FC2ブログ

カテゴリ:その他の家事 の記事一覧

家事時間=動く時間→増えると健康維持になる?

今朝(2017年1月6日)のNHK関西ローカルニュースで流れていました。
--
日本人の大人が睡眠以外で動かずにじっとしている時間は1日平均およそ5時間あまりで、高齢になるほど増えることが滋賀医科大学などでつくる厚生労働省の研究班の調査で分かりました。

調査を行った専門家は、健康維持のためには動かない時間を減らすよう心がけてほしいとしています。

調査を行ったのは滋賀医科大学の三浦克之教授を中心とする厚生労働省の研究班です。研究班では全国の20歳から91歳までの男女あわせて2883人について、日常生活での活動実態をアンケートや面談を行って調査しました。

その結果から1日の活動を▼スポーツや家事などで体を動かしている状態、▼テレビを見たり読書したりしてじっとして動かない状態、それに▼眠っている状態などに分類したところ、じっとして動かない時間は睡眠以外に1日の平均で男性が5.8時間、女性は5.2時間になったということです。

年代別に見てみますと動かない時間は、▼50歳未満では4時間程度でしたが▼50代から増加し、80歳以上では男性で8時間あまり、女性で7時間あまりになったということです。

研究班によりますと動かない状態が長くなるほど糖尿病や循環器の病気などのリスクが増えるという報告があるということで、代表研究者を務める滋賀医科大学の三浦克之教授は、「健康維持のためにはなるべく動かない時間を減らしてほしい」と話しています。研究班では今後も継続して調査を行い、動かない時間と健康との関係を調べることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170106/5641771.html
--

家事はメンドウな側面もありますが、じっとしている時間を減らす効果があります。男性よりも女性の方が、じっとしている時間が少ないのは、家事が影響しているのかもしれません。家事をすると、足腰の運動になるし、手先も使うし、頭もつかいます。もちろん家事の負担が大きすぎるのは逆効果だと思いますが、適度な運動としての家事を続けるのは、「生活不活発病」(廃用症候群)の予防にもなりそうです。


 

エアコンのリモコンが壊れた!

2015122106.jpg
築10年の今の家。翌年2006年7月31日にエアコンを取り付けて、今年で9年。
先日、「エアコンが壊れた」と妻が言うので「そりゃタイヘン!」と調べてみました。

まずはリモコンの電池。これはバッテリーチェッカーで確認したところほぼ満タン。

次は、本体のチェック。
それを調べるには、

2015122107.jpg
だいたいどの機種にも付いていますが、送風口の下や横に(カバーを開けたところにある場合も)手動スイッチがあります(テレビも右や裏に付いています)。ここを押して起動しなければ、本体がアウト!動く場合はリモコンがアウト!

リモコンを確認するには、デジタルカメラを通してリモコンの赤外線が出る部分を見てみます(こんな感じ)。リモコンのボタンを押すと、赤外線口が光ります。注意点なのですが、デジカメではその光が見えますが、iPhoneのカメラでは見えません。「壊れた」というリモコンを確認してみると、光っていませんでした。

そこで、リモコンの交換となりますが、メーカーに電話して新しい物を送ってもらうことを考えると時間とお金が掛かりそう。そこで、Amazonで物色。不思議なことにリモコンの品番で検索すると、少し違った形のリモコンが表示されます。似たようなリモコンを探してみたら、品番は下一桁が8番違い。「同じメーカーのマークが入ってるから大丈夫だろう。1890円なのでダメでも仕方なし」と思い切って注文したところ…朝注文したモノが夕方には届く。助かります。

新しいリモコンに電池を入れて、エアコンに向けてピッと操作してみると、まったく問題なく起動しました。一つ、左の新しいリモコンには、「へや干し」というボタンが付いています。それ以外は前と変わりなく使えました。

同じ形のリモコンでも、4000円くらいの値が付いているモノもあります。もしかすると、そちらが正規のお値段なのかもしれません。ちなみに、今回は子ども部屋のエアコンでパワー控えめのエアコンでしたが、リビング用の大きい部屋向けエアコンのリモコンはもうちょっと値段も高く、しかもアウトレット的な格安商品もありませんでした。大事に使わねば。
 

