fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

「楽しみの種」を拾おう!

2008/01/31
僕の家事論 4
「楽しみの種」を拾おう!
ごく最近の講演で、使い始めました。

ズーッと気になっていたことがあります。

・なにをやっても楽しそうにする人
・なにをやってもつまらなそうにする人

いったい何が違うのか?
僕は「楽しみの種」を拾うかどうか?だと思います。

そこに落ちている楽しみの種に気付く。
拾って植えてみる。水をやり、情を注ぐ。
芽が出る。花が咲く。

楽しめる人は「種拾い」や「種育て」が上手。
他人がどんなに「オモシロくない」「つまらない」「苦手」「退屈」と言うものでも、
そこにある「楽しみの種」を見付け、育て、花を咲かせられる人。

誰かが植えて、キレイに咲かせた花を見る。
「わぁ〜キレイやなぁ」
これはこれでイイ。

でも、自分で植える。自分で育てる。
それを自分で経験する楽しみや、
例え、花が咲かなくても
「どんな花が咲くんやろか?」とワクワクした思いは無駄にならない。

このワクワクを楽しめる人は、なにをしても楽しみを見付けられる人。
結果はどうであれ、プロセスを楽しむことのできる人は、
きっと楽しみの点が線でつなげられる人。
失敗しても、原因の点まで戻れる人。

家事や子育ての楽しみは、やってみないとわからない。
「やらされる」「なんで僕が…」
そうやって思っているウチに、足下の種を踏みつぶしていることもあるはず。
種だけじゃなくて、勝手に生えてきた芽まで踏みつぶすことも。

「なんか落ちてないかな?」
そう思える人にだけ、楽しみの種は見付けることができる。
実際に「落ちてるのを拾ったら花が咲いたんです!」という人がいると、
「ホンマに楽しみの種は落ちてるんや!」と、
少しは信じてもらえるような気がします。

そのつもりで探せば、きっと見付かるはずです。
そして、結果だけじゃなくて、
プロセスのワクワク感に気付ければ、
きっと毎日が楽しくなります。

こんな思いを込めて「楽しみの種」を拾おう!を使っています。
関連記事

コメント(4)

There are no comments yet.

笛吹童子

わあ〜〜〜!!!!!!!!イケメンこと、イクメン (育Men!!)のアンチマッチョさん!!!!!
とってもステキな話をありがとうございました!!!!!v-20
心の中に一足早く、春がきたような、お花がパッと咲いたような気持になりました!!
私も、楽しみの種をひろおうっと!!!!!v-22

2008/02/01 (Fri) 09:17

山田亮

イクメンって

「育Men」…オモシロいです(∩_∩)ゞ
いやはや、楽しみの種ばっかりに気をとられて、
日時の勘違いが続いています。トホホ…

2008/02/01 (Fri) 16:21

モモ

同じ一生を過すのなら、泣くよりも笑って過ごす方が得ですもんね。
悲しみの種を拾うこともあるのですが・・・
小さな喜びをみつけることのできる人間でありたいと思います。

2008/02/01 (Fri) 21:42

山田亮

楽しみの種も、いつか花が散り枯れていきます。
でも、それはどんなものにも訪れるもの。
自分もいつか枯れて土に帰ります。
一瞬でも、咲いた花に出会えればラッキーですよね。
時として、咲いた花を風に吹き飛ばされたり、
心ない人に摘み取られたりしてしますが、
種自体に、僕は悲しみの要素は含まれないような気がするんです。
むしろ、育てる環境や見守る環境によって、
結果として悲しくなったりするのかな?と思います。
プロセス自体には悲しみはないかな?
「あ、しまった!これは植えるべき種じゃなかった!」と気付いた時に、
「といっても、抜いてしまうのも忍びないし…」という情が移っていると、
悲しいかもしれませんね。

2008/02/01 (Fri) 23:17