FC2ブログ

2011年02月 の記事一覧

岐阜県高山市で講演しました

2011022802.jpg
岐阜県高山市でワーク・ライフ・バランス講演をしました。一日2回の講演というのは、これまでにも経験がありますが、同じ市内の同じ主催担当さんで2回するというのは初めてでした。午前中に料理教室、午後から講演というのはありましたが、講演&講演は初めて。

一つ目は、朝8時半からの市役所幹部ミーティングでの早朝講座の講師でした。

前日の深夜2時と5時代に震度4の地震があった高山市。現地まで行けるかどうかすら問題でした。「ワイドビューひだ」は無事に動いてくれましたが、その後も何度も余震があり、道路にひび割れができたり、貯水池の水が濁ったりしたらしく、月曜朝の幹部ミーティングはバタバタしてました。

結局、市長さんは欠席のまま30分の講座を話しきりました。落ち着かない雰囲気の中で、それでも関係の深い部署の方達はメモをとったりしながら、聞いてくれてました。質疑応答の時間に「ワーク・ライフ・バランスは大企業や役所のような所の話で、中小企業なんかだとそこまでの余裕はないんじゃないか?」という指摘を受けました。

育児休暇の取得などは、中小企業の場合たしかに難しいと思いますが、人数が少ない中小企業だからこそ、一人でも抜けた時のダメージは、大企業よりもはるかに大きいのです。「いつ職場に復帰できるかわからない」という場合に、代替人員を採用して補充する形も考えられますが、中小企業の場合、仕事の属人部分が大きく「専務(お母ちゃん)でないとわからん」という処理や対応がかなりあるモノです。どこまでが(引き継ぎ可能な)最小限の業務で、どこからが専務(お母ちゃん)ならではのスペシャル領域なのか?を区切っておく必要もあります。

このように、非常事態を想定すると欠員発生に対する備えは、むしろ中小企業の方が差し迫った問題であると思います。ワーク・ライフ・バランスの直接的な効果は、働き手の安定的かつ持続的(仕事を含めた)生活にあると思いますが、そのことに連動して、組織の安定的かつ持続的な活動にも大いにメリットになるはずです。ワーク・ライフ・バランス推進者の中には、この主客が逆転してるような論調の方もいますが、それはきっと、とりあえず耳を傾けてもらうためなどの戦略的な視点からによるもので、大枠では皆さん同じだと思います。

とりあえず、早朝の講演を終えた後、日中は高山市内を散策。あいにくの雨だし地震直後だし月曜日というコトもあって、人手が少なくゆっくり観光できました(後日アップの予定)。2006年に一度来ているので、今回は前回歩けなかったエリアを重点的にウロウロ。お昼ご飯は、宮川沿いの「コ・シャラシャント」で。いつものようにForesquareにチェックインしてボーッと料理がくるのを待ち、イザ黒カレーを食べ始めると…
「あの〜Foresquareされてますよね?」
と声を掛けられました。
あの時、店内の客は4,5人だったと思いますが、声を掛けてこられたその方もForesquareをされていて、ライブでも同じ場所にいることが確認できたわけです。こんなの初めてでした。知らない土地ですしもちろん初対面なのですが、声を掛け合うハードルがグンと下がって、人とつながるチャンスがものすごく増えるんやなぁ〜と実感しました。

その後、2時過ぎまで町を散策して、ホテルに帰って夜の講演の最終チェック。高山市の第3次男女共同参画基本計画も見ながら内容の確認。結局ギリギリまで作業。そして会場入り。

講師席で開会の挨拶を聞きながら会場を見渡すと…あ!お昼に「コ・シャラシャント」で声を掛けてくれた方が最前列に!営業的には厳しい2月のそれも月末日の夜に、わざわざ今日出会ったばかりの僕の講演を聴きに来てくれはったとは…感激でした。こういうコトがあると俄然力が入ります。超実践的な家事技術が、実は仕事とものすごく関連しているという「ワーク・ライフ・バランス」の実例について、掃除を例に熱弁。いつも以上に汗をかきながら講演しました。

質疑応答で、2番目に手を上げて下さった方。「ずいぶん前に、一宮の近くで講演されましたか?その時も拝見したのですが、ずいぶんと講演が上達してますね」と評価して下さいました。なんだか先生から通信簿をもらった感じがしました。きっと2006年5月の瑞浪市での講演だと思います。あの頃はあの頃で精一杯の講演をしていたつもりですが、今思えば未熟そのものでした。こうやって時間を置いて見て下さった人から「よくなってる」と評価してもらえウレシいです。これからの講演の励みになります!

