2007年03月 の記事一覧

床暖房(2007年3月21日掲載分)

下からポカポカ寒さ和らぐ
他の暖房は温度控えめに
暖かい日が続いていたかと思うと、今度は寒い日が続いています。今年は、暖冬だったせいか、暖房器具がいつもの年よりも一つ少ない気がします。町屋に住む友人は、「すきま風だらけだけど、上に一枚羽織ればいいだけ」と言っていました。二酸化炭素排出などを考えると、それがもっとも良い寒さ対策です。とはいっても、家で着込むと動きにくいのも確か。

以前住んでいた家は、築40年でやはりすきま風だらけ。夏の涼しさはともかく、冬の寒さはこたえました。石油ファンヒーターやパネルヒーター、エアコン…と、いろいろ暖房を試しましたが、一番効果を感じたのは床暖房。床が温かいと、思った以上に寒さが和らぎます。エアコンやストーブの温度をそれほど温度を上げなくてもよく、コストの面でもメリットが大きいと思います。

今の家を建てるときも、床暖房だけは最初から導入しました。床暖房の温度を1℃上げると、エアコンの温度2℃を下げても大丈夫なような気がします。とくに我が家は座卓で食事をするので、より床暖房の効果が得られやすいのでしょう。

日本よりも寒さの厳しい韓国ではオンドルという床暖房が有名です。一般家庭では暖房がオンドルだけというところも多いそうです。

けがと家事(2007年3月14日掲載分)

いろんな場面想定
多様な生活スタイルを
過日、無事に「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が発売され、大型書店やターミナルにある書店へ、あいさつして回りました。その後、大阪梅田の書店まで足を延ばしました。

歩き回った次の日、左足首のくるぶしが分からなくなるくらい腫れ上がってしまいました。O脚の僕は、膝や股関節の負担は日常的なのですが、負担の度が過ぎると思わぬところに症状が出ます。今回は足首でした。

さて、まともに立てない状態での日常生活。階段の上り下り、風呂の出入り、トイレは座るのはまだしも立ちあがるのがタイヘン。洗濯物干しが、こんなに足に負担になっていることを今回初めて知りました。そして、なによりもタイヘンなのが布団の上げ下ろし。

本には「掃除しやすい家は、昔ながらの和式生活」と書きました。ベッドよりも布団、ダイニングテーブルよりもちゃぶ台の方が、片付けて掃除できる分だけ楽。ただし、その片付けが、例えば今回のようなことで、できなくなった時、かえって散らかった感じになります。

いろんな場面を想定して、バランスよく多様なスタイルを組み合わせることが大切ですね。

雑誌の取材

「ここちよい家をつくる設備&インテリアが見つかる本【住みCOCO】」の取材を受けました。

まぁ、ホントに家事は人生の目的にしてしまうと、果てしなくやらなアカンことになってしまいますが、人生を楽しむための手段にすると、「いつもほどほどに片づいてる状態をキープ」という発想に落ち着けると思うんです。そのためのヒントをいろいろ載せてもらえたらうれしいなぁと思います。

ライターさんがどういう文章にまとめて下さるのか?楽しみです。今日インタビュアーしに来られたライターさんも素敵な人でした。

4月26日発売予定です。

おおおレビューが2つに!

Amazonの「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」のサイトに、レビューがもう一つ加わっていました。

書き手は、Roland時代の先輩で、現在は「がくえん理数進学教室」の主催であり、数学者の鍵さん。そもそも、僕が出版というモノに向き合ったのは、最近、ものすごい勢いで書籍を出版している鍵さんと再会したことが影響しています。

単行本や新書の出版の話を聞いて、「ほな、僕も企画書書いてみます」と、それらしきモノを作って出版社に送っていたところ、宝島社から「ムックを出してみませんか?」という打診が入ったのでした。動き始めたところに打診があったので、「これもご縁!」と感じ「よろしくお願いします!」と即答。そして、今回の出版となったのでした。

やっぱり、なにか動かないと、なんにも変わりませんね。「なんやぁ?動いても変われヘンやんか」と思っていても、見えないところで物事は動いているかもしれないですね。動き続けるコトは大切ですね。また、鍵さんのパワーを思い出して、ググッと動いてみるか!

