連合和歌山で講演しました

2018060201.jpg
連合和歌山の男女平等月間学習会で「家事の時短でワーク・ライフ・バランスの充実」を講演しました。

去年9月に行ったJAM大阪での講演(この講演)に参加された方の紹介で、今回の講演に呼ばれることとなりました。こういう「また聞きたい」からの紹介というのはウレシイです。一度、参加した人なら、僕がどんな人間でどんな話をするのかも分かってもらえているので、「あの時のような感じで」というリクエストに応えるべく準備していきました。

ここ数年は、和歌山県とご縁があり半年に一回ずつ訪問しています。おまけに今日はとてもイイ天気。和歌山駅でラーメンを食べてから、テクテクと1.4kmを歩いて会場入り。このところ、天気や体調が今ひとつでランニングができてなかったので回復運動。

会場に着くと真っ暗。おそらく設営をした後、お昼ご飯でも食べに行ってたんでしょう。電気とエアコンを付けて会場の後ろの方で座っていると、ボツボツと参加者が集まってきて、「今日、どんな話なんやろなぁ」「家事かぁ〜、怒られるんかなぁ?」という声が。ポロリと聞けたホンネ。

学習会は、まず連合の総合男女・雇用平等局、男女平等局局長さんの各種調査をもとにした現状と課題、展望について。本部の局長さんが、自分と同い年!いつの間にやら、僕もそんな年になってたんですね。最新のデータと国内だけでなくILO総会の動向などの情報を仕入れることができて、僕にとってはお得な学習会の時間になりました。

休憩の後、僕の講演。若手組合員の参加が多い講演会は、控え目にスタート。いきなりドンと入ると、一瞬で「ウワッ」と引き潮ムード。ジジイが説教まくし立てにきた!では、全然聞いてくれません。様子見の最初は、反応が薄くてもジワジワ近寄っていくように。後半のペアワークの頃には、イイ感じに距離も縮まり賑やかに。その勢いのまま振り返りのグループワークへ。

雇用という現実的な出来事と常に向き合う労働組合。シビアな話題が多く、笑って話せたり笑って聞ける話の機会は、そうそう無いと思います。講演が様子見スロースタートでも、それは自然な成り行き。あ、笑い飛ばしてイイんだなと思ってもらえるにも、信頼関係が必要。

講演の後は女性委員会の皆さんと懇親会。この講演は1月末に問い合わせがあり、その時から「懇親会込み」ということで話が進んでいました。その後、似たような団体から講演の依頼がある度に、「あれ?懇親会があるのはどこの講演だったっけ?」とその都度確認。今日が近付き、ようやく「連合和歌山の講演だったか!」と思い出せました。

懇親会、楽しかったです。聞き足りない家事話の追加リクエストかと思いきや、それも若干アリの、だけど出産秘話や男女の更年期、夫婦で風呂に入る?といった話やら、話はあっちこっち飛ぶ飛ぶ。アッという間のお開き時間。そういえば、車での参加者が多くて、たいはんの人はシラフだったはずなのに、かなり酔っ払っているような内容の話も。コソッと、「ウチの会社の研修でも…(来てもらえたら)」という話が聞こえたのがウレシかったです。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する