FC2ブログ

2008年09月 の記事一覧

連合滋賀で講演+実習しました

僕史上、最も長丁場のイベントに参加しました。
これまでの最長は、2004年の仙台市でのイベントの講演+料理実習のダブルヘッダーでした。

今日は、あの仙台でのイベントと構成は同じく、講演+料理実習なのですが、料理実習参加者が多くて、前半と後半に別れて実習。つまり、講演+料理実習(前半)+料理実習(後半)という構成。トリプルヘッダーみたいなもんでした。

料理実習というのは、僕の場合、講座が始まるまでがタイヘンで、始まってしまえば「チョチョッと手助け」とか「チョロッとアドバイス」程度で、あとはウロウロしているだけだから…と思って、企画が来た時に「OK」と出しました。がッ、始まってみると、やっぱりタイヘンなもんはタイヘン。メロメロに疲れました。とくに足がジーンと。


講演の方は、心配されたパソコンのバッテリーが最後までもってくれて、無事にPowerPointは最後まで使い切ることができました。

Dsc_0033ss.jpg今日は、いつもの講演よりもはるかに若い層の聴講者のみなさんで、ガハハと笑うよりもメモとってる感じでした。大きなホールで、反応がよく見えてなかったこともあったんですが、「大丈夫やったんかな?」と思いました。質疑応答もあんまりなくて、ホンマに「あれでよかったんやろか?」「興味もってきいてもらえたやろか?」とチョット気になりながら調理実習前後で聞いてみたところ、僕が感じていたよりも、ズッと楽しんでもらえたようでした。お父さんと参加していた小学生くらいの娘さんがいたので、その子に「長い時間のお話しで、退屈やったやろ?」と聞くと、「そんなことなかった。オモシロかった!」とお父さんと一緒に言ってもらえたのが、かなりウレシかったです。

今日は、ステージ壇上の位置関係があって、ほとんど動きがとれませんでした。本当は右に左にもっと動きたかったんですけどね。1/3くらいの時間は、壇上から降りて近くで話ししてもよかったなぁと反省。こっちから近付いていくのは、雰囲気を伝えるうえでもやっぱり大事ですな。

無事に講演を終えて、いよいよ調理実習(前半)へ。

いきなり、
「塩がない!(;^_^A アセアセ」

Img_7225s.jpgいやはや本当に、今回は、主催担当者の皆さんには、途中でIoだけに留まらず、にんじんやめんつゆなど、いろいろ買い出しに行ってもらって、助かりました。

今日のメニューは、「親子丼定食」。

以前、「みかさつかさ」で、なんにも家事しないお父さんが僕のところに修行に来るという企画があったんだけど、あの時以来の親子丼。あの時と同じく、「めんつゆを使った親子丼」。これはほとんど失敗がありません。誰が作ってもほぼ同じ味という没個性な味になりますが、「シンドイ時は最低限の家事でエエねん」という時のメニューです。

Dsc_0114s.jpgほぼ全員に、「予想以上に美味しかった」という反応をいただきました。今回は、各調理台に5〜6人の受講者で、どの調理台にも女性が数名ずつという配置でした。そのおかげか、とってもスムーズに進みました。男性の中には、すすんでタマネギ切りに挑戦する人もいたり、ズッと皿を洗っている人がいたりしました。でも、何にもせずにボーッと立っている人というのは、目につかなかったです。

とにかく、なにか参加してもらい、「あ、こんな感じで料理してるんやなぁ」「意外と簡単やった」というのを実感してもらえればそれでイイかな?と思いました。敷居がググッと下がると、いろいろやっみたくなる人もでてくるんじゃないかと。

家事への敷居が高すぎる!

