大阪府泉大津市で講演しました

2014112601.jpg
先週の「その1」に引き続き、大阪府泉大津市で「プロ主夫に学ぶ!楽家事してみませんか(その2)」を講演しました。今週は、先週の「省力化編」の次の「共同化編」。

この共同化=共家事化は、概念と「見える化」などの導入例などで、話しているとアッという間に時間が過ぎてしまいます。今日も話せなかった内容がたくさん。

例えば、共家事展開にも応用できる谷口真美さんの抵抗→同化→分離→統合の話(こちらを参照)。やる気のない家族を家事に引き込む時に応用できる、市川伸一さんの「学習要因の2要因モデル」。セミナーなんかだと、これらも含めた方がより科学的で、共家事対策が身に付くと思います。

後半は、共家事にあたってとっても大切なコミュニケーションについて。二人組で実践ワークしてもらいました。かなりにぎやかになり、喋り足りない!もっと話したい!な会場になりました。ワークで熱くなったまま最後の締めに入れ、2週間の連続講座を終えることができました。

Q&Aタイムに、冷蔵庫の活用法について教えてもらいました。冷蔵庫は物を冷やすだけの場所じゃないんですね!堅く機密性の高い箱。大事な物を入れて奥にはいい場所ですね。これはいつか新聞連載のネタにしようとメモしました。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する