FC2ブログ

はじめての料理(2007年5月30日掲載分)

失敗の少ない煮物がお勧め
スピード不要で味の修正も

先日、「男性も家事した方がイイですよ」という講演をした際、会場から「はじめて料理するとしたら何がお勧めですか?」という質問がありました。

僕は「煮物をお勧めします」と答えました。最初に失敗するとダメージが大きいので、なるべく失敗の少ないメニューを選ぶと良いからです。 基本的に、煮物料理には、炒め物や揚げ物のようなスピードが要求されません。本をみたり、話を聞きながらジックリ作れ、手順がおぼつかない人でも大丈夫です。

「煮物は難しい」というのは、かまどで火を調整しながら料理をしていた頃の名残。長時間、安定した火加減を保つ難しさから、煮物が料理の腕前のバロメーターになったのではないか?と考えます。今は、ガスや電気で簡単に火加減が調整できます。「味付けが難しい」という見方もあるようですが、煮物は、味付けの修正の余地があり、余程の失敗でない限り、たいてい挽回できます。

筑前煮、豚の角煮、ポトフ、鍋料理、丼モノなど、ダシと食材を変えるだけで一気にバリエーションが増えます。はじめての料理に是非どうぞ。

--
土曜日恒例の、来週分連載原稿を入稿した後で、フト気が付いたら、ブログに今月分が一本もアップされてなかった。一気にアップ。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する