収納家具の置き換え&棚をテーブルにリサイクル

2015051002.jpg
前回の、ワイヤー棚のテレビ台を買い換えた(この時)のに続き、今度は娘の奥の棚も買い換えました。

2015051001.jpg
両方を入れ替える前はこんな風景でした。テレビの位置が動いているし、床の散らかり具合も違うし、壁のものも一掃したので一様に比べられませんが、ずいぶんスッキリしました。

2015051004.jpg
娘の棚はクローゼット用のキャスター棚を二つ使っていたのですが、一つは廃棄することに。クローゼット用の棚というのは、重たいモノが乗るようにできていません。教科書やプリントなどの紙類が乗っていた棚板は、重さで真ん中がしなって凹んでいました。

「もう使えないだろう」と思っていたのですが、補強にねじ釘を入れてやると、凹みも幾分マシに。そこで、縦横を入れ替え、2000円程度の天板を両面テープでくっつけてテーブルを作ってみました。

天板のサイズは900×600。それをホームセンターで800×600にカットしてもらいました。キャスターは縦横の入れ替えに伴って付け替え。電動ドリルを使うとアッという間の作業。むしろ久しぶりに使ったので、充電待ちの時間の方がはるかに長かったです。

2015051003.jpg
高さ82cmのテーブル。一般的にダイニングテーブルの高さは70cmなのですが、キッチンとの高さを揃える意味では、むしろ使いやすいです。そのままでも十分なのですが、透明のテーブルクロスを買ってきて、天板の返し部分に押しピンで固定。角部分はハサミで斜めにカット。これで角もスッキリ。

父娘二人の食卓も多い我が家。このテーブルで食べる機会も増えてきました。この位置は思った以上に使いやすく、作った物を運ぶというよりも置く感じ。片付けもすぐそこ。動きもスムーズ。立ち上がるのも座卓に比べるとはるかに楽。

2015051005.jpg
前々から収納問題の解決が我が家の懸案だったのですが、このテーブルの登場が妻のスイッチをオンさせたようです。画像奥に写っている荷物が山盛りのワイヤー棚問題を解決すべく、アイデアが湧いたようで、翌日には家具屋さん(画像奥の眼鏡の人)を呼んで、採寸と設計打合せ。

高さ80cmの(チャンとした)ダイニングテーブルやベンチシート。収納棚二つなど、一気にオーダーしてました。余った棚で作った簡易テーブルがヒントになって構想がまとまったらしい。急発進&急加速、そしてノーブレーキで妻は突き進んでおります。来週には図面が仕上がり、早ければ3週間くらいで家具は納入されるようです。ちょっとした家具の買い換えのはずが、リビング中の家具替えになってきました。
 

「たてす」買いました

2015050701.jpg
毎年、この時期になると遮光遮熱のために、農業用シートを吊していました。2010年の夏、「あさイチ」を見て取り付けたのがこの時。翌年に、設置方法も含めて紹介したのがこちら

それなりにそれなりの遮光遮熱効果はあったと思うけど、なにしろモトが農業用シート。あんまり格好のいいもんではないし、設置方法もアバウトなので、耐久性もイマイチ。とくに表向きのベランダは見た感じも「なんかなぁ〜」という感じでした。

そこで、山善(YAMAZEN) 洋風たてすそよ風を買ってみました。幅300cmの支柱6本。ポールと布とで重さがけっこうあります。重さがあるので、風が吹いて倒れることも少ないと思います。布に布製の筒がくっ付いていて、そこにポールを通し、ねじ釘でシートを留めます。組み立て時間は20〜30分とありましたが、持ち運びやセッティング時間も含めて15分程度でした。

2015050704.jpg
足下は、接地面に対してピタッと接するようアジャスターが付いています。ポールの長さは6本それぞれに設定できるので、段差のある場所への建てかけにも(セッティングは難しいですが)使えます。

2015050702.jpg
部屋の中からはこんな感じ。曇天日の日没前後なので、それほど明るくないので、遮光効果を見るには今ひとつの条件。逆に、圧迫感がないかはこれで確認できると思います。

農業用シートと比べるとずいぶん高い買い物でしたが、これで長持ちしてくれれば見た目も含めて、モトが取れると思います。
 

日本一の共家事夫婦県…それは!