再び営業へ

新聞広告が出たこともあって、ちょっと回復傾向にある足を気にしながらも、京都市内の書店二箇所に顔を出してきました。

紀伊國屋書店MOVIX京都店は、一度、入荷された2冊がすぐに売り切れてしまったたまに、取り寄せて平積みにしてくれていました。「今朝の朝刊に広告が出たので」と伝えると、「よかったら、手書きのポップなんかを持って来てくれると置きますよ」と言ってくれました。平積みの在庫もあと5冊になってました。

三省堂書店京都駅店は、以前、顔を出したときに、「ポップ作っときますよ」と言ってくれた店です。今日は、ポップは外れてて見ることができなかったんだけど、平積みのまま在庫もあと数冊になってました。

足が調子よければ、もうちょっと回れたんですけど、無理のない程度にしとかないとね。
移動中のタクシー運転手も、「そんな本なら、ひとつ嫁さんに買ってみますわ」と言ってくれたので、本の紹介入り名刺を渡しました。

Amazon.co.jp ランキングは、昨晩80,000位台だったんだけど、
<12:16>にチェックしてみたら、なんと3,108位!!
その後、
<14:17>には、657位 まで上がってました。
その時は、Amazonのベストセラー「暮らし・健康・子育て」部門の37位にランクイン!!でした。
<17:39>には886位と落ち着いてきた感じです。
<18:04>には620位と再び上昇!「暮らし・健康・子育て」部門の36位にランクイン!!でした。
<21:26>には926位と再び落ち着いた感じ。

ものすごい乱高下ですわ。
ネットトレーダーの人って、こうやってズーッと上がり下がりを見てはるんやろか?
広告の力ってスゴイですね。

新聞広告に載りました!

今朝(3月21日)の朝日新聞(大阪・東京版)4面「政治・総合」欄の下5段に、宝島社のムックの広告が出ていて、僕の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」も載りました。

思った以上に、欄の幅があって驚き!毎月、ものすごい数のムックが出版される宝島社。今回、載ったのは7冊。タイミングの良さや担当さんのプッシュもあってのコト。少しでも、読者の目にとまるとウレシイです。

Amazonのレビュー

なかなかUPされなかった、Amazonの僕の本のページのカスタマーレビュー。
やっと今日(発売から半月後)、一件掲載されました?(^^@)/
やっぱり、一つでもコメントが載ってるのってうれしいです。
「スマイル(大阪府大阪市)」さん、ありがとう!



★チャートでわかる「あなたの家事パターン」★

新聞広告に出ます!

3月21日春分の日の朝日新聞朝刊(東京版・大阪版)。
宝島社の広告欄に僕の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が載るそうです!

サンプルを見せてもらったんですけど、
これが、5段の広告で、縦5段×横幅も結構あって、
「プロ主夫山田亮」がなんだか目立ってました。

毎月ものすごい数の出版物がある宝島社の広告に、
たった7冊しか載らないのですが、その一つに選ばれたみたいです。

ちょうど、お昼休みに、携帯メール繋がりの友人達に、「本が出ました」と★チャートでわかる「あなたの家事パターン」★を送ったところでした。

書店回りや、こういう地道なメール案内も、いつか多くの人が読んでもらえるコトにつながればエエなぁ?と思います。

「家事が苦痛で仕方ない」
「我ながら散らかった部屋にガッカリする」
「片付けない夫や子どもに何からさせたら?」という人に、是非読んでもらって、
「そうか!こういうコトをすればエエのか!」と思ってもらえればとってもうれしいし、
簡単家事を実行してもらうコトで、きっと毎日が楽しくなっていくと思うんです。

