fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

岡山県津山市で講演しました

2012/07/14
講演記録 0
IMG_1918
岡山県津山市で行われた「第66回美作地区婦人大会」で「きっと毎日が楽しくなる!心地いい家族のカタチ」を講演しました。

津山市での講演は、今回で4回目。西隣の真庭市や東隣の奈義町を入れると、6回目の講演。さすがに6回目になると、「前にも話を聞いたことがある」という人がポツリポツリと。今回も、「真庭市で講演聴きました」という方と再会。ウレシいですね。岡山県でもとくに今回講演した旧久米町は、こういう行事が盛んなのだそうです。帰りのタクシーの運転手さんが仰ってました。

津山市と言えば、最近ではB級グルメの「ホルモンうどん」が有名になりましたが、それ以上に地元では定着しているのでは?と思うのが、B'z(リンク先、音出ます)のボーカル稲葉浩志さんの故郷ということ。たいてい駅まで送ってくれる途中で、お母さんが経営している「イナバ化粧品店」の前を通ってくれたりします。

今回は、久米公民館という(イナバ化粧品店とは別方向の)今年の4月に建ったばかりの公民館での開催で、津山駅から乗ったタクシーの運転手さんも、「そんな建物あったんかな?」というコトで、地元の人に電話で確認して「あ〜あそこやったんな!工事しとったなぁ」というくらいの真っさら建物でした。

行きのバスが渋滞に巻き込まれ、会場に到着したのは講演時間の10分前。「まぁお茶でもどうぞ」と言われても、トイレに行ったり機材の確認したりでバッタバタ。会場では前の演目の今井勉さんが熱演中!

…というコトは、もしかして…。

案の定、プロジェクターの照射位置も決まってなくて、コンセントを見付けるところからの「イチから」セッティング。ひぃ〜〜オモロいやんかぁ!

楽器メーカー時代に数々のイベント裏方を経験し、講師になってからもいろんな会場に立ってきたお陰で「どんな状態でも電気と機材が届いてさえいればOK!」になりました。そして、動かなきゃ動かないで機転を利かすのもライブならではのオモシロさ!と思えるようになりました。

今回は、短時間で効率よくセッティングができ、プロジェクターのアイドリングに時間がかかった以外は、かなりスムーズ。5分以内でセットできたと思います。楽屋で最小限のチェックしてたのがヨカッタ。以前は、セッティングに焦って、そのまま話も焦って転けてしまったモンでした。

ただ、2日前の蒸し暑い夜に窓を開けっ放しにして寝たのが原因か、喉を痛めてしまい、後半で声がかすれてしまいました。チョット残念。

岡山県は反応がいいんです。関西と近いというのもありますが、上でも触れたようにイベント慣れしている感じがします。一緒に楽しむ、大きく反応すれば、講師ものってさらに話がオモシロくなる!というのを熟知している気がします。

質疑応答も次々とあってウレシかったです。「和子さんは今も家事がほとんどできないんでしょうか?」など、他では出ないユニークな質問も。なかなか講演の中では時間の都合上、「和子さんの家事能力は着実に上がってます!」という話にまで触れられないんですが、今回は質問のお陰で触れることができました。馴れ初めも話すキッカケになる質問も頂きました。

講演が終わって、楽屋ではパンフルートの今井さんとバンドの話で大盛り上がり。ディープパープルがツェッペリンがから「ラウドネスが...」という話になり、「B'zの稲葉さんが高校時代にラウドネスをコピーした映像がYOUTUBEに流れてて」...「あの演奏のギター弾いてる人が異常に上手で」するとこそに津山教育事務所のSさんが「稲葉とは同級生で、ギターを弾いてたMは今は〜で」という話になり、さらにそこから地元ならではのオモシロい裏話も飛び出しました。弁当タイムの楽屋もかなり盛り上がりました。

とっても残念なことに、津山市滞在時間が講演時間を入れてわずか3時間半。うち50分は市内での移動。なんとも忙しい今回の津山ツアーでした。でも、会場で「次はまた真庭に来て下さい」という話になったので、また津山と真庭に寄らせてもらえそうです。期待してます。
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.