FC2ブログ

連載「シニアの楽家事」4回 減塩

2019071801.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

たまに両親の暮らす家でご飯を食べると、あまりの薄味に驚きます。僕も料理に塩をたくさん使う方ではなく、むしろ、無塩料理も多いくらい。それでも、外食や中食で知らず知らずのうちに塩分を摂取しているようです。母親なんて、外食すると、どこで食べても「塩辛い、喉が渇く」と言ってます。

記事の中にあるデータは、「平成29年国民健康・栄養調査結果の概要」を参考にしました。
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000351576.pdf
塩分以外にも、いろいろ興味深いデータが載っています。若者の方が、男女とも、タンパク質も炭水化物も摂取量が少ない傾向にあることや、脂質摂取だけは高齢者の方が少ないというのも載っています。低栄養者の比率が年々増加しているのは、ダイエットの行き過ぎも考えられますが、やはり貧困化が一番大きな要因だと思います。こういうところからも、近年の経済政策が上手く機能していない(国民的な成果に繋がっていない)というのが見て取れます。

塩分摂取については、「第2部 基本項目」の中の「第2章 栄養・食生活に関する状況」(20ページ)の冒頭で触れられています。年々食塩摂取量は減ってきています。スーパーを見回しても、味噌や醤油に減塩商品が増えてます。柿ピーの減塩や塩せんべいの減塩も出ています。

男女差でみると、男性の方が摂取量は多い。これは酒のつまみが関係しているのかもしれません。肉体労働者が多いのも要因として考えられます。そして、男女共記事に書いたとおり、60~69歳の摂取量が一番多い!シニア世代の大問題といえます。塩分の摂りすぎは、高血圧や…ここからは医療分野になりますので、敢えて言及しませんが、身体にとって良いコトは少ないです。

「普通の食生活をしていれば塩分を取り過ぎることはない」と書いている人もいますが、日本は「普通に」食べていると、塩分過多になる食文化なんです。シニア層にとって、長年馴染んだ味は、実は塩分多めの料理である可能性があります。周囲を海に囲まれ、それを生活の中にも活かした暮らしをしている以上、塩分と無縁ではありません。ダシも塩分が含まれます。刺身には醤油を使いますし、味噌汁の味噌も塩を使って製造します。梅干しも漬物も。むしろ、普通の生活をしている人は、熱中症予防のための塩分補給は不要なくらいです。上の「取り過ぎることはない」と書いているのは、調べると、健康マニア領域の人でした。

「塩辛いのが大好き」という人に、「減塩しろ」というのは酷かもしれません。が、自身を振り返ってもらった時に、実は塩辛いのが好きなのではなく、美味しいモノが好きなのかもしれません。塩辛さと美味しさは、必ずしも一緒ではありません。減塩することで、味覚が洗練され、素材の味がわかるようになると、もっともっと美味しさは感じられます。もっともっと美味しい暮らしが待ってます。しかも、料理の腕を磨くという難題ではなく、塩を減らすだけというお手軽さで、それが得られます。きっと食べることがもっと楽しくなります。
 

京都ノートルダム女子大学で講義しました

昨年に続き(昨年はこれ)、今年も京都ノートルダム女子大学特別講義「子育てとワークライフバランス」の中での「どうなる?あなたの子育て生活~相棒選びを成功に導く3つのポイント~」を講義しました。

数えてみると、今年で7年目のこの講義。もうそんなになるんですね?始まった当初は小学4年生だった娘が、今では高校3年生。すっかり受講する学生と同じ世代になりました。おかげで、娘のエピソードがそのまま使えるという環境になりました。あと数年は使えるかな?これまでご縁のあった「ヘタレ」な娘のカレシ話も、学生達にはかなりウケてました。

去年、VTRを使って今ひとつになった後半は、今年は元に戻して修正。担当の先生によると、「よりグッと迫る話になっていた」とのことでした。VTRの向こうの人の話よりも、やっぱりそこにいる人の話の方が、学生もグッと聞き込めるようでした。受講した学生もそうですが、僕も今年の方が、やった感がありました。もっとも去年は、直前に、義父が亡くなったりと、心理的にもちょっとシンドイ状態だったのがあると思います。

