fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

大阪企業人権協議会Bブロック研修会で講師しました

2013/10/25
講演記録 0
2013102501.jpg
大阪府八尾市商工会議所で大阪企業人権協議会Bブロック研修会の講師をしました。「仕事も遊びも子育ても!スーパー主夫のワーク・ライフ・バランス提案」を講演しました。

人事・総務担当者の研修会だったので、昨晩のNHK「クローズアップ現代」で取り上げられていた「介護離職」にも触れました。実際、育児よりも介護の方が先が見えない分、負担感も大きいはずですし、企業(もっというと管理職世代)にとって大きな問題だと思います。わりと若い人の姿も見えたのですが、大半は僕よりも年上と思われる方々だったので、準備はアタリだったと思います。共働き率が全国46位の大阪府で「介護は嫁に任せる」「仕事でそれどころとチャウ!」という男性方にも、ちょっとは危機感が伝わったかと思います。

企業人権協議会の研修ということなので、それらしいことも盛り込もうと、他ではあまり使わない内容も用意しました。

「男のプライド」の「男」とは、どこかの誰かが作り上げた、その作った人にとって都合の良い偶像であり、それが必ずしも今の自分に合うとは限りません。むしろ合わない時の方が多いかもしれません。そんなモノにとらわれるよりも、そんな「決めつけ」から自由になり「己のプライド」を大事にする方が、周囲も自分も楽だし無理もないと思います。この「決めつけ」こそ人権侵害の一要因ではないかと。決めつけから自分が自由になる。周囲を自由にする。一人一人がこの感覚をもてれば、人権問題はいくらか解決できるのではないかと思います。というような話をしました。

その話のなかで、「世間体や見栄やメンツや沽券といったモノが気になるかもしれませんが…」という、その「沽券」のところを、

なんとまぁ…

「コカン」

と言い間違えてしまいました。

会場全体、どう反応してイイのやら…というなんともいえない空気が。はしっこで座っていた主催担当さんがククク…と小刻みに震えていたのは確認できました。普段、冗談で「男の沽券はどっちでもエエけど、コカンは大事にせんとなぁ」と話すことはありますが、えらい所でそれがポロッと出てしまいました。

2013102502.jpg

そんなポロリもありの講演でしたが、僕は最近まれにみる超ノリノリのトークでした。企業の担当者への研修で、会場がノリノリになることはなかなかないのですが、なぜか今日の僕はずいぶん調子よく講演してました。

なんでノリノリだったのか?と思い返すと…まずは土地柄では?と思います。長年住んでいた大阪市住吉区と八尾市はそう遠くなく、町の雰囲気もどことなく似た感じ。そして、なんといっても八尾市の担当さん達が明るく陽気で元気。控え室がなかったので会場での本番待ちだったのですが、その間も家事のコツやら収納の話など、なんやかんやと会話が弾み、その勢いのまま講演に入れた感じでした。なかなかあの会話の弾み具合や、投げて投げ返してな感じは、他ではない感じでした。駅との往復の車中も会場でも、ずっと楽しい雰囲気でした。先週の別府といい楽しいスタッフさんとの講演が続いてます。

今日は機材もまったく問題なく動作してくれました。会場はキレイだったし、プロジェクターもマイクの状態も調子よかったでした。機材の調子ごときで左右されたくないんだけど、やっぱり気になり始めると気になるモノなのです。今日はヨカッタ!

台風27号の影響でズッと雨模様でしたが、楽しくノリノリで講演させてもらいました。
 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.