2009年08月 の記事一覧

東洋紙業労働組合年次大会で講演しました

DSC01628.jpg DSC01630.jpg
東洋紙業労働組合の年次総会で「きっと毎日が楽しくなる!スーパー主夫のワーク・ライフ・バランス提案」を講演しました。

労働組合大会は、毎年どこかで講演して、だいたいの参加年齢層や感じはわかっているつもりでしたが、今回は会場内の子どもの姿がほかよりも目立っていました。こんな事なら、パワポのデータに「磯野波平さんや野原ひろしなんかのイラストも入れればよかった」とちょっと後悔。データだけは持っておいて、会場の様子をみて入れたり抜いたりというのもエエかもしれませぬ。

波平さんはよく「男の家事」をしてタイヘンな目に遭ってますし、参考になる話もいくつかあります。「いざという時では遅い」という例にも使えますなぁ。野原ひろしも、みさえの留守中に焼きめし→チャーハン→ピラフ→の繰り返しをして、しんちゃんから「もぉ〜飽きたぞ」と言われてたシーンがあったような。労働組合大会向けのネタはもう少し洗練できそうです。

いつもは90分の講演を、60分に縮小し、ネタもいくつか外して構成させたのですが、どうもまたやってしまった「てんこ盛り」感。事例を一個外すんじゃなくて、テーマごと一個ゴボッと外さないと、結局、補足なんかを話してしまって「あれもこれも」状態に。一番大事なテーマを中心にして、ほかはそぎ落としていく。理屈じゃわかっているんだけど、「次の機会」がなかなか無いと思うと、「今、伝えとかな…」という気持ちが勝ってしまいます。外す勇気をもたないとね。

講演の後、聴講していた女性社員の方達から「いい話をありがとうございました!」と握手と求められました。男性の方からも、「おもしろかったです」「参考にしてやってみます」と声をかけてもらえました。是非、次の行動につなげてくれたらウレシイです。

60分、目一杯キンキンに話して燃え尽きたのか、帰りの電車では意識不明でした。和子さんからの「お昼ご飯食べた?」のメールで起き、乗り過ごしは回避できました。

木津川市で講座ダブルヘッダー

Img_0801s.jpg京都府木津川市で料理教室+ワーク・ライフ・バランス講演会のダブルヘッダーをしました。天気予報では、イマイチの天気だったのですが、やっぱり「晴れ男」というか、今回は「雨じゃない男」程度ながら、雨は回避できました。午後からはホンマに晴れ間も見えてきて、天気予報は大ハズレ。勝った!

午前中は、お父さんと子どもの料理講座。「ほぼ初心者というお父さん、どのくらいいてはりますか?」と聞くと、ほとんど全員。うはぁ〜大丈夫かな?というのはいつも杞憂でして、今回も心配ありませんでした。皆さんレシピを取説のように見ながらゴーイングマイウェイ!最初、おそるおそるアクセルを踏んでたのに、いつのまにか高速道路運行。どんどん先に進んでいくお父さんと、のんびり観光ドライブをするお父さん。子どもはそれに付き合ってる感じ。

親子丼定食は全員無事に完成し、子どもたちからも「美味しい!」とOKもらっていました。まったく料理ができない人って、ほとんどいないんです。ただ、やらない(やれないorやらせてもらえない)だけです。

京都新聞に記事が出ていました。
パパと親子丼作ったよ 木津川で料理教室

DSC01621.jpgそんな午前中の調理&試食を終え、午後からはワーク・ライフ・バランス講演。僕は、プロジェクターのセッティングなんかもあって、それなりにやるべきコトはあるのですが、お父さん達はのんびり。中には、ホールのソファーで伸びて昼寝のお父さんも。料理教室って、意外と疲れるんです。

午後は、午前中のお父さん達に、地元のやや年齢層高めの皆さんが加わり、席はしっかり埋まりました。中高年女性が多いというのは、講師としてはホンマに助かります。打てば答えるオバチャン達。その反応に乗せてもらい、喋りもかなり滑らかに。最近、料理教室が多かったので、講演自体は6月27日以来だったんだけど、感覚は無事に取り戻せました。前日のリハーサルも効いたし、少し入れ替えたのも新鮮でよかったんかな?と思います。

京都府下は、中部北部での講演はぼちぼちとあったのですが、南部はあまりご縁がありませんでした。この春に城陽市で講演の機会があって、初めて少し南にでました。今回の木津川市は、京都府最南端(?)ですが、近くには精華町、和束町、笠置町、南山城村などがあり、まだまだ未踏の地です。フロンティアはまだまだあり楽しみは残っています。

講演地最寄り駅まで、わずか24分という昨日の移動。でも、行きの電車の中で、ドイツのアーヘン (Aachen) 出身の男子学生といろいろ話しました。「日本にはドイツ車が多くて驚きました」「ミハエル・シューマッハーの復帰が無くなってザンネンだね」などなど。24分はあっという間でした。

クレオ大阪北での料理実習セミナー

クレオ大阪北での料理実習セミナー、無事に終了しました。

材料を買いに行くところからの実習。「いつかやってみたいな…」と思っていた講座でした。なによりも、よくぞ24人もの参加者をスーパーが受け入れてくれはったと思います。無洗米を値引きしてくれたり、オマケも付けてくれはったり、スーパーの共催みたいな講座でした。

調理時間も、ざっと見たところ、僕の父親くらいのオッチャン達とワイワイ楽しく料理して、笑ってと楽しい時間を過ごしました。会場の割に参加者が多かったので、ケガせぇへんやろか、ヤケドしたりしぃひんかと心配してましたが、皆さんコマメに声かけあってくれはったみたいで無事故でした。

全員が「予想以上に美味しかった」と言ってくれはりました。目標の「作った!出来た!美味かった!」は達成できました。

先週は、プランニングしながら「ホンマにこんな講座できるんやろか?」とものすごく不安でしたが、ほぼ満足のいく内容で、今ホッとしてます。

会場を出ると、「やっと梅雨明け?」というようなスカーンと晴れた夏空でした。