

日経プラス1の連載も、今回で5回目。やっとペースがつかめてきた気がします。
 

千葉市で講演します

2019年1月20日(日)14:00~千葉市生涯学習センターで

第27回ハーモニー講演会
「プロ主夫が伝授する手抜き家事のススメ~今日からできる共家事のコツ~」
の講師をします。

http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/danjo/30harmonykouennkai.html

久しぶりに、「楽家事」ではなく「手抜き家事」がタイトルに入った講演会です。この機会に、自分は「手抜き家事のススメ」の頃から進化してるんだろうか?という個人的な振り返りもしながら、準備に取りかかっています。

よかったら見に来て下さい。

 

東京新聞連載 132回 裁縫男子


(画像をクリックすると拡大表示されます)

「○○男子」「☆☆女子」という表現の是非はひとまず置いておいて…。ええ、自分でも「裁縫男子」と書きながら、とりあえず「『男子』という年齢じゃないだろ!」とツッコミいれました。リアルなところ、「裁縫オヤジ」「裁縫ジジイ」な感じでしょうか?

僕の場合、一人暮らしが長かく誰かに頼めなかったのと、ボタンがほつれてきたから捨てて次を買うという発想がなかったのもあって、緩んだボタンは自分で縫って修理するように。もともと裁縫はそれほど苦にならないタイプ。紙工作やプラモデルが得意だったので、それと似たようなチマチマした作業の裁縫は、「きっと上手く出来るだろう」という、根拠のない自信に支えられているのかもしれない。

記事では「手芸用品店」となっていますが、もとの原稿は「ユザワヤ」となっています。あの店、本当にいろんな物がありますね。東急ハンズやロフトにもあるのかもしれませんが、今回はユザワヤ直行となりました。

今回のイラストは、僕の大阪マラソン2018で走った格好そのまんまです。今回は、エイドで提供される物を全種類食べることと、仮装ランナー&仮装応援の人を撮ることをメインに走ったので、タイムは4時間半とチョイでのエンジョイ完走となりました。

 

日経プラス1(2018年11月24日)

2018121201.jpg
2018年11月24日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事はこちら(日経プラス1サイト)。

「家事を撮る」は、料理分野ではかなり進んでいると思います。Instagramでも料理画像はあふれんばかりの情報量。それに比べて、掃除や洗濯はほぼ皆無。そもそも、掃除や洗濯、収納などの家事は、作り上げるものではなく、「あと始末」的な家事。インスタ映えなど縁遠いもの。

それでも、自分で家事を楽しむのに、撮るという作業はかなり効果的です。掃除のビフォー&アフターもそうですし、タイムラプスで片付いていく様子をコマ撮りしたり。子どもの成長と共に変化する子ども部屋を定点観測的に撮ったり。

誰かに見せるためのものではなく、自分で自分のために撮る。そもそも家事とは、自分で自分のためにする事(自事)が基本。どうしてもやりたくないのなら、やらなくていい方法を考えるか、やりたくなるような方法を考えるしかない。今どき、撮るなんて、とってもハードルの低い作業だ。この年末大掃除の機会に、試してみてはいかがでしょ?
 

福岡県直方市で講演しました

2018120201.jpg
福岡県直方市の第22回のおがた男女共同参画フォーラム「男女共同参画が共に輝くための2つの視点」で2つめの視点「ここで差が付く!家庭円満暮らし術~楽でムリなく行える“共家事”のポイント~」を講演しました。1つめの視点は「女性が意志決定の場にいることでなにが変わるか」というパネルディスカッション&ワールドカフェ企画でした。
 
2018120202.jpg
僕が直方駅に到着したのは、ちょうど第一部の終盤辺りの時間帯。会場入りする前に、まずは直方のヒーロー元大関魁皇の像の前でツーショット。この画像も講師紹介に使いました。

お昼ご飯はフェスタ形式のイベントのいいところで、フードマーケットで売っていた直方のローカルグルメ「焼きスパ」と「焼きカレー」を頂きました。久しぶりに楽屋で温かい食事!それだけで感激です。

