カテゴリ:洗濯 の記事一覧

奇数個干しの靴下ってどうよ?

2017020902.jpg
靴下は二つで一つ。

それなのに、なぜ奇数個しか干されていないのか?

奇数個の靴下に付随するムダを排除したい!と願っております。
脱ぐ時に、ちょっと気を付けたらイイだけのはずですが…

習慣づけの徹底。これに尽きます。

こんなハンガーあったらいいな!を作ってみた

2015052608.jpg
僕が、こんなハンガーあったらいいな!というハンガーを作ってみました。

2015052601.jpg
きっかけは、この詰め詰めの洋服ハンガーラック。せっかくアイロンしてキレイにプレスしたシャツも、「これでもか!」と詰め込まれたら襟がつぶれてしまいます。着たい時に出すと、ヘンな折り目が入ってしまってます。これではアイロンも台無し。ちなみに、僕は10着分を掛けられるラックであっても、9着か8着までにします。そもそも、そんなに服をもっていないというのもあります。妻や子どもの服にラックが侵略され、その結果がこの襟ペチャンコです。

こんな哀しい状況にも立ち向かえるハンガーを!つまり、詰め詰めにされても襟がつぶれないハンガーが欲しい!といろいろ探しました。肩が肉厚なハンガーはたくさん出回っています。が、首回りがシッカリしたハンガーというのは売られていません。

2015052604.jpg
「売られていないならば、自分で作るまで!」というわけで、発砲スチロールとスチロールカッターを買って製作してみました。

2015052602.jpg
それが、この試作1号。首回りのサイズもだいたいクリアー。「そうそう、こんなのが欲しかったんよね」とシャツをハンガーに掛けてみる。確かに、詰め詰めにされても襟はつぶれない。

ところが、胸の部分がスカスカだと、今度は襟の下にヘンな横方向のシワが入るんです。

2015052603.jpg
そこで、胸回りも肉厚にした試作2号を製作。前に赤い文字が見えますが「鎖骨」と書いています。製作中に前後を間違えないためです。

肩のラインなど、まだまだ改良が必要な部分はありますが、これなら、シャツを掛けても襟はつぶれないし、襟下にシワも入りません。

2015052609.jpg
一般的なハンガーと比べると、このくらい厚さが違います。

2015052606.jpg
2015052607.jpg
一般的なハンガーと試作2号のにジャケットを掛けて比べると、上の2枚のようになります。一番の違いは、試作2号の場合、ハンガーに吊した状態で前のボタンが締められることです。つまり、着た時の形に違い状態で吊すことができています。

他には、ハンガーに長い時間吊していたために生じたと思われる袖上部に付いたシワが、試作2号に吊すと少しマシになっているように見えます。

襟がつぶれないハンガーを!と思って作っているうちに、もしかするとこれは、型崩れしにくいハンガーを作ったのかもしれません。

結果オーライの大成功!と言いたいところですが、このハンガーには見ての通りの欠点もあります。普通のハンガーだと2,3着吊せるスペースに1着しか吊せません。

型崩れやシワよりも吊すスペースがなによりも優先(つまり質よりも量が優先)という人には不要です。ただし、もっている衣装全部にこのハンガーを使うというのも非現実的です。使い方としては、いくつかある衣装の中の「これ!」という数着にだけ、このハンガーを使うというのが現実的でしょう。

この通りの場所取りなハンガーですが、決して贅沢なだけのハンガーではありません。例えば、就活中の学生が「この1着しかない!」というスーツを着続ける場合にも有効だと思います。汗を吸ったスーツを細いハンガーに掛けると、型崩れ起こしやすくなります。最終面接という大一番に型崩れしたスーツで臨むのは避けたいでしょう。つまり、金持ちだろうと貧乏人であろうと、少ない衣装を大事に着ている人に向くハンガーです。

この試作2号を量産してくれる工場はどこかにないでしょうか?