講演の後、男女共同参画推進懇話会にも参加しました。3世代同居の実情(婿殿<マスオさん>は家事をやる気があっても義母<フネさん>から咎められるなど)などを聞き、「やっぱり各家庭の事情や地域のカラーが反映される部分は大きいなぁ」と実感しました。目指すところは同じでも、そこへの道はそれぞれ違うわけですから、選択肢はたくさんある方がいいと思います。

懇話会の後、主催担当さん達との「和こころ雪屋」(この店はお昼に出会った方の紹介)での懇親会にも参加。23時半のラストオーダーまで飲むという、かなりご機嫌な打ち上げになりました。熱燗のお銚子もそうとう数を空けました。計画の策定に至るまでや講演会開催の経緯や、午前中の幹部会、夜の来場者の内訳や反応や率直な感想など、主催側の話もうかがえ「ガッテン!」もたくさんありました。酒もアテも美味しく、参加皆さんの素顔が垣間見える本当に楽しい時間でした(部長さんサイコー!)。講演の後で泊まりになると、こういう機会があるのがイイです!宴会好きにはタマラン時間でした。

「男女共同参画社会」という言葉はどうも語感が堅くて、わかりにくいし、地域の中にはそれだけで拒否反応を起こしてる部分があるかもしれません。飲み会の席では「男女感謝とおもいやり社会」とでも言い換えると、まだ古い家制度が残っている地方でもスンナリ受け容れてもらえるかもしれないという話も出ました。地方によっては、実情に合わせて言い方を変えてみるというのはアリだと思います。「ワーク・ライフ・バランス」も言い換えを幾通りか考えてみようと思いました。

ホテルまでの帰り道で、基本計画に関わった担当さんから「先生の講演を聴いて、自分たちの計画は間違ってなかったと自信がもてました」と頂きました。「生まれてきてくれてありがとう」にまつわるイイ話もうかがいました。そんな私的な話までしてもらえるくらい打ち解けることができる時間でした。翌日、その方から家族3人分の「さるぼぼ」を頂きました。ありがとうございます。

地震の直後で地震前後独特の遠鳴りが聞こえ、しかも天気もイマイチな高山市でしたが、僕は気分晴れやかに高山駅を発ち、飛騨一ノ宮駅を過ぎた「宮村の大カーブ」を登坂しながら、まさに飛び立たんばかりでした。とっても楽しく、かつ印象に残る高山市での講演でした。

三重県鳥羽市で講演しました

2011022603.jpg
当初、10月末に予定されていた鳥羽市での講演。それが台風の接近で中止になり、4ヶ月延びた今日、改めて開催となりました。最初に問い合わせがあったのは去年の4月ですから、講演の実施までに10ヶ月もの期間がありました。いやはや、よく待ってくれはったと思います。ご縁があるというのはウレシいことですし、ホンマにありがたいことです。

鳥羽市は、2004年に3歳の加奈子を連れて遊びに来ました。パルケエスパーニャを含めた伊勢志摩ツアーにでかけ、鳥羽水族館や鳥羽湾巡りの船に乗ったデジカメ画像がでてきました。それ以来の鳥羽市でした。

今日は託児に30名の申し込みがあったそうで、子育て世代の、とくにパパ達がたくさん参加してくれました。「スーパー主夫のパパ応援講座」というタイトルだったので、パパがたくさん来場してくれて、鳥羽市パパ達の意気込みを感じました。始まる前に、前の方に座ってた男性に「誰かに無理矢理連れてこられたんですか?」と冗談で聞いたんですが、「いえ、内容に興味があって」と答えてくれはりました。

三重県での講演は、まず様子見の時間があり、ソローッと盛り上がっていく感じなので、それにあわせて最初からブッ飛ばすのは控えてみました。とはいえ、段々僕が熱くなってきて、いつの間にか熱弁。それに答えてくれたのか、講演後の質問も次々と出してくれはりました。

最後に「イクメンしてなにが良かったですか?」という質問を頂きました。そうです!シンドイこともありましたが、エエこともたくさんありました。

その中で、一番よかったと思うこと。それは、子育てに専念しようと仕事からプツッと離れてしまったから、かえって仕事ってエエもんやと思えるようになれました。そして今度は、子どもと離れる時間ができると、逆に子どもと一緒の時間もエエもんやと思えるようになりました。仕事ばっかり、子育てばっかりでは、両方の良さに気づけなかったかもしれなかったと思います。

そうですよ!これこそワーク・ライフ・バランスの基本です。「あって当たり前」と思っていることが、「エエもんや」と思える。これは、ホンマにしあわせなことやと思います。そして、僕はいろんなチャンスを子どもや仕事先から与えてもらい、当たり前の日常のあちこちに「エエもん」をもつことができました。大きな成功も大事かもしれませんが、日常生活の中でも「エエもん」はたくさん落ちてます。そのことに気が付き、自分でそれを拾うことができたことが、イクメンをしてみて一番良かったことだと思います。