事前のメールのやり取りから、親しみやすい担当さんをイメージしていたら、本当にその通りの人で、周囲の人も畏まったところがなく、パッと思ったことを言えるとてもスムーズな準備進行。改まりすぎず、かつ無礼にもならずという、良いあんばいのコミュニケーションというのは、最近、いろんな場面で難しくなってきているのかな?と思うことがあります。初対面なのに、スムーズな関係、ありがたいです。ちなみに、担当さんの方も「メールでイメージしていた通りの講師」との評でした。お互いがこういう認識だと、本当に楽です。

講演は初っ端でリモコンのバッテリーがゼロになるというアクシデントがあったものの、電池詰め替えによる数十秒のインターバルを経て「改めまして!」とリスタート。そのまま講演は終盤のペアワークで賑やかになったところで、最後のシメまで順調に進行。質疑応答は、少し遠慮がちではあったけど、講演では話しきれなかった補足もすることができて、ヨカッタです。

家庭と職場の情報共有・経験共有についての類似性の指摘や、共家事による衝突をどう乗り越えるか?換気扇掃除の後の話などの意見や質問がありました。ともに深掘りできる事柄で、限られた時間の中で十分に答えられたかというと疑問ではありますが、ヒント程度にはなったのでは?と思います。楽しく質疑応答の時間も終え、ハイ終了!…ではなかったのです。

今日は、これだけではない仕事があったのです。
 
2018120203.jpg
それが、講演に続く企画、「シンデレラストーリープロジェクト2018」という人財発掘プロジェクトの発表会プレゼンがあり、そのコメンテイターを頼まれていたのでした。

講演の終盤で「他人の話をちゃんと聞くから、自分の話も聞いてもらえる」「聞く努力、伝える気持ち」という話をしましたが、それがそのまま自分に返ってきた感じでした。プレゼンを全員分ちゃんと聞きながら、「ここがイイ!」「これは可能性がある!」「すぐにでもできそう!」など、良いところを探しながらの聞く作業。そして、コメント発表。講演とは違うエネルギーを大量消費。

そういえば…で、思い出したのが、NHK「サラリーマンneo」の中の「博多よかばい食品」。その中に横浜から来た女性コンサルタントに、「社名を変えたら?」と言われ、切れる男たちが放った「九州のおなごやったら、男の後ろば三歩下がって、なんでんゆうこと聞かんね」という言葉。今でも、そういう価値観がそのまんま残っているとは思わないまでも、コントのネタになるということは、まんざらでもないはず。そんな中、「私はこうなりたい!」と人前で女性が意思表明するには、なかなかエネルギーが必要だと思います。
 

東京新聞連載 131回 家電デコ

2018113001.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

130回家電の買い替え」から続くような、でも、これまでの流れから考えると、かなり異色の「家電デコ」が今回の話題。

ひとえに、講師中まであり、Facebook友達である、Yさんのおかげです。Facebookの投稿を見て「うわっ!そんなステッカー出てるんや!」と驚き、Amazonでも確認。その流れで、東急ハンズ、ロフト、100均各店舗へ取材。けっこういろんな種類が出てるんですね。

正直いって、愛想のない家電が多いです。かといって、デコろうと思ったことなどなかったのですが、いやいや考えようによっては、男も楽しめるデコ!あると思います。

例えば、スターウォーズのステッカー、スタートレックにマーベリック。スポーツチームのステッカーもありだと思うし、音楽系もあり。パンクロック的な荒れたのから、欧州の古城、ビーチ、クリスチャン・ラッセン系のポスターなど、キャラクターものは今でもたくさん出回ってます。ありとあらゆるものをステッカー化して、あののっぺらぼう的な家電に貼れば楽しいかも。

家電各社は、おそらく各自で楽しめるように、敢えて白で残してくれていたのかもしれない(ホンマか?)。

 

大阪府羽曳野市でセミナーしました

2018111801.jpg
大阪府羽曳野市男女共生セミナー「少ない手間で大きな効果♪スーパー主夫の早めの大掃除」の講師をしました。

羽曳野市は2017年2月25日(この時)、2017年8月5日(この時)と、最近よく訪れている町。リピートで呼んでもらえるというのは、やっぱりウレシイものです。担当さんも前から変わっていないので、お馴染みのみなさん。準備のやり取りも、相手がわかっている分、気持ちも楽。