チャートでわかる「あなたの家事パターン」…途中経過

♂ 6
♀ 23

♂タイプA 2
♂タイプB 1
♂タイプC 1
♂タイプD 2

♀タイプA 6
♀タイプB 2
♀タイプC 13
♀タイプD 2

という感じの分布です。


結果についての感想

当たってる!16
まぁ納得  14
ちょっと違う 3

でした。
統計方式を途中で変えたので、上のタイプ別統計と母数が一致してません。


★チャートでわかる「あなたの家事パターン」★

なかなかレビューって反映されない

Amazonの『プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ』のページ。
すでに何人かの人が、「レビュー書いたよ」と言ってくれているのですが、それがなかなか反映されません。表紙の画像もなかなか反映されなかったし…ちょっと寂しいですね。


★チャートでわかる「あなたの家事パターン」★
(←携帯電話でも可)

手抜き家事(2007年2月28日掲載分)

便利なもの使い効率的に
時には納得いくまで

僕が監修した本「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」。ところで、このタイトル「手抜き家事」についてですが、皆さんどのような印象を持っていますか?

「手抜き家事大歓迎!」「どんどん手抜きしたい!」という方がいる一方で、「手抜きはちょっと…」や「手抜きなんてとんでもない!」という人もいると思います。

先日、講演の仕事で名古屋を訪れたときに、なにげなく入った食堂でかまどを見付けました(写真)。薪は使ってないようでしたが、今でも現役のかまどだそうです。

ガスや電気を使っての調理は、かまどでの調理に比べるとはるかに「手抜き」です。ですが、火加減の調整が簡単で美味しい料理が短時間で作れるようになりました。火事の心配も減りました。

便利なものをうまく利用しながら生活していく。そのことが生活にゆとりをもたらすのであれば、僕は「手抜き」も大いに結構だと思うのです。忙しいときや体調の悪いときは手を抜き、余裕のある時は納得いくまで家事をする。そういう「家事をコントロールする」という発想があってもイイと思います。

ちなみに、僕の本の発売日は3月5日ですが、店頭に並ぶのは今週末あたりだと思います。

20冊完売!

今日は、Working Womans Network(WWN)のイベントに出掛けました。衆議院議員の西村ちなみさんが、による「パート法改正」と4月から施行される「改正均等法」についての話がありました。

その会場で、『プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ』の販売をさせてもらう機会を得ました。働く女性のための団体なので、家事は「手抜き大歓迎」もしくは「してない」という人がたくさん。20冊用意した本は完売しました。

そこで、初めて自分の著書にサインしました。縦書きとも横書きともつかない「どっちやねん」というサインですが…サインしていて気が付いたのですが、この本って「サインする場所があんまりない!」

西村ちなみさんも買ってくれはりました。彼女と僕とは1967年生まれで同じ。学年は1月生まれの彼女の方が一つ上だけど。身長差はご覧の通り。感じのいい人でした。
講座の後は、いつもの「くねんぼ」でWWNの皆さんとアルコール入りのお茶(通称「麦ジュース」)を。久しぶりのビールでした。発売日前に立川の講演の後に、新幹線の車内で飲んで以来。

そういえば…立川の講演レポートを書いてません。忘れないうちに書いとかないとね。


チャートでわかる「あなたの家事パターン」

Amazonのサイト

プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ
/ 宝島社
スコア選択:



Amazonのページの「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」のページ。に「出版社/著者からの内容紹介」が加わりました。担当の編集さんが書いて下さったみたいです。ウレシイです。

某友人の書籍は、「画像も載せてもらってないし、コメントも自分で書いたのよぉ(T_T)」と言ってました。

いい担当さんでよかったです!

