FC2ブログ

大阪府羽曳野市でセミナーしました

2018111801.jpg
大阪府羽曳野市男女共生セミナー「少ない手間で大きな効果♪スーパー主夫の早めの大掃除」の講師をしました。

羽曳野市は2017年2月25日(この時)、2017年8月5日(この時)と、最近よく訪れている町。リピートで呼んでもらえるというのは、やっぱりウレシイものです。担当さんも前から変わっていないので、お馴染みのみなさん。準備のやり取りも、相手がわかっている分、気持ちも楽。

このところ、北関東や信越、九州の講演が続いていたので、片道1時間半で行ける羽曳野市はものすごく近い印象。「あれ!もう着いてしもた!」という感覚でした。乗り継ぎも勝手知ったる淀屋橋駅と天王寺駅。どの車両のどのドアが階段に近いかも、頭に入っているので(鉄道好きですし)、急いだつもりはないのに、予定よりも10分早い電車で着いてしまいました。少し早めのお迎えの車にも気づき少し早めの会場入り。

今回は、参加者10人(11人だったかな?)の小人数。一人一人の顔がよく見えて、いろいろ話を振りながらのセミナー。「大掃除目標カード」に、掃除したい箇所を書き出してもらい、その後、大掃除のコツを聞いて、それに沿って箇所を順番に並び直す作業をしてもらったり、

2018111802.jpg
メインイベントの、自宅の換気扇パーツ(フィルター、プロペラ、シロッコファンなど)を持って来てもらい、実際に「秘技」でキレイにする実習もやってもらいました。

このためにセミナー会場は調理実習室に。もともと、前2回の講演でも、この「秘技」はVTRで紹介していて、「実際に、キレイにしたい」という担当さんのリクエストもあり、今回、講座の中の実習として実現しました。その担当さんは、自宅の換気扇パーツを玄関まで用意しながら、持ってくるのを忘れたという、「あるある」の典型のような残念な結末に。でも、参加者の皆さんは、フィルターはもとより、シロッコファンを持参の人はそれを入れる用のバケツも持参しての参加。そして、皆さん、「キレイになった!」「しかもこんなに簡単で短時間に!」と大満足してもらえました。

この「秘技」の実習が上手くいくかどうかに気を揉みすぎたせいか、他の説明で使うべく小道具をいくつか忘れて行ったくらい、実は「自分の家の換気扇だけに効く『秘技』かもしれない」という不安があったのです。参加した人全員のパーツがキレイになったので、ホッと安心しました。作業中の肌荒れやヤケドもなかったようで、こちらもホッとしました。

不安はさらに、痛恨のミスを誘発してました。それは、換気扇の掃除前画像を撮り忘れたこと。それがあれば、掃除後のキレイになった換気扇との比較ができて、達成感はさらに高まったはずでした。なんともザンネン。

「化学的な洗剤で拭く前に、物理的に除去」という話の中で、スクレイパーの紹介をしながら、実は、「こんなモノでもサッと処理できる」ということで、お好み焼きのコテ(テコ、ヘラ)も紹介。この動画が意外と好評で2回も再生。スーパーで買ってきたポテトサラダを、床に落としてしまったのを、お好み焼きのコテでシャッとすくい取る動画です。このほか、生卵を落として割ってしまった時や、キムチを床にぶちまけてしまった時にも効果的!という動画です。

少人数のせいか、和気あいあいとセミナーも進行し、アッという間に2時間のセミナーが終わってしまいました。今回、実習入りのセミナーに初挑戦でした。いろいろ不安はあったけど、上手くいってよかったです。もしも会場さえ手配できるのなら、この換気扇掃除実習入りは、コンテンツとして定着できそうです。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する