それにしても…若い女性が多い教室は、たいてい教室のエアコン設定温度が高いです。廊下は快適なのに、教室に入るとムオッとする湿気。エアコン設定温度もやや高め。講義後はシャツもエプロンも汗ビッショリ。以前、教えてに行っていた看護学校は、女子学生が毛布被って受講していたこともありました。全般に、低体温の学生が多いと聞きます。朝ご飯をチャンと食べてないのかな?冷えは、身体にとって、良いコトほとんど無しです。だからといって、エアコンの温度を下げろ!とは言えないですが。
 
講義が終わってから、近くのレストランで担当の先生と夕ご飯。その行き道すがら、結婚相手の条件に「お金持ち」と上げた学生がいた件についてアレコレ話になりました。僕の個人的な話として、結婚当時、年収100万円もなかった僕を和子さんが選べたのは、自分が稼いでいたからでもあったわけで、それが是か非かと言う問題ではなく、人生の選択肢を広げるという意味では、講義の内容に盛り込んでもよかったですねという話になりました。

去年もそうですが、7年目ともなると、あんまり新鮮な気分ではないのか、建物も教室も、撮るのを忘れてしまいました。残っているのは、その先生と食べた晩ご飯と食後のデザートのみ。
 

大阪いずみ市民生協の機関誌「いずみ」で紹介されました

2019063001.jpg
2019年3月24日に行った大阪いずみ市民生協での講演(この講演)のダイジェストやお悩み相談が、4ページにわたって機関誌「いずみ」で紹介されました。

大阪いずみ市民生協のサイトでも紹介されていて、ユックリ読めます。
機関誌のサイトはコチラです

 

大分県中津市で講演しました

2019062901.jpg
九州の中では一番講演回数が多いのが大分県。今回が大分県内7回目の講演でした(それでも、まだ行ってない市町村が11箇所)。

ありがたいことに、大分県での講演は(というか九州全般)ハズレがない。全会場でワッと持ち上がる。シラケた空気がない。来たからには楽しんでやる!という気持ちが伝わってきます。今日もそんな講演会になりました。

中津市といえば、会場の小幡記念図書館からも近い中津城。築城は大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛。その黒田官兵衛屋敷は、伏見城を挟んで我が家と反対側。普段のランニングコースから100メートルほど離れたところに存在したのではないか?という碑が立っていることから話に入りました。僕の前の、市長さんの挨拶の中で、同じく中津ゆかりの有名人である福沢諭吉が登場したので、カブらなくてよかったです。

会場はほぼ満席。男性率も一般市民向け講演の中ではなかなかの高さ。ステージから近いところは昭和前中期世代。遠いところは昭和後期から平成世代。そして僕の真っ正面最前列に、市長さん、副市長さん、教育長さん、参与さんというお偉方。この4人がまたノリノリで聞いて下さり、話している僕にも力を下さいました。

そのノリノリに乗せられて、用意してなかったシミ抜きの話をすると、やっぱり時間が窮屈に。さらに、思った以上にペアワークのセッションが盛り上がり、皆さん話が止まらない状態に。そのワイワイが落ち着くまでに時間がかかったのもあったのかも。今日ははじめから「質疑応答なし」しかも「急遽の変更も不可」という進行だったので、90分をフルに使う講演になりました。やっぱり時間に余裕をもたせて、質疑応答の時間を楽しみたいというのが本音ではありますが、こればっかりは致し方ございません。主催者には主催者の事情があるのでしょう。

会場を後にする参加者を見送りながら、「アッという間の90分だった」「男女共同参画でこんなに楽しい話が聞けるとは」など声をかけてもらえアリガタヤアリガタヤでした。

2019071002.jpg
 
2019071003.jpg
 
2019071001.jpg
講演の画像を中津市が送って下さったので、こちらにも一部転載しました。

 

日経プラス1(2019年6月8日)

2019061601.jpg
2019年6月8日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は、↓
「素足が気持ちいい」 梅雨どきも快適な床掃除のコツ
で読めます。

