fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

男性の家事は被災地だからこそ大切

2011/10/08
僕の家事論 0
今年前半は例年以上に忙しかったのに、
秋以降の講演はポツンポツンと予定が入ってるだけ。

もう主夫が人前で
「男性も家事した方がエエで」
と講演する必要のない時代が来たか?
と、うれしさ半分、さびしさ半分。

聞くところによると、
今年は東日本大震災の影響で
各自治体で予定されていたいろんな種類の講演が、
危機管理や安全管理、メンタルサポート等の講演に変更されたようです。
今年後半の超ノンビリ状態も、それを聞いて納得。
そりゃ、男女共同参画よりも孤独死防止が優先されますよね。

そんな中、昨日だったか一昨日だったか、夕方のニュースで
被災地のパチンコ屋が、朝から男性達で大入りだと。
聞けば、「仕事はないし、家にいてもやることないし…」と。

仕事がないというのは、ホンマにさびし〜なるもんです。
預金残高がみるみる減っていくのは、
希望や復興と逆方向な気持ちになります。
僕も阪神淡路大震災がキッカケで仕事を失った一人なので、
その気持ちはよくわかります。
そんな寂しさや心細さを紛らしたい気持ちもよくわかります。

でも、決して儲かるもんじゃないのがパチンコ。
時間も金も失い、おまけに依存症にでもなってしもたら、
復興や再建はますます遠ざかります。

発想を変えてみることが必要です。
「仕事がないからやることがない」ではないのです。

生きてる限り、やることは身の回りにイッパイあります。
とりあえず、今日食べるもののことを考える。
今夜、寝るところのこと、
明日、着るもののこと、
親や子どものこと、近所のこと、学校のこと…
そういうのをひっくるめて「家事」といいますが、
家事は、毎日やることがあります。

そして、やればやっただけ結果がでます。
仕事探しはやってもなかなか見付からないかもしれません。
でも、鍋は磨いたら磨いた分だけキレイになります。
洗濯物は一つずつでもたためば確実に片付いていきます。
料理で失敗することがあるかもしれませんが、
確実に役立つ経験が身に付いていきます。

こんなに結果がわかりやすく、身になる「やること」、
家事以外では日常生活にはなかなかありません。

結果が見えるから、気持ちも晴れていきます。
気持ちが晴れていくから、
今やってる家事と、少し先の片付いた未来がつながります。
見通しが立つから、笑顔の時間も増えていきます。
笑顔が増えると…


シンドイ時こそ家事しましょう!


「男性も家事した方がエエですよ」というのは、
被災地のパチンコ屋のニュースを見てもわかるとおり、
まだまだ浸透してません。

男性も家事してみることは、
本当に小さなささやかな一歩ではあるけど、
間違いなく復興に向かう一歩です。
こんな一歩が積み重なって、道路や建物だけじゃなく
日々の暮らしや心の復興ができるんだと思います。
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.