今日は僕よりも若い男性も多かったので、めったに使わない「STAR WARS」ネタを使いました。子育て中、子どもという存在は、自分の中にあるフォースの暗黒面を引き出すことがあったり、「それがお前の本当の姿だ」と見せつけられることがありました。その暗黒面への入り口はあちこちに仕掛けられているのです。ウッカリそれにハマると抜け出すのはタイヘンです。孤独な子育て=「弧育て」はその危険にもっともさらされているのです。それを助けるのは、周囲の人の姿であったり声掛けであったりするのです。ルークの呼びかけに答え、ダースベイダーからアナキンに戻れたようにです…という話をしました。肩を振るわせて忍び笑いしている数人みました。良かったです。たぶん、分かり合える人同士なら、これほど分かり合える例はないと思うのですが、余りにもその範囲が狭すぎる故に、めったに使いません。今日は、そんな試みしてしまうくらいノッてたんでしょうね。

2011022604.jpg
今日、先日買ったパイピングジャケットではじめて講演しました。
加奈子が寝ている間に出発したので、僕が帰宅してはじめてこのスタイルを見た加奈子は

「パパ…やっぱり、そのネクタイは似合ってないわ」

と、ダメ出しされました。
ジャケットはともかく、僕にはこの黄緑という爽やかな色が合わない気も薄々してました。加奈子にストレートに言われると、こりゃもう認めざるを得ません。今後は平常通りピンクかオレンジのネクタイに戻します。…というか、そろそろネクタイともオサラバしようと思っています。

さて、明日は午後から岐阜県高山市へ移動です。前乗りです。ちなみに居残りもあります。2泊3日の出張。…ということは家事休みです!ヤッター!

宇治市ファミリー・サポート・センターで講演しました

宇治市ファミリー・サポート・センターのフォローアップ研修を「今日からもっと楽になる 子どもと一緒のこの時間」というタイトルで講演しました。

宇治市、近いですね。なにしろ僕が住んでる伏見区とは直に接してますから。あまりに近いので、どうやって行こうか?と逆に悩んでしまいました。全線京阪で行き、京阪宇治駅から歩く。京阪で行き、黄檗駅でJRに乗り換える。JR桃山駅まで歩き全線JRで行く。近鉄で出て小倉駅から歩く。家からタクシーで会場まで行く。自転車で行く。などいろんなルートが考えられるし、どれも似たような時間になるし、金額もタクシー以外は大差ない状態でした。

結局、JR桃山駅まで歩き、全線JRで宇治まで行くことに。今日、この機会にJR奈良線に初めて乗りました。今日の今日まで、まったくご縁がなかったというか乗る必要のなかったJR奈良線でした。京都市内に移り住んで13年。やっと乗る機会が巡ってきました。

会場に到着して、プロジェクターにパソコンを繋ぐのですが、いつもは3〜5分でスッと繋がるのが、今日はなかなか。プロジェクターに電気が来てないような感じでした。会場の設備担当さんも来てくれ、「ん〜どこのトラブルかぁ〜?」と。でも、よくよく見ると、会場機材のおおもとのコンセントがシッカリ入ってなかったという、漫画のような原因でした。通電すると、アッという間にパソコンが認識し接続完了。担当さんは、プロジェクターのことが気になって、夜も眠れなかったそうです。なんだか心配させてしまってすみません。

講演の方は、山盛り盛りだくさんな内容を、それでもジックリ話せたように思います。前の講演から少し間隔が空いたので、ペースを戻すのに時間掛かるかな?と思ったのですが、あんまり関係なかったです。最初にビデオを用意してるので、あれで一息ついて落ち着けるというのがあると思います。

講演後、現役子育てママ2人が、入れ替わりで今抱えてるコトを話してくれました。2人とも頑張ってるママでした。家族の様子もわからないまま、お話を聞いただけですので、「こうしたらどうでしょ?」というところまではお答えできませんでしたが、それでもジックリお話を聞くことはできたと思います。聞くことしかできませんでしたが、話す機会をもってもらうことでなにかお役に立てたのならウレシイです。

子どもを育てながら、親も一緒に育つことができるなら、これほどエエ機会はないと思います。自分の子どもだけじゃなく、近所や地域の子どもを見守ることでも、大人は育つことができると思います。生涯を通して学び成長できるというのは、エエもんやと思います。日本全国、世界各国がそういう場になるとエエやろなぁと思います。