FC2ブログ

カテゴリ:日経プラス1 の記事一覧

日経プラス1(2020年4月18日)

2020043001.jpg
2020年2月8日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は↓
弁当を見栄えよく 詰める位置固定、一品料理もお薦め
で読めます。

コロナウイルスの影響で、学校や職場が休みになり、弁当を持っていく機会は減っているかもしれません。ですが、家庭での昼ご飯を朝、弁当箱に詰めておけば、お昼は家族に自由に食べてもらえることができ、その分、自分のペースで過ごすことができます。

学校や職場が再開した時の、弁当作りの勘も落ちずにすみます。

日経プラス1(2020年2月8日)

2020022201.jpg
2020年2月8日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は↓
もう悩まない今日の献立 日付で固定、好物リスト作成
で読めます。

今知ったのですが、Yahoo!ニュースにも転載されていたんですね。
もう悩まない今日の献立 日付で固定、好物リスト作成

この内容は、講演でもたいてい話しています。手元に配ったメニューに、「はじめての家事には何がオススメ?」「最強の洗剤はアレ!」など7~10項目用意して、「3番」「5番が聞きたい」「9番お願いします」などのリクエストをもらって話しています。用意したのを全部しゃべれる時もあるし、リクエストをもらった方とやり取りをしているウチに時間が無くなって3項目くらいしか話せないこともあります。

このメニューのマンネリ化対策は、「なんで散らかるの?」と同じくらいリクエストの多い内容です。

講演では「マンネリ上等!」「マンネリは文化だ!」と言ってますが、さすがに日経の紙面に載ることはありませんでした。とはいえ、マンネリがダメだというのは思い込み。むしろ歴史上、ほぼどの時代もどの地域もマンネリ料理です。それほど多様な植生があり、動物や魚が豊富に捕れるという環境は珍しかったはずです。栄養が偏ると…という議論もありますが、偏るもなにも、植生が偏っている以上、保存や輸送が難しい時代はマンネリ料理だったのです。

Yahoo!ニュースのコメントに出ていましたが、毎日料理をしている人の多くが直面する問題。それは「自分の食べたい物が見当たらない」ということです。普段、家族に「なに食べたい?」と聞いてばかりいると、自分から「アレ食べたい」「アレ作ってみたい」が出てきにくくなります。自分の好みを踏まえたうえで、家族にも「なに食べたい?」と聞いてみて、「なんでもイイ」と言うのなら、「じゃぁ、自分の好きなアレを!」とすると、とりあえず料理に対しても前向きになれると思います。
 

日経プラス1(2019年11月16日)

2019112501.jpg
2019年11月16日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は↓
窓掃除するなら11月の曇りの日 スクイージー活用
で読めます。

今回は、もともと入稿した原稿はかなり長いものでした。だいぶんカットしてこの紙面になりました。そのカットされた部分は、家事の理屈部分。断片的なハウツー記事が載りがちだけど、実は、ちゃんとその基盤となる理屈も触れてはいます。ただ、そういう根幹に関わる部分は、たいてい「難しい」「わかりにくい」とカットされがちです。

今回の場合は、ちょっと本筋からはずれるかな?という内容ではあったけど、家事の限定性と普遍性を考えるのに、とてもわかりやすい例だと思って原稿にはしたのですが…やっぱりカットされたので、ここに残しておきます。

--
濡れ新聞紙でキレイになる?