このところ、北関東や信越、九州の講演が続いていたので、片道1時間半で行ける羽曳野市はものすごく近い印象。「あれ!もう着いてしもた!」という感覚でした。乗り継ぎも勝手知ったる淀屋橋駅と天王寺駅。どの車両のどのドアが階段に近いかも、頭に入っているので(鉄道好きですし)、急いだつもりはないのに、予定よりも10分早い電車で着いてしまいました。少し早めのお迎えの車にも気づき少し早めの会場入り。

今回は、参加者10人(11人だったかな?)の小人数。一人一人の顔がよく見えて、いろいろ話を振りながらのセミナー。「大掃除目標カード」に、掃除したい箇所を書き出してもらい、その後、大掃除のコツを聞いて、それに沿って箇所を順番に並び直す作業をしてもらったり、

2018111802.jpg
メインイベントの、自宅の換気扇パーツ(フィルター、プロペラ、シロッコファンなど)を持って来てもらい、実際に「秘技」でキレイにする実習もやってもらいました。

このためにセミナー会場は調理実習室に。もともと、前2回の講演でも、この「秘技」はVTRで紹介していて、「実際に、キレイにしたい」という担当さんのリクエストもあり、今回、講座の中の実習として実現しました。その担当さんは、自宅の換気扇パーツを玄関まで用意しながら、持ってくるのを忘れたという、「あるある」の典型のような残念な結末に。でも、参加者の皆さんは、フィルターはもとより、シロッコファンを持参の人はそれを入れる用のバケツも持参しての参加。そして、皆さん、「キレイになった!」「しかもこんなに簡単で短時間に!」と大満足してもらえました。

この「秘技」の実習が上手くいくかどうかに気を揉みすぎたせいか、他の説明で使うべく小道具をいくつか忘れて行ったくらい、実は「自分の家の換気扇だけに効く『秘技』かもしれない」という不安があったのです。参加した人全員のパーツがキレイになったので、ホッと安心しました。作業中の肌荒れやヤケドもなかったようで、こちらもホッとしました。

不安はさらに、痛恨のミスを誘発してました。それは、換気扇の掃除前画像を撮り忘れたこと。それがあれば、掃除後のキレイになった換気扇との比較ができて、達成感はさらに高まったはずでした。なんともザンネン。

「化学的な洗剤で拭く前に、物理的に除去」という話の中で、スクレイパーの紹介をしながら、実は、「こんなモノでもサッと処理できる」ということで、お好み焼きのコテ(テコ、ヘラ)も紹介。この動画が意外と好評で2回も再生。スーパーで買ってきたポテトサラダを、床に落としてしまったのを、お好み焼きのコテでシャッとすくい取る動画です。このほか、生卵を落として割ってしまった時や、キムチを床にぶちまけてしまった時にも効果的!という動画です。

少人数のせいか、和気あいあいとセミナーも進行し、アッという間に2時間のセミナーが終わってしまいました。今回、実習入りのセミナーに初挑戦でした。いろいろ不安はあったけど、上手くいってよかったです。もしも会場さえ手配できるのなら、この換気扇掃除実習入りは、コンテンツとして定着できそうです。

 

東京新聞連載 130回 家電の買い替え

2018111601.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

とくにボーナスシーズンを狙ったわけでもないですが、たまたま我が家の冷蔵庫の不調がきて、そろそろ買い換えか?というタイミングだったので記事にしました。

イラストのホンマさん宅の冷蔵庫も、不調ゆえに最近買い替えたばかり。記事担当記者さん宅の冷蔵庫など、買って5年後のある日、突然、ドリフターズのコントのように落下したとのこと。

記事の中に出てきた、神原サリーさんの『サリー流「効率家事」』によると、掃除機の耐用年数は6年、冷蔵庫、洗濯機、エアコンは8~10年だそうです。いつ壊れても不思議ではない、我が家の家電群。

しかも、周囲の話によると、壊れる時は続くらしい。この冬くらい危ないかもしれない。そろそろ心づもりをしておかないと。

 

佐賀市で講演しました

2018111101.jpg
佐賀県佐賀市の平成30年度 女・男(ひと・ひと)フォーラム「楽家事で楽しもう!!やってみよう家事シェア」で第一部の基調講演「家事シェアで家族が変わる!今、家事シェアが必要な本当の理由」(80分)と第2部ワークショップ「ここからはじめる楽家事&家事シェア 楽だからシェアできる、シェアするから楽になる」(75分)をしました。

