2015年04月 の記事一覧

カロリーオフとおやつのWinWin

2015043001.jpg
鶏肉は、本当によく利用します。煮てヨシ、焼いてヨシ、蒸してヨシ、炒めてヨシという万能食材だし、和洋中エスニックのどの場面でも使えます。

そんな鶏肉ですが、カロリー摂取を控えている人にとって、皮部分の高カロリーは気になると思います。かといって、皮を捨ててしまうのもモッタイナイ。そこで妙案。

料理の時、皮を先に剥ぎ取って、フライパンで焼いてしまいます。油は敷かなくても、皮から出てくる油で焦げ付くこともありません。出てきた油はキッチンペーパーで吸い取りながら中火で数分。両面をこんがり焼くと、脂分が抜け出た皮になります。

焼き鳥屋さんの「かわ」とは違った、パリパリの皮チップスのような感じです。軽くスパイスを振ると、おつまみにもなりますし、晩ご飯前のチョットしたおやつにもなります。ウチでは皮チップスは、育ち盛りの娘が食べることになっています。「こんなものを?」と思いますが、娘のお気に入りです。
 

東京新聞連載 49回 通販でテレビ台

2015042801.jpg
(画像をクリックすると、拡大表示されます)

今回の記事も、前回に続いて、選挙報道で誌面構成がイレギュラーに。普段の四角ではなく、このような形での掲載になりました。

記事に出てくる商品と状態を解説します。

2015042802.jpg
「ワイヤシェルフ」は、ホームエレクターもどきの製品。キャスター付きなので、テレビ台の後ろの掃除も、手前に動かしてササッとできて便利。でも、ほこりが溜まりまくるのが欠点。

そこでテレビ台の購入に向かったわけです。記事に出てくるテレビ台は、ニトリのローボード(ルフィ2 120NA)です。もともとニトリの製品は、あんまり相性が良くなく、一時しのぎ的に買ったのです。

2015042803.jpg
外寸のみに目がいってしまい、内寸(この場合は棚板の寸法)をチェックするのを忘れていました。そのために、AQUOSのBD/HDDデッキが入らないという事態に。でも、テレビ台という製品の下の棚は、デッキが入るのも想定していると思うんです(勝手な思い込みですが)。よほど特殊なデッキならともかく、SHARPのデッキが入らないというのは、製品としてどうかと。

2015042805.jpg
自分で穴を広げて、機材を詰め込んだのがこの画像。新聞のイラストほどキレイに拡張できず、見た目はかなりワイルドな感じに。

2015042804.jpg
でも、表から見たら、そんな裏の様子など全然わかりません。実は、右側には引き出しがあったのですが、その引き出しを取っ払って、こっちにデッキやCATVチューナーなどをまとめました。ACタップも、こちらの背面にまとめています。

左側の、手前に開く扉は使い道が見付からず空いています。高さがなくて、その割には奥行きがある棚。何を入れればいいのか思案しています。

一時期は、「買ったものの、やっぱり失敗したか…」と諦めかけていたので、使える状態になってヤレヤレです。


 

弁当スライドショー 初心者こそ記録に残しましょう!


娘の中学校入学にあわせて、僕の弁当作り生活も始まりました。1年と少しが経った今日(2015年4月26日)、これまで作ってきた弁当の画像をスライドショーにしてみました。作り始めた当初は、作った弁当を撮ることも思い付かないほど、バタバタしていました。最初の数日分から数週間後まで間隔が開きましたが、その後はほぼ毎日撮り続けています。

料理は好きだけど、弁当箱に詰める作業が大の苦手。まだまだ慣れずに試行錯誤中です。娘と一緒に動画を見ながら、「この頃はエエ加減やねぇ」と過去の弁当にダメだしされました。最初の頃は、本当におおざっぱに詰め込んでいる感じです。

中盤過ぎくらいから仕切りにレタスを使うようになり、ちょっと弁当(の見た目)がイイ感じに。さらに、フリルレタスという葉先がギザギザのレタスに変えると、さらにイイ感じになった気がします。

ゼロからの弁当づくりだったので、変化の様子も大きく楽しめます。これを記録として残せるのは初心者の特権。ベテランが「今から」記録を撮り始めても、もとから上手でしょうから、あんまり変化がないと思います。初期に撮り残すことに気付けてヨカッタです。

弁当のサイズが変わってきているのもわかります。一時期、昼休みが忙しくなって、「量を減らして欲しい」と言われた頃もありました。その時期が過ぎて、今度は食欲モリモリ時期へ。そんな娘の変化も、弁当を通して見えてきます。

この春から、弁当づくりを始めた皆さんも、是非、記録として画像を残してみてはどうでしょうか?まだ間に合うと思います。「弁当づくりも、ちょっとは進歩しているな」という実感がもてるかも。

撮った画像をスライドショーにするソフトは、無料のモノを含めていろいろ出ていますから、それを利用すると便利です。僕はMacを買うと付いて来るソフト「iPhoto」のスライドショー機能を使って作りました。
 

東京新聞連載 48回 お店へ行こう

2015041701.jpg
(画像をクリックすると、拡大表示されます)

3月9日から約10日間、妻がイリノイ州へ出張しました。その前日に急遽、スーツケースを買い換えたのは記事の通り。

2015041702.jpg
新しいスーツケースを買ったのは、ビアンキ(Bianchi)の86Lビアンキ(Bianchi)の機内持込用33Lです。

そして、対面ならではの助言を得ることができた店舗は、ヨドバシカメラ マルチメディア京都です。変圧器についてのやり取りをした店員さんは、韓国語なまりの日本語でしたが、「予想外の、率直かつ売り場を超えたアドバイス」を頂きました。おかげで無駄な買い物をせずにすみました。

対面販売ならではのイイ面が出た買い物でした。今はもう、対面販売では店員の説明にかかっているといっても過言ではありませんね。品揃えでいえばネット通販の方が多いでしょうし、通販だと持って帰る手間もかかりません。通販サイトの的確なレビューは、買いに来た人の事情も聞かず一方的に話をしている店員よりも、はるかに秀逸な場合もあります。

そういう意味では、今回のような、ネット通販ではなかなか難しいであろう、売り場を超えた店員のアドバイスが聞けて、改めて対面販売の可能性を感じました。逆にいうと、そのレベルが対面販売には要求されているのかもしれません。いずれにしてもヨドバシカメラの店員さん達は、なかなか優秀でした。