窓拭きといえば、お祖母ちゃんの知恵袋的な情報として、濡れ新聞紙で窓拭きというのがある。実は、今は濡れ新聞紙で窓をこすっても、せいぜい物理的な摩擦による汚れ剥がし程度の効果しかない。
 
昔、窓拭きに新聞紙を使った背景には、1.木枠の窓に洗剤や水をザブザブかけると、隙間から水が入ったりするから。2.昔の布は強くこすると繊維がちぎれやすく、糸くずになって窓に付着するから。3.昔の新聞インクは石油由来成分だったから、洗剤と同じく油分で汚れを落とせたという背景から。つまり、窓拭きに濡れ新聞紙を使うというのは、当時の知恵と工夫の産物だったのだ。今は、1.はアルミサッシになり、2.は化学繊維が登場し、3.はインクの成分が植物由来のものに変わり、濡れ新聞紙が窓拭きに最適とは言えなくなった。今は、便利な窓拭き用のウェットシートも登場している。濡れ新聞紙よりも効率的に掃除できるだろう。
--

昔の家事には昔なりの事情があり、その事情の中で選ばれた結果のこと。その事情(環境)が変化しているにも関わらず、昔ながらの家事をしている人が多いのは、家事を「○○は◎◎で拭く」「◆◆は□□で洗う」というように教わったから。

なぜ◎◎で拭くのか?(根拠)
□□で洗うようになった経緯は?(歴史性)
世界中で◎◎が使われているのか?(地域性)
まで掘り下げると、事情や環境の変化にも対応しやすいはずです。

また、○○→◎◎、◆◆→□□と丸覚えするから、応用が利かないのです。◎◎がない時はどうする?□□が使えない時はどうする?停電や断水は、意外と簡単に起こるというのは、昨今の自然災害でも明らかでしょう。

こういう家事の根幹に関わる情報を流したいなぁと思って、いろいろトライはしてみるものの、なかなか届きません。残念です。
 

日経プラス1(2019年9月21日)

2019101201.jpg
2019年9月21日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は↓
台所の油汚れ、落とすなら今 裏技で年末大掃除いらず
で読めます。

今回の内容は、講演では毎回のように扱っている内容です。特別な洗剤を買わなくても、また「○○専用」の洗剤を使わなくても、強力なモノが一つあれば十分使い回せます。

ところで、この食洗機用洗剤での換気扇掃除。
なかなかテレビでは紹介させてもらえません。

理由は4つあります。

まず洗剤の目的外使用。
アレもコレも食洗機洗剤で汚れが落ちるとなると、「○○専用」の洗剤を作っているメーカーはあんまり気分のいいモノではないでしょう。

二つ目は、手荒れの恐れがあること。
食洗機での洗浄を思い出して欲しいのです。食洗機の中では、洗剤の溶けたお湯を吹き付けているだけで、汚れが落ちます。こすっていません。つまり、それだけ強力な洗剤だということです。

そして、そんな強力な洗剤が普通に売られているのは、食洗機という人の手が直接触れない密閉された場所での使用に限られているからです。一般に売られている台所洗剤は、手荒れしにくいように、薄められています。食洗機洗剤は、肌の弱い人だと、短時間の使用でも皮膚が赤く反応することがあります。圧手の手袋着用は必須です。

三つ目は、洗剤にもよりますが、刺激j臭がする場合があること。
強力な洗剤とはいえ、密閉室で使うようにできた洗剤。溶ける時に、ツンとする刺激臭が含まれるとしても、臭いが外に漏れにくい空間で使うなら問題のないこと。ところが、オープンなシンクでの作業で食洗機洗剤を使うとなると、やはり臭いに敏感な人は、マスクをしたり、洗濯ピンで鼻を摘まんでおくなど、それなりの対策が必要です。

そして四つ目は、熱湯の使用です。
食洗機庫内で使うのと同じように、高温のお湯で使うことで洗浄力をフルに発揮してくれるのが、食洗機洗剤。熱湯を使うので、火傷には十分気を付けないといけません。

このような理由から、この食洗機洗剤で換気扇掃除をテレビで紹介しようとすると、注意テロップだらけになり、一つ間違うと放送事故扱いになってしまいます。

もう一つ、重要な注意点があります。
換気扇のフィルターやシロッコファンの中には、フッ素コーティングしているものがあります。食洗機洗剤の強力なアルカリ成分は、そのフッ素コーティングを剥がすくらい強力です。一回程度の食洗機洗剤の使用では剥がれませんが、2回3回と繰り返し使うと、コーティングがポロポロと剥がれます。どうしてもフッ素コーティングを残したい人にはオススメできません。