前回はゴミの処理。とくにプラゴミの処理がメイン。今回は掃除で、それも床掃除に限った記事。ここ数回、ピンポイントな家事記事が目立っています。

床拭きロボットは、この記事がでる直前に写真のブラーバ380jの次のモデルブラーバ390jが発売になりました。といっても、基本性能は同じで、付属のクロスの枚数が増えたのと、床用洗剤への対応ができるようになっただけ。

記事にも書いたとおり、床用洗剤は使った後の拭き取りが重要。洗剤が汚れを落とす一番の要素は界面活性剤。固体・液体・気体の境目である界面での作用を活発化させる洗剤。汚れ落としの界面活性剤は離れる作用を活性化させ、リンスなど付着する界面活性剤はくっ付く作用を活性化させる。離れる作用を使って汚れを落とすその成分は、汚れと界面活性剤を拭き切れてこその効果。せっかく汚れを床から離しても、それを完全に拭き取れないと、汚れはそこに残ったまま。

加えて、界面活性剤自体が残っていると、その性質上ベタベタ感はむしろ増します。洗濯洗剤が手に付くとベタベタするのを思い出すと分かりやすいと思います。ベタベタはホコリやゴミを逆にくっ付けてしまいます。足裏のベタベタ感は倍増します。

床用洗剤を使う時は濃すぎない程度で、汚れが離れるギリギリの薄さを追求して使ってもらえれば…と思います。

IMG_1990.jpg
床掃除。昭和初期はこのようにアルミサッシなど存在せず、ホウキで縁側からサッサと掃き出せたのです。ゴミは食べカスや紙や綿の糸くず。天然素材がほとんどで、食品添加物や化学繊維や化学物質が珍しい時代。掃き出したゴミは鳥や虫のエサになったり、いわゆる自然に返ったはずです。

令和の今、各家庭がマンションの高層階から、文字通り「掃き出し」たりなどしたらタイヘンなコトになりそうです。文明は、生活や人生の苦痛から人を解放するモノのはずですが、掃除文明は解放に向かっているのでしょうか?前回のプラゴミ処理と合わせて、フトそんなことを考えました。
 

 

連載「シニアの楽家事」3回 冷蔵庫の買い替え

2019061401.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2018年11月10日に掲載された、東京新聞の連載「スーパー主夫 楽家事 130回」で「冷蔵庫が不調。そろそろ買い換えか?」と触れた冷蔵庫がとうとう機能停止寸前になり、買い替えました。

決して安い買い物ではなく「エイヤ!」という勢いで買った冷蔵庫でしたが、14年前の冷蔵庫とはずいぶん機能が改善されていました…というお話し。省エネもそうなんでしょうけど、それ以上に驚いたのが、野菜の新鮮さのもち具合。格段に長持ちするんです。キャベツ一玉買ってきても、なかなか食べきれない家庭にはピッタリだと思います。半玉や1/4玉のキャベツを買うのも一つですが、長持ちするのなら、特売日に一玉買っても使い切れるかも。

ところで、この記事の2段目後半にある「(買った冷蔵庫は)型落ちの特売品でした。」という部分。メーカーは「売り切るので『型落ち』は存在しない」との弁明だったそうです。この辺りの認識のズレはオモシロいと思います。型落ちが存在しないのであれば、僕が買った、現行カタログに載っていない冷蔵庫はいったいなんだったのか?中古品?全機種が売り切れないと次の機種は登場しないのか?製造業界と流通業界で働いていた僕からみても、なかなか興味深い、メーカーの言い分でした。

 

佐賀市男女共同参画情報誌で紹介されました

佐賀市男女共同参画情報誌「ぱすぽーと41号」 (2019春)
PDFデータ
で、
昨年2018年11月11日の佐賀市での講演とワークショップの様子(この時)が紹介されました。

半年以上前のことだったにも関わらず、タイヘンだった準備を鮮明に思い出しました。

ワークショップは準備はタイヘンだけど、その分、収穫も多いです。なにしろいろんな人の生の声が聞けます。もちろん、みんなに話しても良いようなコトしか共有はできませんが、それでもいろんな家庭やいろんな家事を知ることができます。