大売れはしないでしょう。でも、小さいとは思いますが、需要は確実にあると思います。
 

シャボン玉石けんの工場見学にいきました

2015051901.jpg
北九州市若松区にある「シャボン玉石けん」の工場見学に行きました。


「シャボン玉石けん」の工場の一番の特徴は、この釜!油脂分から石けんを取り出すのは、二通りあります。一つは一般的な化学工場で行われる中和法。そしてもう一つが、ケン化法というジックリ加熱し撹拌し続ける方法。中和法が4〜5時間で取り出せるのに対して、ケン化法は約一週間。

動画の石けんは、クリームシチューのようなトロトロ感が出るまでに仕上がっています。

2015051903.jpg
試しに、ほぼ完成という石けんを取り出してみると、まだ高温で、金属の板にのせて傾けるととドロッと流れます。

2015051902.jpg
そのドロッを舐めて状態を確認するのが、釜職人さん。ためしに僕も舐めてみましたが、旨味も塩味もない油ですから、味は..........でした。

2015051904.jpg
2015051905.jpg
古来からの製造方法に加えて、無添加にこだわる「シャボン玉石けん」は蛍光増白剤も無添加。左の真っ白!に見える布巾は、ブラックライトを当てるとこの通り。右の黄ばんだ布巾は蛍光成分がないのでブラックライトに無反応。真っ白の中には、汚れが落ちているのではなくて、白く塗ってるものもあるかもしれないですね。

衣類の洗濯に関していうと、大きな割合を占めるのが、洗濯機と洗剤、そして干し方です。肌との相性を含めた健康や環境の面からいうと、どんな洗剤を使うか?は重要なポイントになります。今回は、化学合成物を使わず、しかも無添加で石けんを作っているメーカーの工場におじゃましたのですが、いろいろ勉強になりました。改めて、普段使っている洗剤類の成分表示を見て確認することが大事だと感じました。

2015051906.jpg
今回、石けん工場を見学する!ということで、大慌てで石けんのことを勉強しました。行きの新幹線の中で総復習。もともと僕は文系の人間で、高校理科の科目選択も生物&地学という、化学にはあまり馴染みの無かった人間です。とはいえ、料理や掃除、そして洗濯というのは、化学や物理と大いにかかわりのある領域。実践を経て、ようやく「このことね!」と理解が定着してきたのが、ここ数年。この2冊は大いに参考になりました。
 

一つ新調すると周りの汚れが目立つ!家事活性化に

2013041501.jpg
新しいキッチンマットが届きました。新しいマットはキレイだし、足裏の肌触りもとっても気持ちイイ。これまで使っていたマットを横に並べると、「よくこんな汚いヘタッたマットの上で…」と思えるくらい。キッチンに向かう気持ちもリフレッシュ。

気持ちよくキッチンに立って周囲を見渡すと、今度は壁の汚れが気になる。ついさっきまでは見ても気にならなかったのに、一つが新しくなると他の汚れが見えてくるように。そこで壁の汚れもハタキ&拭き掃除。

すると今度は、キッチンのラックのホコリが気になり、それも掃除。

2013041502.jpg
そして、最後はリビングのカーテンにも目が行く。「気が付いたら、エラい汚れてるやんか」というわけで、カーテンも洗濯。上の方には、ホコリが積んでました。どおりでアレルギー性鼻炎を発症するわけです(?)。

今日は、天気もイイし、気温も暖かで、風もほどほど。窓を開けっ放しにして、洗ったカーテンをフックに引っ掛け、洗濯ピンを重りにして乾燥。

もしも、キッチンマットが新しくならなければ、あっちこっちはそのままだったと考えると、狙って買ったわけではないですが、マット新調の家事活性化効果は十分。

先日の、「お手軽雑貨で家事刺激」と似たような内容ですが、お手軽な物でなくてももちろん効果があるということです。面積の大きな物なら、それに比例して刺激の範囲も広いのかもしれません。見慣れた物を新しく買えることで、これまで見慣れた汚れが際立つせいでしょう。

マンネリ家事ややる気の出ない家事を克服するきっかけに、マットやカーテン、テーブルクロス、スリッパなどを買い換えてみてはどうでしょうか?
 

クリーニングは必ずしも万能ではない

2012112002.jpg
先日、妻の白衣を地元京都で急速に店舗数を増やしているクリーニングチェーン「★arnival」出したのが帰ってきました。

見ての通りのアイロンプレス技術。
とっても雑。
雑を通り越して、情けない。
襟にシワを作るというのは、素人レベルです。

2012112001.jpg
襟だけでなく、袖口にもプレスシワ。こちらは、シワになったまま一度プレスしてしまい、それを伸ばしてもう一度プレスしたような、これぞホンマの素人芸とでも言うべき失敗例です。

