fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

東京新聞連載 25回 物と自分とのバランス

2013/09/19
中日・東京新聞連載 0
2013年09月19日15時57分38秒
9月の連載分から12月までの4回分を、勝手に「手抜き家事概論編」と称して、まとめ的な内容でいこうと思っています。9月掲載分には、「その手抜きは本当に手抜きか?」という裏テーマがあって、「手抜き家事のためにかかる手間」や「手抜きグッズで散らかる」など、アホな…と思うけど、実際に起こっている手抜き問題について、バランスという点から書いてみました。

せっかく記事の画像をアップしていたのですが、画像サイズが縮小されて判読が難しくなっています。内容と若干の補足を加えると以下のようなことです。
--
最近、なぜだかよく皿やコップを割ります。割れた食器もそうだけど、片付けの時間もモッタイナイ。割る原因はたいてい横着なのですが、そんな自分にもガックリ。

割らない対策として、キッチンシンクに敷くシリコーン製のクッションがある。落下の衝撃が緩和されるので割れにくくはなると思うけど、このクッションを洗う手間は増える。割る確率と洗う頻度を天秤にかけると、手抜きという点からは果たして・・・

割れにくい食器で対応するのも一つ。高齢化とともに持ちやすい食器も少しずつ増えている。ランチプレートのような仕切りが付いた食器を使うことで食器を減らすことでゴチャゴチャを減らす=割れる確率を下げるというのもあり。

ただ、どんな対策をしても、雑に扱ったり整理整頓を怠ればやっぱり割れ物トラブルは起きる。どんな道具でも、気を付けて落ち着いて丁寧に扱えば壊れるトラブルは避けられるはず。つまり、物質的な対策ではなく、自分の扱いというソフトが伴わないと、抜本的な対策にはならない。

とはいっても、疲れていたり眠たい時もある。そんな時はどうしても注意力散漫になるし、当然割れ物トラブルも起きやすくなる。いつも丁寧にというのはハードルが高い。

このような、例えばハードとソフトというようなバランスもしかり、短期的な対策と長期的な対策など、ベストなバランスを見付けることに手抜き家事の難しさとオモシロさがある。他人の手抜き対策が自分には全然合わない場合もあります。それはこういったバランス事情も一つの要因です。
--
次回10月掲載の原稿を送っているので予告しますと、次回は「家事予防」についてです。
 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.