これを実感する今日この頃です。家事なんて誰でもできるもんです。そんな難しいコトなんてないんです。情報が開示されないから、難しいように感じるだけかもしれません。情報を開示しないことで、難しいことをしているように見せてるだけかもしれません。超簡単料理で、「こんなんでも料理!」と捉えてもらい、バリエーションの一つに加えてもらえればウレシいです。

帰りの京都までの新快速は、ときどき完全に意識が飛んでしまっている瞬間がありました。近鉄のホームに着くと、特急→急行→準急の順に出発の時間帯。普段は、急行で3駅目なんだけど、「多分、寝てしまって乗り過ごすやろなぁ」と思い、今日は500円払って特急で。特急だと一駅なんで、寝る間もなく着きました。そのくらいくたびれてました。

2週間前の土曜日から今日まで、6回の講演しました。飛び飛びでこれだけ入ったのは初めてです。なかなか密度の濃い2週間になりました。次は、10月4日のかすみがうら市ですが、その前に明後日、奈良県でのイベントのリハーサルがあります。そして、また親子丼を作ります(^^;

--
そういえば、この講演依頼は「『モモコのOH!ソレ!み〜よ!』を見て、サイトを調べてメールしてます」という経由。テレビ出演から講演依頼が来るのは、意外と珍しいパターンですが、「モモコの〜」は講演風景も映ったからかな?

東近江市で講演しました

今日も晴!講演終了時に雲が増えてきたものの、まだ雨は降らず。「晴れ男」は続いてます。

東近江市は、2007年2月に男女共同参画で団塊世代の男性向け講座、2007年6月に人権講演をしました。今回で3回目。最寄りの駅は近江八幡駅。この駅、滋賀県の仕事でも降り、いったい何度降りたったことか。ホンマにご縁あります。この土曜日は、またまた近江八幡駅です。

講演の前に、保育園のパパ友関連の施設「ピュアライフ桜川」を見学させてもらいました。僕もいちおう社会福祉士であり、社会福祉の教師なので、興味深く見せてもらいました。新しい高齢者の生活スタイルの一つだと思います。

P1000471s.jpgさて、今日の講演は、先にも書いたように、新ネタです。これは今回の主催者の担当さんから、「ウチの地域だと、こんな話が喜ばれると思います」と提案して下さった内容です。

全国あちこち行くと、男女共同参画について、先進的な地域もあれば、まだまだこれから!という地域があります。全国どこでも同じ講演をしていたのでは、通用しないと思います。こうやって地元のことを理解してくれている人が、これまでの講演の様子や土地柄などを考慮して提案してくれると、今、そこで伝わる内容を、より楽しんで聞いてもらえる講演にできると思います。「先生にお任せします」というのも一つのスタイルですが、その土地のことを全然知らない講師にお任せしていいのか?という点も大切だと思います。人口構成や主要産業などは、データをみて調べることができますが、実際の土地柄というものは、肌で感じている人が伝えて下さることが一番的確だと思います。

講師の中には、自分の講演内容について注文が加わるのを嫌う講師もいると思います。たしかに、「これまでの話しではチョット…」と注文がつくわけですから、「だったら他の人に頼めば?」という気持ちになる講師もいると思います。でも、まだまだ発展途上の僕は、提案に一つずつ答えていくうちに、講演のテーマが増えていくことを楽しめています。今日も、主催者から「話題の引き出しがたくさんあって、よかった」と言ってもらえました。今回のために構成した新ネタを喜んでもらえたみたいで、僕もやり甲斐がありました。

新しいネタは、上手くいくかどうか講師としては不確定です。でも、実際のところ、新ネタは、チャレンジはしたくても、「いえ、これまでのままでお願いします」という主催者も多いと思うんです。その方が、「結果が読める」という点では、理解できます。だから、新ネタの注文が入った時こそ、テーマを増やしておかないと!というのが僕の考え方です。

仕事の提案に答えながら、仕事を増やしてきたのは、これまでの僕の仕事そのものです。「僕はこのスタイルでやる!」「このテーマ以外やらない!」という固定したものをもたず、いろんなチャンスを与えてもらい、どんどん成長させていく。自分のスタイルは、最終的に引退する時までわからない。変化を楽しめるという、こんな楽しい仕事の仕方は他にないように思います。そういうことが可能な仕事が今です。楽しんでます。

今日は、前半50分が主夫生活に至るまでと、主夫生活の紹介。後半20分が家事技大公開でした。前半を55分話してしまい、後半が駆け足になってしまいました。その点は反省。でも、主催担当さんに聞いたところ、5分延ばしでちょうどだったそうです。まさに、思惑通りのドンピシャ終了だったそうです(^^)v

