FC2ブログ

カテゴリ:連載「シニアの楽家事」 の記事一覧

連載「シニアの楽家事」2回 買い物

2019051101.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)

今回は、「買い物」がテーマ。担当さん(ほぼ同世代女性)は、テーマが買い物と知り、「ドヤ!」的な「オレの買い物体験記」だったら…と懸念したそうですが、「あ、こういう視点なのね?」で安心されたようです。

3段落目の「普段料理をしない妻と娘」は、当初「普段家事をしない妻と娘」だったのを訂正しました。洗濯は放っておいたらやってます。掃除は掃除機が苦手なようですが、なんやかんやと片付けや収納はやって(る時があり)ます。料理だけは、そもそもの話、「包丁が苦手」だそうで、こりゃもう無理に料理して、スパッといかれてもナンですし、ご自分のできる範囲で十分サバイバルできるのが、今の日本です。今回の件で、「今の時代、『中食』で十分乗り切れる」と確信したようです。

日本は、配給制の社会ではなく、自由に買い物ができる社会(というコトになってます)。「自由に買い物」の解釈については、いろいろ含みがあるのは承知していますが、今回は触れません。自由に買い物ができるということは、一見、良いコトのように思えますが、買い物が自己責任であることでもあります。なにを買うか?も自己責任ですが、どこで買うか?どう買うか?も自己責任。その問題の一つが、高齢者が多数を占める社会を目前に、聞かれるようになった「買い物難民」という言葉。

山村ならいざ知らず、都会なら買い物する場所はいっぱいあるじゃない!と言われそうですが、実は、都会でも買い物難民の危機は直面しうる問題です。

例えば、記事で紹介したのは、「欲しい物が、欲しい量で売ってない」という問題。これも記事にも書きましたが、店が広すぎて入口から買い物カートを押してレジを通って、駐車場まで歩くだけで疲れてしまうということも起こりうる問題です。「近所にコストコしかない」という人は珍しいと思いますが、その人は、毎回の買い物でけっこうな体力を使っていると思います。「買い物なんて、出掛けずともAmazonフレッシュで買える」という人ならきっと問題はないのですが、いずれ一般的になるであろう「セルフレジ」や「無人レジ」「キャッシュレス会計」などが登場すると、浦島太郎状態になる人は少なくないはず。有人レジは人件費がかかるから、買い物袋と同じように、その分、割高になる可能性も十分考えられます。

買い物なんてカネさえあれば誰でもできる!は半分正しくて、半分間違いです。買い物さえできれば、どんな買い方でもイイのか?という質的なところまで踏み込むと、そう簡単ではないのです。

流通は、この先、トラックの無人運転などで、グッとハイテク化が進む領域だと思います。一方で、買い物難民が溢れ出す可能性もあるので、「サザエさん」に出てくる「三河屋さん」のような昭和スタイルの御用聞きが、再び脚光を浴びる可能性も十分あります。近所で買い物できる場所が1箇所しかない場合は、その店が休業したり廃業した場合も考えないといけません。これはライフライン確保の一つです。

自分が暮らす地域に、どういった買い物環境があるか?くらいは、その気になればいつでもできるはずです。

 

連載「シニアの楽家事」1回財産管理

2019041301.jpg
2019年4月13日から毎月第2土曜日に東京新聞・中日新聞・北陸中日新聞で「シニアの楽家事」という新しい連載がスタートしました。

東京新聞では「スーパー主夫楽家事」から引き続いての連載。中日新聞では、2017年3月以来の連載再スタート。そして北陸中日新聞でははじめての連載になりました。

編集部から「シニアの楽家事」というタイトルで連載を書いて欲しいと連絡があり、その時「僕ももうシニア世代に近いんだなぁ」と気付きました。まだまだシニアには遠いと思っていたのですが、周囲にはそろそろシニアが迫ってきた現実を感じます。早期退職をする人もいるし、介護で思ったように仕事ができない人もいます。老後の生活もボチボチ考えないと…という焦りのようなモノも感じています。

こういった実感も込めながら、僕の体験や提案、問題提起などを、シニアの方のインタビューをもとに記事にしようと思っています。この連載は読者に届けるだけでなく、自分のためにもなるような気がします。これまでの「スーパー主夫楽家事」連載のように、「こうすれば楽ですよ!」「こういうのはどうでしょ?」という内容以外に、「どうしたらイイんでしょうね?」というスタンスもありだと思っています。

僕は51歳で、両親は健在。義父が昨年7月に亡くなり、その事務手続きで義母が訪ねてきたのでした。もうすぐ、あれから一年になりますが、残った物はなかなか片付かないそうです。なにしろ、義母もここ数年でガクッと体力が落ちた感じ。その状態で、自分の生活も成り立たせたうえで片付けもしないといけないというのは、なかなかタイヘンだろうと思います。どうするか?は義母の考え優先ですが、自分の身になった時のことを考えると、「早めに整理しとかないとな…」です。

「スーパー主夫楽家事」は連載が7年7ヶ月続きました。「シニアの楽家事」はどこまで続くかわかりませんが、この先、月一回の連載が元気に続けられるよう、体調に気を付けながら、好奇心のアンテナを目一杯はっていこうと思っています。