FC2ブログ

exciteニュースで紹介されました

先月15日に行ったアンリツ社での時短料理教室の様子が、
exciteニュースのコラム、「スマダン」コーナーで紹介されました。

なぜ食堂付き社員寮でスーパー主夫が料理教室を開催したのか

イベントの当日、僕はてんてこ舞いだったので写真を撮る間がありませんでした。こうやって記事になると、自分以外の視点も加わって多角的にイベントを振り返ることができます。ありがたい教材です。楽しいイベントだったなぁと振り返るキッカケにもなります。


今回は企業での講座への取材という、とっても珍しいケースですが、自治体主催の講演には、よく講演の取材申し込みが来ます。新聞社や雑誌、ケーブルテレビ局など媒体はいろいろですが、講演後のインタビューも含めて基本的に断らずお請けしています。

中には「え?!そこを記事にしたの?」という取り上げ方もありますが、それはそれとして受け止めています。「メディアの人は、このネタが好きですねぇ」というのもあります。が、たまに、僕以上に僕の言いたいことをまとめた原稿を上げる記者がいて、さすが!すごい!と脱帽することもあります。いずれであっても、僕にとっては参考になるので、極力対応しています。

「載りました」、「放送しました」という連絡があれば、こうやって紹介することができます。ですので、できるだけ取材しっぱなしというのはカンベンしてほしいです。急なニュースの都合で放送できないこともあるでしょうし、枠の都合で掲載できないこともあるのは承知しています。実際、取材しっぱなしは年に数回発生しています。「ザンネンながら…」と一報入れて頂ければ、それだけで十分なのですけどね。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する