東京新聞連載 117回 家事方法の違い

2018051201.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

いろんなコミュニケーションがあると思います。

なんでも言い合える関係があれば、かなり激しい言葉で言っても、なんら問題はないはず。

つまり、家事の違いを指摘する以前に、どういう関係であるか?で決まってしまいます。
「こう言えばイイ」という評論の多くは、そういった関係を抜きにした一般論です。
この記事も、一般論の一つでしかありません。
 
そんな一般論の中でも、
「そうきましたか」
は、わりと使える返答だと思います。

「ごめん、言ってなかったっけ」
は、イントネーション次第ではイヤミに聞こえます。

そのイヤミ臭を避けるのが、
「あ!」を文頭にひと言つけるワザ。
「あ!ごめん、言ってなかったっけ」
とすると、イヤミなイントネーションをわざと付けても、ソフトに変換できます。

文頭の「あ!」は「ありがとう」もポジティブに変換してくれます。

「あ!ありがとう」

普段、「ありがとう」を言い慣れていない人も、言い出しやすくしてくれるのが、「あ!」です。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する