全国あちこちで講演してきました。これまでに、43都道府県を訪れました。44都道府県目が、この佐賀県。その県庁所在地佐賀市での講演。九州では残った最後の県でした。

今回は、今年3月にした大分市での講演(この講演)の様子を知った担当さんが、声をかけて下さり実現しました。9月には佐世保市での講演(この講演)も聞きに来てくれていました。

担当さんの様子もわかっていると、準備は楽。今回はダブルヘッダー的講演で、とくに第2部は、「出たとこ勝負」の僕なので、担当さんは準備に相当やきもちされたのでは?と思います。
 
2018111102.jpg
会場は、佐賀市保健福祉会館(ほほえみ館)。会場に着くと、子ども達の元気な声がいっぱい。どうやら、双子ちゃん三つ子ちゃんの親子イベントだったようです。賑やかなのはエエことです。町の活力源です。ズッとズッと山に入ったり、海沿いへ行くと、人が歩いているのを見ることが少なくなります。ましてや子どもの走り回る声や赤ちゃんの泣き声など皆無。贅沢な音になっている地域が、日本には本当にたくさんあるし、どんどん拡大しています。繰り返します。賑やかなのはエエことです。

そんなバックグラウンド音に包まれながらの講演でした。良い具合のサイズの会場に、ピッチリ満席!人が固まると発生する熱量が前で喋っている僕に流れ込んでくる感じでした。

やや押し気味の進行だったけど、わりと余裕もって講演は収まりました。主催者挨拶にも触れられていたのですが、佐賀市は6月に瀬地山角さんの講演があったようで(この記事)、おそらく育児で行き詰まった「あの」話もしていると確信があったので、引用させてもらいました。

問題の第2部。導入にシャツのたたみ方、タオルのたたみ方ワークでアイスブレイク。いろんなたたみ方を各班でお互いに紹介し合ってもらいました。いろんなたたみ方ができる=収納場所の変化に対応可能という流れから、第2部メインのリクエストカードへの返答。あれこれ紹介しているうちに、アッという間に30分。残り25分で家事シェアワークショップ。「○○だから家事シェアできない」「××じゃないから家事シェアできない」から家事シェアについて考えてもらうワーク。時間コントロールしながら、こっちは第一部と違ってギリギリセーフ。出たとこ勝負らしい結末でした。ワークショップの様子を見ていると、発言が特定の人に偏った様子もなく、皆がワイワイと話していたようでヨカッタです。

自分ち以外の家事の様子を知るというのが、僕のワークショップの大きな柱になっています。家事はインサイドワーク。知っているようで知らないよその家事(メディアで紹介される家事は、どうしても部分的なことが多いし、極端な例も多くなりがち)。それぞれの家庭を構成する要素によって、一概に比較はできないけど、それを差し引いても、自分の家事の相対化ができます。相対化できれば、シンドイ時にはもう少し楽できることを知ることができます。家事に緩急が付けられれば、かなり楽になります。楽だから続けられる。行き着きたいのは、この循環です。

ところで、リクエストカードには、かなり深い内容の問い合わせも多くありました。一つ一つ丁寧に答えようとすると、3日くらいのセミナーになりそうです。進行しながら「どれが答えられるかな?」というところから取りかかるので、どうしても本質的な問題の話は、避けがちです。ですが、本質的な問題も大事です。追々、Webサイトで答えていこうと考えています。

家事シェアワークショッップは、なかなかオモシロイ指摘が出てきました。家事のやり方で齟齬が起きる→もうイイ!と諦めるというシェア頓挫(?)の話もでました。結婚とはそもそも異文化交流。家事も育った環境の違う2人が取り組めば、当然衝突が起きます。でも、異文化交流だと分かれば、衝突解消プログラムの「抵抗」→「同化」→「分離」→「統合」という流れに当てはまることに気付きます。僕ら夫婦は、今、「同化」段階?などがわかれば、この先の展開も予測できます。これも相対化です。今回は、この話をワークの最後に出せたのがヨカッタです。

一日中、イイ天気でした。帰りにチョットだけ九州気分を味わうべく、佐賀駅前で豚骨ラーメンを食べました。出し切った身体に、豚骨スープがジワジワ染み込みました。