実際のところ、フッ素コーティングがどの程度機能しているかについては、確かなデータをもっていません。あくまでも主観ですが、コーティングの有無と汚れの付着や落ち具合に大差が無いように感じています。

以上のような、点を踏まえたうえで、試して頂けるとありがたいです。

 

日経プラス1(2019年7月27日)

2019080401.jpg
2019年7月27日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は↓
水と油を混ぜてみよう 夏の自由研究は家事をテーマに
で読めます。

この記事は、いつかどこかで出したい!と思っていた内容でした。家事の科学的(とくに化学)な理屈を書きたかったんです。

僕が苦手な切り口に「◎◎には☆☆が効く」というのがあります。

例えば、「窓拭きには濡れ新聞紙が効く」。
こういう記事があること自体は否定しませんが、
なぜキレイになるのか?
まで深掘りすると、
実は今ではあんまり有効ではない方法ということになります。

「新聞のインク成分が…」と書いている記事もありますが、
それは石油系のインクを使っていた時代の効果。
一般的な洗剤も石油由来なので、そりゃキレイになるのはわかります。

が、今は石油系のインクは使われていません。
単なる印刷紙を濡らして擦っているだけです。
濡れたモノで物理的に擦って汚れを落としているのなら、
ウェットティッシュでイイんです。
ホームセンターやスーパーに行くと、
窓拭き用の厚手のウェットティッシュが売られています。

「では、なんで窓拭きに新聞紙を使ったのか?」は、
東京新聞の連載で書かせてもらいました。(この記事
木製の窓枠だと、水でジャブジャブ洗えなかったという
素材的な背景があるからです。

そういった家事知識を
「昔からそういうモノ!」「こうするように教わった」
というだけで、「なぜ?」まで深めず広げるのは、
家事を薄っぺらいモノに貶めている行為だと思います。

「AにはBで」「XにはZで」というように、一つ一つ対処するのではなく、
「酸性の汚れにはアルカリで、アルカリ性の汚れには酸でキレイにする」
と大きくまとめれば、覚えることは少なくてすみます。
あとは、個々に当てはめるだけです。
 
2019080402.jpg
さてさて、今回の写真です。
 
2019080403.jpg
「洗剤のpHを調べる」で使った洗剤の正体です。商品名を出せない関係上、商品によっては、同じ台所洗剤でもpH度が違うことがあると思います。あくまでも写っている洗剤のpHをこの記事に使いました。
 
2019080404.jpg
「トレーサビリティー」でお話しを伺ったのは、京都市山科区にある「うつみ農園(Webサイト)」さんです(Facebookはこちら)。

気軽に取材に応じてもらえ、写真も快諾してもらえたのに、文字はバッサリ。もう少し記事分量の量も増やしたかったのですが…距離的に近いので、近いうちに農園もおじゃましようと思ってます。

新聞の写真では下の方がカットされてわかりにくくなっていましたが、実は、左手をヤケドしていて、その炎症止めのサポーターが写り込んでいます。もとの写真はこんな感じです。

 

日経プラス1(2019年6月8日)

2019061601.jpg
2019年6月8日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は、↓
「素足が気持ちいい」 梅雨どきも快適な床掃除のコツ
で読めます。

前回はゴミの処理。とくにプラゴミの処理がメイン。今回は掃除で、それも床掃除に限った記事。ここ数回、ピンポイントな家事記事が目立っています。

床拭きロボットは、この記事がでる直前に写真のブラーバ380jの次のモデルブラーバ390jが発売になりました。といっても、基本性能は同じで、付属のクロスの枚数が増えたのと、床用洗剤への対応ができるようになっただけ。