日本一の楽家事県民…それは!に続いて、今回は日本一の共家事夫婦県を見付けるべくグラフを作成しました。

結果は、楽家事県民第1位だった山形県が、ここでも1位です。

2014102101.jpg
(グラフはクリックすると拡大表示されます)
このグラフは、共働き夫婦での、「妻の家事・育児時間 − 夫の家事・育児時間」を棒グラフにしたものです。前回と同様に、ブログ「データえっせい」で用いられた「幼子がいる共働き夫婦の家事・育児時間」をそのまま使いました。

前回使った数値を見るまでもなく、夫の家事・育児時間は妻に比べると圧倒的に少ないわけです。
一日あたりでみると、
夫の最高値は島根県の99分で最低値は大阪府の25分。その差は74分。
一方、
妻の最高値は広島県の394分で最低値は山形県の236分。その差は158分。

広島県の妻と大阪府の夫という格差最大の組み合わせなら、夫の分担率は6%。
その逆で、
山形県の妻と島根県の夫という格差最小の組み合わせなら、夫の分担率は30%。

つまり、妻の家事・育児時間が少ないところで、夫がもうひと踏ん張りすると分担率はグッとあがりますが、妻の家事・育児時間が長いと、夫が少々頑張っても分担率はあんまり変わりません。頑張っても頑張らなくても同じなら、楽な方を選択するのは、ある意味当然でしょう。

そこで、分担率よりも、もっとストレートに妻の家事・育児時間から夫の家事・育児時間を引いて、その時間差が少ないほど、負担の平等化が進んでいるのでは?と仮定して、グラフを作成しました。

オレンジが差の少ない5県。1位山形県、2位大分県、3位石川県、4位愛媛県、5位富山県
ネイビーは差の大きな5府県。1位岐阜県、2位京都府、3位三重県、4位広島県、5位長野県

夫の分担率1位の島根県は、妻の家事・育児時間が(長い方から)15位なので、夫婦の家事・育児時間格差は小さい方から13番目。これが埼玉県になるともっと極端。夫の分担率は高く5位ですが、妻の家事・育児時間が(長い方から)3位なので、夫婦の家事・育児時間格差は大きい方から14位。小さい方から33番目。せっかく夫も頑張っているのに、かなりの夫婦間格差県になってしまっています。これに加えて、埼玉県は通勤時間の長さでも、全国トップクラス。埼玉県のお父さんお母さん、お疲れさまです。

石川県と富山県が仲良く、夫婦間の家事・育児時間格差の少ない県として並んでいます。日本海の豪雪地帯ですから、雪かきという地域的な家事時間が加わっているのかもしれません。秋田県も格差の少ない方で6位です。山形県は格差の小さい1位です。ところが新潟県は21位。必ずしも雪が要因とは言えないようです。いや、もしかすると、新潟県は耐雪施設の設置がすすんでいて、雪かきが家事時間に含まれないからか?

今回は、夫婦間の家事・育児時間格差について、その多少を見比べてみたわけですが、問題は、一番少ない山形県ですら169分(2時間49分)の差があるという点です。このデータは専業主婦を含まない、共働き夫婦における家事・育児時間についてであるという点について、改めて記しておきます。
 

雨戸が収納できない!その理由は…

2014080801.jpg
先日、日中の暑さ対策に締めていた雨戸を、夕方に開けようとしたら、戸袋に雨戸が入らない。正確に言うと、グイッと押し込むと一枚目は入る。でも、二枚目は一枚目がキッチリ入らない分、入らない。困った困った。

実は、この雨戸、もう数年前から収納時の具合が悪かったんです。「とうとうアカンようになってしもたか…」と思いながらも、なんとか入らぬモノかとガッチャンガッチャンと出したり入れたり。でも、全然、入る気配無し。

で、「中はいったいどうなってるのか?」とようやく冷静さを取り戻し、見てみると...。

中には、キラリと光る玉が!

ビー玉!

娘がリビングで遊んでいた時に、転がってサッシのレールに入り込み、そのまま雨戸の戸袋にまで入り込んでしまっていたようです。たった一個のビー玉で、数年間雨戸の出し入れに不具合が起きていたとは...。

なにごとも、まずは観察。そして実践です。

とくに不具合の場合、よく観察もせず実践(対処)に入ると、どこかを壊す可能性大です。最初に、ビー玉を見付けることができていれば、力業で雨戸を納めることもなく、傷つけたり、凹ませたりしなくて済んだわけです。
 

処分現場を見れば少しは変わるか?