でも…
「きっと、もっと毎日が楽るハズです♪」って?
「きっと、もっと毎日が楽しくなるハズです♪」ですよね。綾子さん?
いやその…気持ちやニュアンスはわかりますが(^^;

チャートでわかる「あなたの家事パターン」

家事パターンチャートの途中集計

チャートでわかる「あなたの家事パターン」

現在11名。
男2:女9

男 「タイプC」1、「タイプD」1
女 「タイプA」4、「タイプC」4、「タイプD」1

という感じです。
最初の数名は、「タイプ」の入力フォームを作ってなかったので、取りこぼしました。ザンネン。

よかったら、皆さんもどうぞ。
老若男女問いませんので、気軽にチャート、トライしてみて下さい。

新生活関連書籍コーナー

思うんですけど、これから進学や就職で一人暮らしをはじめる人って、たくさんいるわけですよね?そこで学校の先生方にも「案内メール送って…」とセッセと送ってます。

でもよく考えると、この時期、学校の先生達って、異動やら入試やら卒業やらで、バッタンバッタンしてるんですよね。

あんまり有効な営業先じゃないかもしれないですね。ちょっとガックシ。メールを送った反応が、他はすぐに返事が来るのに、このグループだけが数名を除いて皆無なので、「これはいったい…」と思ったのですが、「それどころじゃねぇ!」という状態なのかもしれないです。

--
作ってみました。
チャートでわかる「あなたの家事パターン」

しばらく、↑コレをくっ付けてみます。
この足じゃ、コノくらいしかできないし(T_T)
あ?外回りしたい。

毎日新聞西部版

明日の毎日新聞西日本版(北九州、山口県)の読者プレゼント欄に、「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が載ります。読者5名様にプレゼント!です。

地元のFM局なんかにも持っていこうと思っていたのに、この足で…(T_T)。もう初っ端挫かれて凹みまくりです。

その、毎日新聞西部本社には、かつて、「スーパー主夫の暮らし術入門」を連載したときの担当記者戸嶋誠司さんいて、今回の窓口になって下さってます。久しぶりに聞いたドスの利いた声。これで、もしも「まいどぉ?」とかのコテコテ関西弁だったら…

その戸嶋さんから、「平積みは最初の数日くらい」と聞き、ひえぇぇ???!です。せっかく営業出回りながら、その確認ができてないのです。平積みしてもらってる間にお礼に回らないと!どっちにしても発売後数週間が勝負!なんだそうです。

足は、なんだかマズイ方向に向かってます。
左足の親指の付け根に違和感が…。やっぱり痛風かなぁ?いややわぁ。


--
作ってみました。
チャートでわかる「あなたの家事パターン」

チャートでわかる「あなたの家事パターン」

作ってみました。
チャートでわかる「あなたの家事パターン」

「YES」or「NO」の簡単なアンケートで、
あなたの家事パターンをかなりの確率で当てます!?!?
(とくに女性の家事パターン)

是非、トライしてみてください。
最後のアンケートもご協力お願いします。


プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ
/ 宝島社
ISBN : 4796657169
スコア選択

Amazonに画像が載った

なかなか表示されなかったAmazonの表紙画像
やっと反映されました。
やっぱり、「画像がありません」よりもずっとイイです。

プッシュして下さった編集さん、ありがとうございます。

3月5日中日新聞

「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が発売になったその日、中日新聞に僕が登場してました。35面の「くらし」面です。

「団塊父さん 家庭内自立は自炊から」という記事にコメンターとして登場してます。

この記事に、とっても興味深い内容がありました。
--
愛媛県総合保険協会の藤本弘一郎医長によるオモシロイ調査がある。75歳以上で、夫と暮らす女性の死亡率は、一人暮らし女性の約2倍に高まるという。逆に男性は妻がいる場合の死亡率は、いない場合の0.46倍と低い。藤本医長は「夫の依存が妻に負担をかけているのでは」と推察し、「夫が家事などを覚えて自立することが大切」と説く。
--