記事にも書いたとおり、床用洗剤は使った後の拭き取りが重要。洗剤が汚れを落とす一番の要素は界面活性剤。固体・液体・気体の境目である界面での作用を活発化させる洗剤。汚れ落としの界面活性剤は離れる作用を活性化させ、リンスなど付着する界面活性剤はくっ付く作用を活性化させる。離れる作用を使って汚れを落とすその成分は、汚れと界面活性剤を拭き切れてこその効果。せっかく汚れを床から離しても、それを完全に拭き取れないと、汚れはそこに残ったまま。

加えて、界面活性剤自体が残っていると、その性質上ベタベタ感はむしろ増します。洗濯洗剤が手に付くとベタベタするのを思い出すと分かりやすいと思います。ベタベタはホコリやゴミを逆にくっ付けてしまいます。足裏のベタベタ感は倍増します。

床用洗剤を使う時は濃すぎない程度で、汚れが離れるギリギリの薄さを追求して使ってもらえれば…と思います。

IMG_1990.jpg
床掃除。昭和初期はこのようにアルミサッシなど存在せず、ホウキで縁側からサッサと掃き出せたのです。ゴミは食べカスや紙や綿の糸くず。天然素材がほとんどで、食品添加物や化学繊維や化学物質が珍しい時代。掃き出したゴミは鳥や虫のエサになったり、いわゆる自然に返ったはずです。

令和の今、各家庭がマンションの高層階から、文字通り「掃き出し」たりなどしたらタイヘンなコトになりそうです。文明は、生活や人生の苦痛から人を解放するモノのはずですが、掃除文明は解放に向かっているのでしょうか?前回のプラゴミ処理と合わせて、フトそんなことを考えました。
 

 

日経プラス1(2019年5月11日)

2019052001.jpg
2019年5月11日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は、↓
ゴミの山に埋もれぬ一手間 プラ素材は切り刻む
です。

忙しい時に、料理を安く簡単に済ませようとすると、弁当を買ってきたり、お惣菜を買ってきたりします。とりあえず空腹は満たせますが、それが数日続くと、アッという間にゴミの山ができます。

とくに問題なのはプラゴミ。たいていの地域は、プラゴミ回収は週に一回。その回収日までは、家のどこかで保管することに。行き場を失ったゴミ袋で玄関が占領されている家にお邪魔したこともあります。ゴミ屋敷のいくつかは、ちょっとしたゴミの出し忘れから始まっています。

今の便利な生活は、大量のゴミを生み出すことで成り立っている側面があります。いかにゴミと付き合っていくか?は、現代の生活において、欠かすことのできない視点です。

とはいえ、家事の情報発信者の多くは、あまりゴミについて語りません。一つには、テレビや雑誌で紹介しようにも、画面があんまりキレイでない点があげられます。また、ゴミを出さない方に焦点が偏りがちで、ゴミを大量に出さざるを得ない生活は「ダメな生活」と断罪するかのような立場の人までいます。捨てるモノに、いちいち講釈を垂れても仕方がないという人もいます。断捨離や手放すまでは興味があっても、実際にいかに捨てるか?についてまで書く人はほとんどいません。

エコもゴミ減量も実践している人は素晴らしいと思います。でも、そこまで余裕のない人は、大勢います。経済的にシンド人ほど、ファストフードやコンビニで食事を済ませがちです。格差が固定化しつつある現代、そんなゴミ大量発生生活から抜け出したくても抜け出せない人も大勢います。

今回の記事は、そう広くもない家で、ドンと大きなゴミ袋が居座っているのを、少しでもコンパクトにするアイデアです。大量のゴミが出ても困らないようなお屋敷住まいの人に向けた記事ではございません。日経新聞の読者にそんな層の人がいるのか?と聞かれたら、なんとも答えようがありません。ですが、ゴミの処理で困った人がいれば、助ける立場にいる人は大勢いるのではないか?と思います。「次はゴミの捨て方で」と企画を提案した時に、「それでいきましょう」とGOサインが出たのは、きっとそういうことではないかと思います。