せっかくなので、この襟のシワが入らないようにするコツを紹介します。
実は、簡単なことです。

はじめに裏からアイロンをあてる
その後、表からアイロンをあてて仕上げる。

たったこれだけです。
袖口や肩裏地のある部分なども、
この方法でアイロンするとシワになりにくいです。

もっとも、画像のようなシワは、裏も表も関係なく、また熱による生地の伸びなども配慮なく、ただ洗った衣類をプレス機にのせて、前後あるいは上下からプレス機を挟み込みイッチョあがりな作業の結果です。キチンと成形してからプレスするならまだしも、いい加減な成形をしたうえでプレスするので、このようなシワが入るのです。もはやアイロン云々のレベルではないと思われます。

クリーニングは必ずしも万能ではありません。プロに任せたから安心と言い切れないのが、現状のクリーニング業界のようです(まともな業者もありますけどね)。
 

「室内干しのコツ」の前に洗濯槽をキレイにしよう

2011112401.jpg
寒くなってきました。太平洋側の地域でも洗濯物を外干しするのが難しくなってきたのでは?(今日の京都市内は天気イイですけど)と思います。

屋内干しの問題点として、「臭いが気になる」というのをよく聞きます。「屋内干しでも臭わない」をウリにする洗剤も登場してます(「部屋干しトップ」by Lion)。でも、この洗剤を使っても、繊維に汚れ(とくにタンパク質...具体的に言うと、食べ物のカス、人間の皮膚のかけらである垢、ダニ等の生き物、微生物)が残っていればそれを媒体に雑菌が繁殖し、やっぱり臭いは発生します。

まずはよく洗い、よくすすぐことが大切です。そのためには、洗濯機の水量をちょっと多めにするとか、洗濯物の量を控えめにするとか、洗い時間やすすぎ時間を増やすなど、ボタンでピピッと調整するのが一番お手軽です。

でも、いくら気を付けていても、洗濯機自体が汚れていては、臭い対策も効果半減です。
とくに洗濯機の洗濯槽。
内側はよく見えますが、見えない側はどうなっているのか?

それを確かめるポイントの一つが、糸くずフィルターを外して、そこがどれだけ汚れているか?です。
2011112402.jpg
↑こんな感じだとすると(とくに洗濯槽本体側の汚れに注目)、洗濯槽の外側もだいぶん汚れているはずです。洗濯槽の洗剤を使ってキレイに掃除するのと、糸くずフィルターも新しい物と交換が必要です。

これで、かなり屋内干し、部屋干しの臭いが減るはずです。



よく聞く臭い対策に「臭いがイヤだから洗剤を多めに入れる」があります。もしも、洗剤を多めに入れるなら、すすぎ回数や水量は、それだけ余分に多くすることが大切です。

残留洗剤ほど、ヤヤコシイ存在はありません。皮膚炎のもとになることもあるし、残留洗剤自体が臭いの元になることもあるし、汚れ付着の原因になったりもします。粉末でも液体でも、こぼれた洗剤を触ったコトがあればわかるとおり、洗剤は油でベタベタです。あれが濡れた衣類に残ったままだとすると、空気中の雑菌や付着したタンパク質をしっかり衣類にくっつける役割も果たします。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言います。洗剤は便利なものですが、入れすぎは不具合の原因です。ちゃんと水量を見て適量を使って下さい。

室内干しの臭い対策に糸くずフィルターの交換を

2011060501.jpg
梅雨時は室内干しの機会が増えますが、「室内干しのあの臭いが嫌い」という声もよく聞きます。

臭いの原因は、臭い対策にという思いで余計に入れられる洗剤が残留して、それが細菌繁殖の温床になっているケースが大半です。残留洗剤を残さないためには、洗剤の量を増やすよりも、むしろ水量を増やす方が得策です。もしくは、すすぎ回数を増やすというのも一つです。

雑菌との接触を防ぐという面から、意外と忘れられているのが、画像の「糸くずフィルター」です。このフィルターに糸くずが溜まってませんか?糸くずという繁殖地があると、雑菌は繁殖します。まずは、糸くずフィルターをキレイに保つことが大切です。

といっても、注意していても、少しずつ汚れて目詰まりを起こしていくのが「糸くずフィルター」。たまには新しく交換してみてもイイと思います(いや、してみるべきです!)。画像は近所のケーズデンキですが、メーカーとそれぞれの機種別に多種の「糸くずフィルター」が並んでます。一つ500円〜1000円くらいの値段です。自分が使っている洗濯機の型番と製造年を控えて売場に行くことをオススメします。

「糸くずフィルター」は意外と見落としている人が多いので、是非、一度確認してみて下さい。

ヒドい汚れはつけ置き洗いで

2011060201.jpg
今朝、ランニングから帰ってきて、シャワーを浴びようと風呂に入ると、加奈子の靴下が石けん水に浸かってました。

そういや、昨日の夕方、「★※$〜 ☆?。やっとくしなぁ〜」と風呂から大きな声が聞こえてたけど、それはコレやってんな?

