fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

和歌山市役所で講演しました

2013/02/07
講演記録 0
2013020701.jpg
もともと決まっていた講師の先生が入院され、急遽代役でまわってきた今回の講演。急な話というのは、問い合わせから開催までの期間が短い分、勢いにノッてます。今回もダダダッと内容が決まり、スライドもパッと組み上がり、勢いにノッてました。急な依頼が苦手という講師の方もいるようですが、僕は集中できてむしろ楽しめました(今回だけかも?)。

最近、市役所や町役場へ出掛けることが多く、先日も兵庫県三田市で三田市男女共同参画推進委員会から市長さんへの答申というのも行いました(その模様はこちらに)。これまでにもいろんな市役所に行きましたが、本当にいろんな風土が垣間見られてオモシロイですね。

今日は、和歌山市役所の職員さん向けの男女共同参画研修での講演でした。若手からベテランまで、それもありとあらゆる部署から会場イッパイの参加者。今日は「男のライフリスクを考える」というタイトルで、未婚率や自殺率、父子世帯や介護などのリスク要素から、男女共同参画が女性だけではなく男性にとっても有益なものであることを話しました。

今回、和子さんがセミナーで仕入れてきたワークを盛り込んでみたところ、それで会場がイイ雰囲気になりました。普段から接していても、意外とわかっているようでわからない職員同士。職場の飲み会なんかも減ってきている昨今、改めてその人のもつ多様性や多面性、組織のメンバーの多様性に気付く機会になったのでは?と思います。そして、その多様性や多面性を活かすためにも、ワーク・ライフ・バランスという概念が有効であることが伝わればと盛り込んでみました。実は、僕はあんまりワークセッションを導入するのに慣れていないところがあって、今回、フィードバックを僕がやってしまいました(残り時間が気になったのもありましたが)。せっかくだったので会場に意見や感想を聞いてみた方がヨカッタと過ぎてから気付いてしまいました。やりっ放しみたいになってしまい、ちょっとザンネン。

そういえば、今日は「生活自立度チェック15」がかなり成績のいい会場でした。実際は、「オレってやれてるよな!」「なんでやねん!全部私がやり直してるヤン!」であったにせよ、家事ゼロ状態ではないということです。そういえば、今朝のNHKでも「“夫の家事参加”夫婦に意識の差が」と取り上げられていました。この意識の差をどうするかについては、また後日このブログで提案しようと思います。

久しぶりの講演でしたが、最後までイイ雰囲気の会場で楽しませてもらいました。この後、担当部署の職員さんと、和歌山ラーメンをご一緒し、巨大なシュークリームのお土産まで頂き、おまけに帰りの南海の特急は一番新しいタイプの「サザンプレミアム」!なんだかもう、こんなにオイシイことが繋がってエエの?というシアワセ気分でした。もしかしたら、行きの天下茶屋駅のエスカレーターの降り口で、ご婦人がスーツケースを倒して困っていたのをサポートしたのがヨカッタのかも。
 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.