できれば地域のゴミ問題などについても言及したいのですが、それはまた別の機会に。

 

日経プラス1(2019年2月9日)

2019021101.jpg
2019年2月9日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は、一週間後に掲載される予定。

これまでもチョロッと顔は出ていましたが、今回は右上にジャジャンと登場しました。実は、当初もっと大きくしかも真ん中に出る予定でした。東京本社からカメラマンが来てくれて、我が家で撮影。紹介画像の6カットと、僕の姿を撮り、カメラマンは次の撮影現場へ。

その日の夜、気が付いてガックリ。講演や出演時に着るエプロン姿ではなく、本当の普段着で写ってしまったのでした。もう一回撮影に来てもらうわけにもいかず、結局、姿だけ自分で撮影。とは言っても、技術も機材もプロとは全然違うわけで、なかなか思ったようには撮れません。試行錯誤してなんとか、エプロン姿を撮影。右上の画像だけがエプロン姿のは、そのためです。

「オレ家事グッス」

これは、ブラウンハウスホールドとの仕事の時(この時)から使っている言葉です。これまで家事に関わってこなかった男性の中には、「使ってみたい」や「興味ある」道具に誘われるように家事をするようになる人がいます。実は、男性に限らず女性にもいます。ただし、女性の場合は、バージョンアップへの関心として道具への関心が高いのが現状(それまでに参入してますから)。

「使ってみたい」や「興味ある」は人それぞれ。今回は、僕の馴染みの家事道具のほんの一部を紹介しました。もっと派手なグッズを紹介することもできたし(例えば、ケルヒャーの高圧洗浄機)、もっと特異だったり専門的なグッズも使っていますが、世間一般に広く受け入れられる物に限定しました。


 

日経プラス1(2018年12月15日)

2018123002.jpg
2018年12月15日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事はこちら(日経プラス1サイト)。

これはだいぶん以前から言い続けている年末大掃除はもう止めよう!キャンペーンの一環です。

年末に大掃除をしても効果が見込めません。大掃除をしなくてイイような、中掃除や小掃除で乗り切れるようにシフトしようという話。その流れの中で、「ココだけ」のポイント掃除について書きました。

家族の共同作業など、ほとんどない現代。昭和中期までは農作業や家族経営の店の手伝いなど、家族が共同することはいくらでもありました。それらが無くなった今、敢えて家族で掃除をするのは、それなりの意味があるのでは?むしろ、年末くらい共同作業を設定しても良いのでは?という内容を最後に書きました。

記事で登場するのは娘と僕。原稿締め切り日の朝、大急ぎで撮影したのでした。窓で僕と娘が向かい合っている写真は、妻が撮りました。

日経プラス1の連載も、今回で5回目。やっとペースがつかめてきた気がします。
 

日経プラス1(2018年11月24日)

2018121201.jpg
2018年11月24日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事はこちら(日経プラス1サイト)。

「家事を撮る」は、料理分野ではかなり進んでいると思います。Instagramでも料理画像はあふれんばかりの情報量。それに比べて、掃除や洗濯はほぼ皆無。そもそも、掃除や洗濯、収納などの家事は、作り上げるものではなく、「あと始末」的な家事。インスタ映えなど縁遠いもの。

それでも、自分で家事を楽しむのに、撮るという作業はかなり効果的です。掃除のビフォー&アフターもそうですし、タイムラプスで片付いていく様子をコマ撮りしたり。子どもの成長と共に変化する子ども部屋を定点観測的に撮ったり。

誰かに見せるためのものではなく、自分で自分のために撮る。そもそも家事とは、自分で自分のためにする事(自事)が基本。どうしてもやりたくないのなら、やらなくていい方法を考えるか、やりたくなるような方法を考えるしかない。今どき、撮るなんて、とってもハードルの低い作業だ。この年末大掃除の機会に、試してみてはいかがでしょ?