「男の生活自立」は、男性だけの問題じゃないけど、同居女性の死亡率にまで表れてるとは。こりゃ良いネタが入りました。

イタイ…>_<

昨日、足がパンパン→カッチンコッチンという話を書きましたが、今朝、起きたら左足首外側に激痛。特に靴下を履くという前に向かって蹴り出す時が超激痛(*_*)僕は左足が蹴り足+支え足なので、なにか問題が出るとしたら左足なんだけど、見事に一番細いところに症状がでました。

原因はわかってるんです。O脚+内股という、股関節から下の骨に対して、不自然な力が加わる組み合わせなんです。骨の各セクションでねじれが起こってるので、股関節・膝・足首・外側楔状骨の辺りなんかに、いつも爆弾抱えている感じです。特に膝の外側、足首の外側が伸びてしまって痛むケースが多いです。O脚を解消すれば治るンかな?

とにかく、階段の上り下りがタイヘン。トイレに座るのもタイヘン。ちょっとそこの棚が遠い…以前よりも少し軽くなったとは言え、53キロの半分がググッと乗りかかるわけだから痛いのも当然です。

発売二日目の今日は、大人しく家でメール営業します。痛すぎます(T^T)クゥー

夜は大阪梅田で営業!

加奈子を保育園に迎えに行き、義母宅にあずけた後、今度は大阪梅田で営業。その途中の、電車の中で、「エイジアのコンサートに行く」という女性と出会ったのでした。

梅田の紀伊國屋書店は、いつ行っても人でイッパイ。「混んでるし、挨拶は無理やなぁ」と思っていたら、たまたまそこの棚の担当さんがやってきた!「こりゃチャンス!」と名刺を出して、「今日発売のこの本の著者です。よろしくお願いします」と挨拶しました。いやぁ?運がイイです。紀伊國屋書店大阪本店では、10冊以上が平積みになってました。ウレシイです。

その後に行った旭屋書店本店では、ひな壇の最前列に7冊、表紙がバッチリ表に向いて並べられていました。POPを貼る場所がドドンとあったので、なにか最近の記事をカラーコピーして作って貼ってもらおうかな?

夕方の時点で、足はパンパンだったんですけど、さすがに夜も歩き回ったので、足がカッチンコッチンになってます。運動不足やわぁ。

平積み店!


三省堂書店京都駅店!
なんと!営業する前から平積みにしてくれてはりました!いやぁ?平積みはやっぱりウレシイですよ。NHKの番組に「平積み大作戦」というのがありますが、やっぱり平積みは書店の華ですよ!

少し担当さんと話をする時間があったので、売れ行きとかの話もできました(ホンマに営業してるみたい)。5冊入荷して、見に行った時間までに一冊売れていたそうです。持って行った新聞記事を切り取ってPRポップ作ってくれるそうです。

紀伊國屋書店MOVIX京都店の売り場担当さんは、「取り寄せて平積みしておきますんで、見に来てくださいね!」と言ってくれはりました。なんかウレシイです。

ということで、お昼から京都市内の書店9店回ってきました。久しぶりに足がバンバンになってます。

スゴイです

お昼前から京都市内の書店を回ってます。どこの書店に行ってもチャンと僕の本があるんです。
さすがに平積みはなかったけど、担当さんに話をすと、たいてい「平積みしますよ」と言ってくれはります。
中には最初から棚の一列目に表向きに置いてくれてる店もあって「おおおっ!!」です。

いよいよ発売日!

いやぁ??とうとう3月5日になりましたねぇ。
初めての本が書店に並びます。
どう並ぶかが問題なので、あっちこっちの書店に営業に出掛けます。

平積みお願いします!
棚の一番前をお願いします!

です。

まぁ?その前に、さっき立川の講演から帰ってきたばかりなので、しっかり寝てからですね。明日の午前中は、雨ですなぁ?。雨ってことは、客足が多くないだろうから、店員さんにゆっくり対応してもらえるかもしれない。ラッキー☆

なんと!やっぱり発売は5日から

今、編集担当さんからメールがあり、
ムックは発売日まで書店には並ばないんだそうな…あはははは。

というわけで!
「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が書店に並ぶのは、
月曜日以降になります!
月曜日をお楽しみに!