ついでに、靴下を手袋のようにはめて石けん塗りたくってゴシゴシ擦っといてくれたら、さらにキレイになるんですけどね。でもまぁ、汚いまま洗濯機に突っ込まれるよりはズッとエエです。

家事仕込みも徐々にだけど、表れてきてる気がします。僕が加奈子に家事を教えられるのも、あと数年だろうし、それまでにチャンと独り立ちできる家事を一通り教えないとね。今日はご飯を炊くチャンスを与えてみようかな?(参照「部下に「与える」つもりで「求めた」失敗」)。

家事自立力を育てる子育てとは、まさに育成の場です。仕事と生活の相乗効果。これぞワーク・ライフ・バランス効果であります。

男の下着売り場

先日、ギターの交換でジャスコ久御山店に寄ったので、ついでに市場調査。
2010103101.jpg
↑これが昭和時代後期からの男性下着売り場。これでも昭和中期のようにワゴンに平積みされてないだけマシでしょう。セール品になると、3枚一組、4枚一組になり、まとめてたたき売り☆です。買うのは妻か母。妻か母が買うのは、たいていこのタイプ。買いやすいように通路寄りや女性下着と隣接した場所に売られています。

前開きか前閉じか?素材は?ゴム周りの加工は?伸縮性は?通気性は?ホールド感は?そんなことは一切気にされず、値段だけで選ばれてきた、この白ブリーフ。昭和の演歌が流れる食堂や居酒屋が似合います。

2010103102.jpg

2010103103.jpg

2010103104.jpg
↑これが21世紀の男性下着売り場。どうです!カラフルゥ〜。さすがに、この下着売り場に女性が一人でゴソゴソと買い物している姿は、あまり見かけません(それでもいますけどね)。

僕は常々思うんです。男性下着売り場で女性がゴソゴソ買い物しているのは普通に見られるのに(僕は十分異様に見えますけどね)、なんで逆だとOK?娘の下着をオトンが買ってくるのは、やっぱり「イヤァ〜ン」やと思います。妻の下着を夫が買うってのも、妻が要介護状態などなら仕方ないと思いますが、一般的には無いと思います。でも、逆は頻繁にある。

なんで?ヘンやと思わない?

自分の履くモノを自分で決められないというのを、「男として」というか「人として」これでエエンやろか?とは思わないんだろうか?「オレの下着は嫁に買わせてる」ってのは、全然格好よくないんですけど。

自分の下着くらい自分で買おうよ!

女子学生達には言ってます。自分の下着を自分で買わない男子は、たいてい家事もしない。仮にするとしてもきっと雑(パンツなんてどれも同じヤン!的に、食べられたらエエヤン、座る場所あったらエエヤン的な家事かと)。初めてカレシの下着を見る機会があったら「それ自分で買ったの?」と聞くよりも、「それっていくらくらいするん?」と聞くと、ホンマに自分で買ったかどうか分かると。

ちなみに、カラフル画像の3枚目(一番下)はパッチです。パッチと言えば、白かラクダと決まってたのですが、今やこんなにカラフル。

「まちかど情報室」追加情報

実は、「まちかど情報室」で取りあげた室内干し針金ハンガーのアレンジ。
実際に、撮影が終わった後、「どのくらい乾きが違う?」を確かめるために、簡単に重さを量ってみました。

すると、やっぱりハンガーを曲げた状態で干した方が、軽くなって=水分がたくさん抜けていました

厳密にいうと、曲げたハンガーで干したTシャツの方が、若干、照明の当たった時間が長かったんですが。それぞれが何グラムだったかを、記録し忘れたのが残念。ただ、撮影スタッフから「ためしてガッテンみたいやなぁ」という声が出たくらい、差があったのを覚えています。

オンエアーではカットになってたコメントに、
針金ハンガーは失敗しても、簡単に元に戻せる手軽さもあるので、是非トライしてみて下さい」
というのがあったのを思い出しました。