364人の聴講者があったそうです。たくさんの人に聞いてもらうことができて幸せでした。年配の男性が多かった割りには、たくさん笑ってもらえました。今日も楽しく講演させてもらいました。

これで、なか二日の三日おき講演は、ひとまず終わり、なか三日で土曜日の講演です。体力勝負ですね。なんとか乗り切れそうです。くしゃみも鼻水も止まりました。でも、今日は早めに寝ます。

瑞浪市で講演しました

Img_7196s.jpg自称「晴れ男」の名の通り、台風は通り過ぎ、「台風一過の秋晴れ」とまではいかないまでも、晴れと曇りが50:50くらいの天気。正直、今回ばかりは「晴れ男」を疑ったけど、やっぱり晴れた!信じなくても晴れた!初めての町に行く時、晴れてるのと雨が降ってるのとでは、印象がずいぶん違う。とりあえず、講演が始まるまでは晴れていて欲しいと願う毎回です。

さて、瑞浪市での講演ですが、とにかくセッティングが完璧でした。スタッフ、来場者、市政関係者、弁当も映像も音も時間も…何から何まで何の問題もなくすべてが上手くできていて、気持ちのいい講演ができました。喋っている僕が一番楽しんだかも。

市長さんも最後まで聞いて下さりました。公務の都合や多忙などで、中座される方も多いのですが、最後まで聞いて下さるのはウレシいもんです。市議会議長さんも来てくれてはったのですが、なんと出身が香川県で同郷。しかも、京都にお住まいの時期もあり、これまた近所だったという。控え室でしばし盛り上がりました。

今日は、ワイヤレスマイクだったお陰もあり、左右まんべんなく移動できたし、いつもよりも客席の奥まで入って行くこともできました。やっぱり、近くで接することができると、より親近感もってもらえると思うので、可能な限り近付いていけたらなぁといつも思ってます。今回は、それが実現できてラッキー☆

正直いって、名古屋を中心とした東海地域は、コンサートも演劇も、なかなか盛り上がらず、タレントもやや敬遠しがちという話しを聞いたことがあります。が、瑞浪市での講演を見る限り、男性も女性もとってもリラックスして笑ってくれるし、ツッコミも入れて盛り上げてくれるし、とっても協力的で参加意欲の高い聴講のお客さん達でした。土地柄というのも、いくらか関係するとは思うけど、実際は当日のコンディションや環境によっても随分違うんでしょうね。少なくとも、瑞浪市での講演は楽しく気分よくさせてもらいました。

会場からのツッコミは、イヤがる講師の先生もいるかもしれないですが、僕は大歓迎。最初に「どうしても京都弁っぽい関西弁が抜けません。なるだけわかってもらえるように話しますが、『なにを言ってるのかわからない』というところがあれば、遠慮なく仰って下さい」と言うと、ツッコミも入れてもらえやすいようです。行き過ぎるチャチャ入れは、他の人にとって聞き苦しいので、その時は「後ほど…」と流しますが(講演でこういう事態に遭遇したことはありません)、すぐ答えられる内容なら、きっと他にも知りたい人がいると思うので、その場で答え、説明の補足にしています。

講演後、「いやぁ〜今日は楽しかったぁ」というのが毎回あればいいんですけど、なかなか…。でも、今回は、帰りの新幹線で、「ちょっと水割りを飲んでもいいかな?」と思えるくらい気分爽快でした。次もこんな感じの講演ができるとイイなぁ〜。

堺市で講演してきました

堺市女性センターでの「堺女性大学」で講演してきました。
会場ビッチリ300名前後の聴講者。
南部大阪独特の盛り上がり。
楽しい時間を過ごしました。

11年過ごした杉本町からチャリンコで行ける堺市。
なんとなく、肌に染み込んだ空気感。

そんなに急いだわけではないのに、75分で収まりました。
たっぷりのQ&A時間。
「夫婦の危機はありましたか?もしもあれば、その乗り越え方についても」
「子どもが散らかして困ってます。なにか良いアイデアありませんか?」
などなど。

一つ気付いたのは、やっぱりワイヤレスマイクの方がエエなぁというコト。
歩きまくれへん!
あっち行き、こっち行きしながら話しをする方がエエです。
今日は、有線マイクだったので、ちょっとキツい場面がありました。
今後は、「できるだけワイヤレスマイクで」とリクエストしないとね。

