FC2ブログ

東京新聞連載 95回 娘の新食生活

2017060701.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

娘が進学した高校は、夜間部があるのもあってか、比較的学生食堂が充実していると聞きます。入学当初は、この記事の通り、クラスの女子で学食へ通うのは、娘だけだったようですが、今では数名になっているようです。定食は相変わらず、早々に売り切れてしまい、なかなかありつけないのと、分量が多いらしく「食べきれないかも」で躊躇しているそう。

学食や社食という、限られた人向けの限られた食地場ですら、最初に行くキッカケをつかめないと、後から行くにはどうも気後れしたりする人も。僕は大学生時代、学食で昼夜食べてましたが、3カ所あるうちの1カ所は最後まで一人で行くのに尻込みしてました(そこだけ、少し高かったというのもありますけど)。

未だに続く「ハイブリッド型」。今朝は、昼休みに行事が入っていたらしく、久しぶりに弁当セットを作りました。が、朝になって「あ、今日は弁当がいる!」と言われたので、ご飯がありませんでした。冷凍の春雨炒めをチン☆してご飯代わりに。おかずは、いつものように。なんとかしのぎました。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する