FC2ブログ

和歌山県海南市で講演しました

2017062402.jpg
和歌山県男女共同参画センターの事業”りぃぶる”「語り合い広場」の講師を海南市でしました。

実は、問い合わせがあったのは、開催まで1ヶ月と少しの時期。自治体の催し物にしてはやや短い準備期間。でも、「急なのですが…来週なんですけど、どうでしょ?」という問い合わせもある昨今。1ヶ月もあれば十分です。

海南市は公私含めて何度か素通りしていたのですが、降り立ったのは今回がはじめて。素通りの大半は、本来なら和歌山インターで降りないといけないのに、降りそびれて海南インターまで乗ってしまったという事情。サラリーマン時代の仕事中にもあるし、海に遊びに行く時にも。

そんな現地とははじめてのご縁ですが、家事生活では海南市とはガッチリ繋がっています。キッチン用品にバス用品、洗濯用品など、家庭用品の多くが海南市の会社がらみです。我が家も改めて調べてみると、百均商品から少々高い物まで海南市製品が多数でした。

そんなご縁のある海南市での講演。タイトルは「人生いろいろ 夫婦もいろいろ」。主夫生活の経験を通した男女共同参画の話。折しも男女共同参画週間。
 
2017062401.jpg
今回は、「語り合い広場」ということで、後半のグループワークに力点を。4~5人のグループを作り、そこでお題について話し合い、A4用紙に書き出し、前でプレゼンしてもらう「KP法(かみしばいプレゼン法)」で。KP法のグループワークを実際に使うのは今回がはじめて。段取りの説明が上手く伝わるだろうか?と気になりながらの導入。
 
2017062403.jpg
気になりすぎたのか、段取りの説明と進行確認のあいだ、心拍数は最高域に。伝わりにくい班とすんなり伝わる班があって、なかなかてこずりましたが、発表時には心拍数も落ち着き、発表者と楽しいやりとりができました。

発表者「自分の息子が主夫というのは、ちょっと情けない気がするけど、娘の夫が主夫というのは大歓迎!」
僕「なんちゅ~正直な!(笑)でも、率直なところ、こういう感覚は意外と残ってるもんです」

などなど、本音を出しまくり、それに対して「それはダメ」と押し込むのではなく、そんな感覚ともお付き合いしながら、価値観の変化や自分とは違う考え方を受け入れていくことについても、触れることができました。参加した皆さんが模範解答的なコトばかりを提示する形にならなくて、本当にヨカッタです。「人生いろいろ 夫婦もいろいろ」というタイトルに沿った形のグループワークができたと思います。

終始、和やかな雰囲気の中で、講演できました。ヨカッタです。
今週からは毎週末どこかで講演。次は山口県下関市豊北町へ。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する