fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

座って「小」(2007年7月4日掲載分)

2007/07/09
京都新聞連載 0
さまざまな用の足し方
場合に応じ柔軟に

最近、座って「小」をする男性が増えています。男性学生に聞くとどこでも数名はいますし、男児を育てるお母さんの中にも「そうさせている」という人が多数います。

座ってさせる理由の大半は「汚れ防止」です。確かに、滝つぼでしぶきをあげて注ぎ込まれた時に出るしぶきは、便器の中だけではなく周囲や壁面にまで飛びあがります。座ってすると、飛び散りは大幅に防げますし、その分掃除の手間も半減です。

中高年の男性からも「私も座ってしてます」という話を聞きます。聞くと「楽だから」でした。確かに僕も今年の三月、足痛に見舞われた時は、立って「小」をしようにも無理で、座って用を足しました。これというのもすべて洋式トイレだからこそできることです。和式トイレだと、座るのもタイヘンです。

「男子たるモノ立ってするべき!」「自分で掃除しない人が何を偉そうに!」というケンカをけしかけるつもりはありません。いろんな用の足し方ができると便利だということは間違いないと思います。その時に応じて柔軟にスタイルを変えればいいコトだと僕は思います。

--
この連載は朝刊に掲載されてるんですけど、「朝イチでトイレの話かいな!」というクレームが来るかと思ってましたが、意外とすんなり編集部でOKが出ました。

我が家に来たことがある人はたいてい「おおお!」と言うこのトイレ。フランスからの取材スタッフも同じく「ohoooo!」とゆーてました。人が近づくと自動的にふたが開き、終わった後は自動的にフタが閉まるこのトイレ。

最初は「意味あるのか?」と思ってたんですけど、ある学生が「開いたふたを下ろす時に便座に触らなアカンのがイヤ」と言っていたのを聞いて、そういうニーズに対応したモノだと知りました。ここまで潔癖症的な人のニーズはともかく、便座が上がったままの縁に腰掛けて、尻チャッポンして「チメタッ!」というのは無くなりました。

画像は、ホンマは「小便小僧」の写真を使いたかったんです。一番イイと思いません?京都新聞社内のデータベースも探してもらったのですが、残念ながらイイのが無くて断念しました。
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.