なにごとも経験!でございます。
なんせ、初めてのコトですから…(^^ゞ

というわけで、日曜日の立川市の講演準備に精出しております。
今回も、「ウィルあいち」と同じセットで行きます。

届いた!

サンプル6冊と著者分50冊が届きました!

今朝のヤマト便で到着。ってコトは…書店にもボツボツ並びはじめる?
Amazonはここ
セブンアンドワイはここ

すぐにでもPRに書店回りたいところなんだけど、なんと今朝から喉がうっすら腫れてます。昨晩ヘロヘロで早く寝たんだけど、実はこういうコトやったとは…。早めに気が付いたので、薬が効いてる感じで、お昼には快復しそうです。それまではガマンガマン。

日曜日には立川市で講演だし、体調は気を付けないとね。早めに対処できてよかった。

ポップ研究

今日、倉庫から発送されただろう「プロ主夫山田亮の 手抜き家事のススメ」は、今頃高速道路を全国各地に向けて…?

今日は、京都駅近くのアバンティの本屋へポップを見に出掛けました。せっかくなので、「平積み」をお願いしたいなぁ?という営業を考えてますが、「あわよくばポップも…」と思いながら、「はてさて書店のポップって、どんなんだったっけ?」と思って見に行ったわけです。

雑誌サイズの書籍に関しては、あんまりポップ使われてませんね。目の高さにある棚の最前列だけが、平積み以上の格付けをもらっているような気がします。ポップは「あわよくば」くらいにしか考えてない、弱気控え目な営業ですが、「もしも」の時のためにコピーは考えました。

きっと毎日が楽しくなる
家事のコントロール術!!


です。

この「きっと毎日が…」は、当初、表紙に載るはずだった言葉で、僕も編集担当さんも「これ!イイですね」と言っていたんだけど、スペースの都合で載せられなかった、幻の表紙コピー。ポップで再利用!です。「家事のコントロール術」は、「手抜き」という言葉に抵抗のある人に向けた、言い換え表現です。「手抜き」と「家事コントロール」の両方あれば、手に取ってもらえる層も広げられるんじゃないかな?という魂胆です。

京都地区限定で、「京都新聞毎週水曜日『かしこく暮らす』連載中の筆者が書きました」を載せようと思ってます。

新刊紹介のページに載ってました!当たり前なんだけどウレシイ!とうとう来たね!って感じです。

「WAM」に掲載されました

「ワム」というと、僕なんかはジョージ・マイケルのいた「Wham!」の方を思い出してしまいます(スミマセン担当さん)。独立行政法人福祉医療機構の刊行物です。

この2007年3月号の巻頭「ECHO(エコー)」というコーナーに書き下ろしエッセイが掲載されています。このコーナーは、バックナンバーを調べてみると、元宮城県知事の浅野史郎や脳梗塞から復帰した坂上二郎、精神科医の香山リカ、東洋大の白石真澄などなど、有名人ばっかりが登場してるんです。「あの…ホンマに僕でエエんでしょうか?」と依頼が来たときに返事したほど。

一つ「してやったり!」があるのは、このコーナーに京極高宣が出てるんです(2006年1月号)。まぁ、一般的にはあんまり知られた人じゃないですけど、社会福祉領域では有名人。なんせ「アメリカ大好き!」「市場競争原理大好き!」な人で、こんにちの日本の社会福祉施策が、「金!金!金!」になったのも、厚生省を「厚生労働産業省」にしたのも、この人と言われてます。まぁ、いってみれば、「権利保障の社会福祉」から「金儲け産業の社会福祉」に転換させた一人と言って間違いないでしょう。こんな人と同じコーナーで登場したわけなので、社会福祉系の大学院に在籍した人間としては、載った経緯は違えど「まぁ、載ったで」という気分です。

内容は、講演では毎度お馴染みの「共同<共有<共感」の話です。