2014080602.jpg
モノは大切に!と教えられわかっているつもりでいても、なかなかそのモノの寿命をまっとうするまで使いきることは難しいものです。

我が家のマッサージチェア(フジ医療器エアーマッサージチェアWH-426)。娘が生まれる前に買ったので、かれこれ13年前の製品。すでに型式でいうと年代物。最近まで、我が家の2階にしばらく置かれていましたが、「やっぱり使わない」となり、「誰か引き取ってはくれまいか…」とあちこち声掛けたものの、置き場であったり輸送方法であったりが壁になり、決まらず。それから約3ヶ月。1階のリビングに下ろされ、京都市の大型ゴミ回収の日を待っていました。

待っている間も、デンと居座っています。なにもなかった空間に物体があらわれると、それだけ見通しが悪くなります。見通しが悪くなるイコール淀みが生じる。そこにモノが溜まっていく。悪循環です。淀みを取り除くことが、整理整頓には不可欠であり、同時に掃除しやすい空間を作ることにも繋がります。チョットした淀みが散らかりや汚れを大きくしていきます。いつの間にかマッサージチェアも「とりあえず置いておくところ」になってアッという間に魔窟と化しました。

2014080601.jpg
本日(2014年8月6日)待望の回収日となり回収ステッカーを貼り付け、ついでに出した3段ボックスと並べて玄関先に置いていました。


京都市の大型ゴミ回収の様子です。てっきりトラックの荷台にそのまま載せて、どこかの工場で整理したり解体するのかと思ったら、パッカー車で破砕しながらの回収だったんですね。これまで回収場面を目撃する機会がなく、今回はじめて見ました。あっけないものですね。

「あぁ、こうやって回収されるのか」を知り、ちょっと寂しい気持ちになりました。処分現場を見れば、「買っては捨て、買っては捨て」という生活を少し見直せるかと思い、動画撮影したものを公開しました。

モノは大切に。
買う時はより慎重に。
必要のないモノはできるだけ買わないように。
モノはできるだけ増やさないように。
…ココロします。

人生後半戦に入り、少しずつでもモノを減らし、掃除の手間を減らし、「もしも」の時には残った人の手間を少しでも軽くする。そんなライフステージに入ってきたと思います。
 

「ゴミ出し」はここまで含まれる

2014070201.jpg
今日はプラゴミ回収日。今朝、出勤前にゴミを出し、出勤時に再度通ると、ゴミ収集場はこんな感じ。カラスが突っついたらしく、一部のゴミ袋が裂けて中身が散乱。

「あちゃ〜」と思いながらも、電車の時間も迫っていたので、その場は素通り。見て見ぬふり。

ところが、午前の講義を終えて帰ってくると、まだ収集車が来てなく、散乱状態もこのまんま。
「こりゃいかん」
と、家に帰って、京都市指定のゴミ袋を出してきて(当然有料)、手袋着けて、散乱したゴミを新しいゴミ袋にまとめ、裂けたところはテープで貼り付け、

2014070202.jpg

このとおり。
久しぶりにご近所でお役に立てた気分。これまでは、お向かいのオバチャンだったり、そのお隣さんが片付けてくれていたんだけど、さすがに、いつもいつもお世話になるわけにもいかず、今回はたまたま前を通った僕が片付けたまでのこと。

こういうのは誰も片付けずに放置すると、近所一帯がゴミだまりになる可能性も。俗にいう「割れ窓理論」だ。「オレのやることではない」「私がやらなくても」という人もいるが、ゴミ収集場はたいてい隣近所にある。そこが散らかっているのを放置していると、自分の家の前にゴミが飛んでくることもある。「あ、ここにポイ捨てしてもイイんや」とゴミはアッという間に増えて風景は荒れる。荒れた通りは治安も悪くなっていく。路線不動産価値も落ちる。

僕はべつに資産価値の維持を意識して、散乱したゴミをまとめたわけではない。ただ、散らかった風景がキライなので自分勝手に片付けただけ。片付いたゴミ収集場と、そしてお役に立てた感を得ることができた。それだけのことだけど、十分気分良い。