それに加えて、話には出せなかった深い部分(人には言いにくいような事情)もあるコトを想像すると、やっぱり家事シェアのワークショップは回数重ねて、家族との話し合い方のスタイルをいくつか提案できるようにしたいなと思いました。


 

連合和歌山で講演しました

2019060101.jpg
去年(この日)に続き、連合和歌山の男女平等月間学習会で講演しました。

今回は、片付け収納整理整頓について。会場はルミエール華月殿という結婚式場。縦に長い部屋だったので、まだマシでしたが、横に広い部屋だと、気分はディナーショーです。

去年一昨年のJAM大阪での講演、去年の連合和歌山での講演となんどもお会いしている連合和歌山執行委員で女性委員会の委員長さんから、直々の「6月1日にお願いします」という電話一本で決まった今回の講演。どうやら、会議で「誰を呼ぼうか?」という会議の席から電話しているような雰囲気。今回、確認したらやっぱりそうだったとのこと。気軽に呼んでもらえて、本当にうれしいしありがたいです。

という具合で、何度も顔を合わせているスタッフの皆さんなので、そちらの面では心配はなかったのですが、内容面では少々準備に手こずりました。片付けや整理整頓や収納は、これまで軽くしか講演では取り上げたことがなく、それ単独で講演する機会がありませんでした。そんなわけで、今回、はじめて160分の持ち時間をこのテーマ中心に構成しました。

PTA繋がりで最近大々的に片付けを成功させたお宅を取材させてもらったり、これから大々的に片付けに取り組みお宅を訪問したり、ネタ集めとネタ整理、ワークの構成など、一から構成を考え、「たぶんこれでいけるはず!」「…とはいえ大丈夫かな?」と暗中模索で講演スタート。

前半はワーク中心の振り返り。
中盤は散らかる構造と実例紹介。
後半は対策のヒント紹介。

片付けは、本当は各家庭を訪問して、家族の事情や生活様式、家の間取りや物の多さなどを加味しながら、自分たちで動きながら作り上げてこそ意味がある(継続的に片付いた状態を維持できる)ので、講演会場で聞いているだけではなんにも変わりません。そんな限界があるとはいえ、「そうだったのか!」となれば家に帰ってから一つでも二つでも片付くはず。「そうだったのか!」を届けるべくで、きるだけワークの合間にウロウロ歩き一人一人に対応することに。

そこで感じたのは、おしなべて男性参加者が片付けというか家の様子について、よく分かっていなかったり、この先、自分ではどうしようもできないような雰囲気であるという点。炊事、洗濯、掃除、子育てについては、家事シェアや共家事が少しずつでも進んでいても、片付けや収納、整理整頓については、主体的になかなか参加できていないのではないか?と思いました。

自分の部屋や自分のコーナー、ガレージなどについては主導的にいじれても、リビングやキッチンの物品管理や収納に間しては、ほぼノータッチあるいは無関心のようでした。アンタッチャブル領域です。ましてや、まだ親元から働きに出ている人なら、そのイニシアチブはほぼゼロでしょう。

これは工場に置き換えると、現場の製造業務は担当できても、機械の配置や導入、人員配置など、生産管理の部分にタッチできていないのと同じかもしれません。働く現場では「4S(整理、整頓、清掃、清潔)」「5S(4S+しつけ)」と言われるけど、家庭での「4S」「5S」にも「QCサークル活動」のようなものがあると、家族の集合知が活かせるはずです。少人数組織の場合、全員がすべてをカバーできる方が効率的です。是非、男性のもっている視点やアイデアを家庭にも活かして欲しいと思います。

連合和歌山の講演は、講演後の懇親会がセット。製造や流通、金融など、いろんな業界の人が集まる楽しい宴会でした。
 

小規模組織は全員がマルチプレイヤー

昨日、NHK「サラメシ」を見ていたら(この放送回)、
埼玉県和光市の「巻きチョコ」製造会社
(たぶん「チョコレートショップたちばな」だと思います)
が紹介されていました。

働く人の大半が子育て中のママさん達。
そして、オモシロイのが仕事のローテーション。

全員が各工程の持ち場を
1時間毎にグルグル交替するシステム。


子育て中のスタッフが多いとと、
どうしても子どもが病気したとか行事だとかで、
抜けるスタッフが出てくるわけです。

そこで誰が抜けても埋め合わせができるように、
全員が全工程の持ち場を担当できるように、
グルグルと回るシステムになっていると紹介されていました。

これはイイ!