毎日新聞社(大阪)の方が取材に来てました。
なにかと、ご縁のある毎日新聞社です。

次の日本女性会議は、堺市で行われるらしいです。
日本女性会議2009さかい
今年は、富山なんですね?
全体会の講演は広岡守穂さんと、加藤登紀子さん。スゴいなぁ。
堺での女性会議は、「男性」の分科会もあるんだそうです。

三重県朝日町で父子料理教室

今日は、「お父さんと腕まくり」in三重県朝日町でした。

三重県内の市町村を回るこのイベント。今回で5回目。津(2006年7月)、尾鷲(2007年8月)、志摩(2007年10月)、鈴鹿(2008年8月)、そして今日の朝日町
これ以外に、2007年5月に「セカンドライフ応援塾」でも「フレンテみえ」で料理教室してるので、なんだか三重県ではしょっちゅう料理しに出掛けているような気がします。

だんだん料理教室の後のワークショップが楽しくなってきています。最初は、トーク主体だったのですが、今は、目的をもった作業を通して、子どもとの時間を振り返ってもらうという形になってます。トークは、その前の料理教室で、お父さんがクタビレてしまってることが多く、なかなか難しいのです。

今回も、前回の鈴鹿市と同じく、「あやとり紐マジック」と「国語辞典クイズ」をしました。「国語辞典クイズ」は、ワークの主旨とは別に、「国語辞典って、こんなにオモシロかったっけ?」というお父さん達が多かったみたいで、クイズの出し合いというよりも、「こんなん出てるで!」になってしまいました。

が、今回、初の試みは、子ども達がワークショップ発表の後に、お父さん達も「あやとり紐マジック」の発表を子ども達の前でやってみました。やってるお父さん達が、ホンマに楽しそうで、僕がウレシくなりました。そうなんです!目の前にいるお父さんが、楽しそうに子どもとの時間を過ごしていれば、子ども達は、それだけでもかなりエエ感じやと思います。

親が楽しそうにしていると、子どもは「なにそれ?やらせて!」になると思います。それが料理であってもいいし、工作であってもイイし、スポーツであってもイイと思います。「もうちょっと大きくなったら、一緒にできるで!」という一言で、「はよ大人になりたい!」と思う子もいるかも。

Img_2630s.jpg今日は、あやとり紐を子ども達全員に持って帰ってもらいました。「ゲーム機世代」と言われる今どきの子ども達でも、意外とこんな原始的な遊びにググッと反応します。「こんなんできるで!」「これ取ってみ!」と子ども同士で見せ合いっこ。今日知り合ったばかりの子ども同士がこうやって遊びあえる。左画像は、お父さん達が食後の片付けをしている間に、子ども同士が男女学年グチャグチャに集まって、技の掛け合いをしているところ。

お父さん同士も是非是非、今日の出会いを大切に、町中のショッピングモールなんかで会ったら、「あ、あの時の!」と思い出して、「その後、どないしてますか?」とチョビッとでも会話するようになって、地域の社交が広がってくれればエエなぁと思います。

今日は、会場の関係で、親子8組の参加でした。参加競争率2倍だったそうです。このくらいの規模が一番やりやすく目も行き届きます。そのせいか、今回、はじめて、予定していた全メニューを作ってもらうことができました!今日は現地スタッフもたくさんいたので、余裕ありました。突然の買い出し要請にもササッと答えてもらったり、下準備も万全で本当に助かりました。「朝日町のクイズ王」にもお会いできて感激であります!世の中には、まだまだスゴイ人がいるもんや!と思いました。天気もよくて、楽しませてもらいました。


Img_2636s.jpg気心知れたスタッフと一緒に三重県内のあちこちを回るこの企画。さすがに尾鷲は遠かったけど、ここまできたら、「もう、どこでも連れてって!」という感じになってきました。

なんせ三重県は長い!まだまだ行ってない市町村がたっくさんあります。右画像は、三重県の市町村地図です。赤く塗りつぶしているところが、すでに一度でも講演や講座で行ったことのある市町村。見ると、松阪市という真ん中の面積の広い町が抜けてます。南部は尾鷲市を除くと、未踏地だらけ。

3連休なんかに、みんなでバンに乗って、3市町ツアーとかに行けたらオモロイかも。もう3日目とかヘロヘロで、立ってるだけでオモロイやろなぁ(笑)←楽しみ方が間違ってる?