「家事はあんまりだけど、ゴミ出しくらいはやってます」という方。もしも余裕があれば(僕も一度は素通りした身ですから、強くは言えませんが)、もしものついでがあれば、こういう散らかったゴミも片付けてみて下さい。やって損なことは何一つない!と断言します。
 

窓の外で遮熱遮光

この夏は、原発が一基も稼働していない状態で過ごすことになりそうです。省エネ省電力を考えた時、窓の外の段階で遮熱と同時に通風採光を考える建材が、この先、注目を集めそうです。

先日、日テレ「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」を見ていたら、「ドイツではエアコンをほとんど使わない」という発言が紹介されていました。そこでエアコンなし生活の一工夫として紹介されたのが、屋外ブラインド。

日本でブラインドと言えば、窓よりも内側の、いわゆるカーテン位置につけるブラインドが一般的です。内側にある以上、熱は内側に入ってしまうので、遮光効果はともかく遮熱効果はほぼ期待できません。ですが、すだれやよしずと同じで、外側に付けると遮光遮熱効果はグッとあがります。ただし、すだれやよしずは消耗品で、都市部ではその廃棄がタイヘンです。金属製のブラインドなら耐久性もあります。

我が家は雨戸やシャッター等を数種類使っています。遮熱機能を残しつつ通風も確保するガラリ(スリット)雨戸。スリットの付いたシャッター。スリット無しのシャッター。遮光遮熱という面と、採光風通しという相反する側面のバランスを考えると、どれも一長一短。

屋外ブラインドは、その一長一短のバランスを変えることができるか?といろいろ調べてみました。
ヴァレーマ
サンシャディ
といったところが、パッと目に入った日本で扱っている屋外ブラインドのようです。

ところで、既存の雨戸の方も、いろいろ進化しているようです。
不二サッシ
LIXIL
既存の雨戸レールが使える点では、こちらの方が取り替えも簡単で、かつ低予算で対応できそうです。


日本の住宅に関して、ズッと矛盾に感じているコトがあります。雨が降り出してから、窓を開けて雨戸を引き戸から出すというのは、ポツリポツリの雨から始まる場合は対応できますが、近年のような急に豪雨が迫ってくる場合には対応できない場合があります。

そこで、「あったらイイな」の夢の窓サッシ周りの道具。
・雨水や湿気センサーと連動して、自動で雨戸のルーバーを閉めてくれる機能。
・物干し竿が、雨や湿気を感知して自動的に軒下奥に引っ込む機能。
独り暮らし世帯、共働き世帯、足腰が弱った高齢者世帯など、需要はあると思います。
 

ミルフィーユ豚カツ作りました

我が家では、豚カツというと薄切り肉を重ねて揚げる「ミルフィーユ豚カツ」がいつの間にやら定番になってしまいました。豚カツ肉を揚げてもいいんだけど、ミルフィーユ豚カツのジューシーさを知ってしまうと、どうも豚カツ用肉の豚カツが物足りなくなってしまっています。

切り落とし肉を使うので安いし、量の調整も自在。もともと薄切り肉なので揚げ時間も短め。そして、最近では貴重になりつつある父娘の共同作業の定番になってます。共同作業メニューというと、豚カツ以外では餃子やハンバーグでしょうか。なかなか誘っても一緒にやりたがらないのですが、豚カツはエンタメ性を感じるのか、たいていのってきます。



一緒につまみ食いして、「うんめぇ!」という瞬間。あと何回経験できるのでしょうか?

今回は、レンジフードに設置した、上からのカメラで撮ってみました。こう見ると、自分の動きが確認できます。よくもまぁ、チョコマカと動いてますね。早送りなので余計にそう見えてしまいます。

こういう定点観測的カメラは、掃除や洗濯の動きをチェックするには最適です。とくに掃除は、同じ所を何度も拭いている一方で、全然拭けていない場所があったりすることも確認できます。洗濯干しや畳んだりするところ、アイロンの手順を見直すにもイイ材料になります。自分では「コレでイイ」と思っていても、撮ったのを見ると客観的になり、改善点がスッと見付かったりもします。