FC2ブログ

梅雨入りの前に(2007年5月16日掲載分)

傘干したら撥水スプレー
汚れ防止にも効果大

先日、突然の春の嵐が吹き荒れました。久しぶりに傘をさした感じでした。

雨があがった後、傘を干し、たたんで傘立てにさしておくのが普段の片付けだと思います。ですが、この梅雨に入る前の時期に是非お勧めしたい傘の手入れがあります。それは、干すだけではなく撥水スプレーを振り付けておくことです。

傘は生地だけでも、雨が身体に当たるのを防いでくれますが、スプレーを一振りかけた方が、よりその効果があがります。靴やコート、リュックサックなどには撥水スプレーしても、傘へは忘れてしまいがちです。半年に一回くらいはスプレーしてみてはどうでしょうか。

それに、水をはじく効果が無くなってくると、汚れが付きやすくなり、傘の骨と骨の間に黒い筋が入ったりします。傘をキレイに保つためにも、撥水スプレーは効果大なのです。

撥水スプレーは完全に乾かさないと効果が十分発揮されません。晴れ間の多いこの時期にこそ、是非おためし下さい。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する