亀岡市で講演しました

亀岡市で講演しました。朝、雨が降ってたので「珍しいなぁ〜」と思ってたら、講演時間が近づくに連れて晴れてきて、亀岡に到着した時カンカン照り。暑かったぁ。

定刻に始まった講演会。順調に進行して…と思ったら、いきなり家族紹介を兼ねた動画がフリーズ。先週の姫路市でも動画の最後数分のところで止まってしまった。あの時は、WindowsVistaとパワポ2007の影響と思ってたんだけど、どうやらファイル自体が破損していた模様。前半3分の1くらいのところで止まってしまい、ウンともスンとも動かないので、残りは口頭で説明。といっても、なかなか映像に優る伝達力はありませぬ。

ここでバタバタしてしまい、流れをつかみ損なったまま前半を乗り切る。中盤以降はいつものように落ち着いてきたけど、前半で時間をロスしてしまったために、終盤時間的に窮屈になり、触れられなかったネタもいくつか。

本当は、もうちょっと長目にとりたかった「Q&A」の時間。それでも次々と手が挙がり、ウレシかったです。「娘さんの夫が家事をしない人だったら、どうされますか?」というこれまでにない質問もありました。「保育園や自治会などの地域活動はどっちが?」「主夫をするなどの分担の話しは、どの時点で話し合われたのですか?」「山田さんが入院したり長期出張した場合は、どうされているのですか?」などなど、かなり具体的な質問もあり、答えながら楽しんでました。

持っていった10冊の「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」は完売でした。48名の参加者で10冊売れるとは思ってませんでした。ありがとうございます。

帰ってからすぐに動画ファイルのチェックをしました。悔しいことに、数回分前からの動画に破損の傾向が見られました。ここ3回分に関しては、「よく動いてたな」というくらい壊れてました。それに気付いていれば、今日のトラブルは防げました。もう少し綿密にチェックしておくべきだったと反省。

亀岡市は、公立南丹看護専門学校、京都創成大、明治国際医療大学と、非常勤講師の仕事をしている間に、何度も何度も通った場所。今日は、会場までの電車がホンマに気楽でした。あんなに通い慣れた風景を見ながら講演に行くことはメッタにあるもんじゃないと思います。身近な地域で講師に呼んでもらえることのエエところを知りました。また、いけるとイイなぁ。

200冊到着!

Img_2603s.jpgいやぁ〜『手抜き家事のススメ』の担当さんは、仕事が早いね!メールで発注した数日間には、ウチに届きます。ありがとうございます!

今回は、ドドンと200冊!

いつも100冊なんだけど、今回は倍。
大丈夫なんでしょうか?(^^;
いやその、これを2階に持って上がらなアカンのですが、「ガラスの腰」がガクッといってシマヤせんかと…。それと、請求書の金額を見るのが心配。

これは僕と来場者とのコミュニケーションツールであり、僕の楽しみでもあるので、たくさん冊数があればそれだけたくさんの人と触れ合えるわけです。

会場販売も、事前に問い合わせていれば、かなり柔軟に対応してくれるみたいです。

姫路市で講演

20080906161253
男性ばかり約20名の講座でした。男性が多いとなかなか笑ってもらえません(>_<)。今日はアイスブレイクを入れたりしてみましたが、なかなか手強かったです。

でも、アンケートの反応はすこぶる良好!
天気も良すぎるくらいの良好!!
男心は難しいのだ。
炒飯作りたいのだ(笑)
炒飯の話がウケてました。

一つ気になったのは、映像データについて。
WindowsXP+PowerPoint2003ではスッキリ動く映像が、
Vista+PowerPoint2007だとカックンカックン。
メモリーの喰い方が違うんかなぁ?
映像が最後まで進みきらないんやもん。驚いた。

これは今日だけの予備PCだったので、
次回からは問題なく動作するはず。