例えば、家庭で、
お父さんは洗濯と掃除、
お母さんは料理
のように完全に分担しているとします。

お父さんが出張したら、洗濯は誰もできない
お母さんが残業したら、料理は誰もできない

これではタイヘン。

多くの家では、こんなことにならないように、
たいていお母さんが全家事をカバーできることを前提にしています。
こうなると、お母さんはお父さんの都合で残業できたりできなかったり。

核家族化がすすみ、家庭内で家事できる人の数は、もともと減っているのに、
未だに一人しか全家事をカバーできていないのは問題。

「チョコレートショップたちばな」のように、
複数の人が全工程を担当していると、
一人になにかあっても、他の人がカバーできます。
せっかく複数の人がいるのなら、全員が全家事をカバーできるようにしておくと、
危機管理になります。柔軟に対応できます。

小さい組織ほど、全員がカバーできることが強みになります。
誰かがいっときでも、欠けないことを前提にするというのは、
とくに小規模組織の場合、無理がきます。

家庭でも、
全員参加の全家事カバーが安定するし、
なにかあっても大丈夫という安心にもつながります。
安心があればこそ、ココロのゆとりももてるというモノです。


 

日経プラス1(2019年5月11日)

2019052001.jpg
2019年5月11日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は、↓
ゴミの山に埋もれぬ一手間 プラ素材は切り刻む
です。

忙しい時に、料理を安く簡単に済ませようとすると、弁当を買ってきたり、お惣菜を買ってきたりします。とりあえず空腹は満たせますが、それが数日続くと、アッという間にゴミの山ができます。

とくに問題なのはプラゴミ。たいていの地域は、プラゴミ回収は週に一回。その回収日までは、家のどこかで保管することに。行き場を失ったゴミ袋で玄関が占領されている家にお邪魔したこともあります。ゴミ屋敷のいくつかは、ちょっとしたゴミの出し忘れから始まっています。

今の便利な生活は、大量のゴミを生み出すことで成り立っている側面があります。いかにゴミと付き合っていくか?は、現代の生活において、欠かすことのできない視点です。

とはいえ、家事の情報発信者の多くは、あまりゴミについて語りません。一つには、テレビや雑誌で紹介しようにも、画面があんまりキレイでない点があげられます。また、ゴミを出さない方に焦点が偏りがちで、ゴミを大量に出さざるを得ない生活は「ダメな生活」と断罪するかのような立場の人までいます。捨てるモノに、いちいち講釈を垂れても仕方がないという人もいます。断捨離や手放すまでは興味があっても、実際にいかに捨てるか?についてまで書く人はほとんどいません。

エコもゴミ減量も実践している人は素晴らしいと思います。でも、そこまで余裕のない人は、大勢います。経済的にシンド人ほど、ファストフードやコンビニで食事を済ませがちです。格差が固定化しつつある現代、そんなゴミ大量発生生活から抜け出したくても抜け出せない人も大勢います。

今回の記事は、そう広くもない家で、ドンと大きなゴミ袋が居座っているのを、少しでもコンパクトにするアイデアです。大量のゴミが出ても困らないようなお屋敷住まいの人に向けた記事ではございません。日経新聞の読者にそんな層の人がいるのか?と聞かれたら、なんとも答えようがありません。ですが、ゴミの処理で困った人がいれば、助ける立場にいる人は大勢いるのではないか?と思います。「次はゴミの捨て方で」と企画を提案した時に、「それでいきましょう」とGOサインが出たのは、きっとそういうことではないかと思います。

できれば地域のゴミ問題などについても言及したいのですが、それはまた別の機会に。