fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

MBS「ちちんぷいぷい」でコメントが紹介されました

2014/03/13
メディア 0
2014031304.png
関西人なら誰でも知っているし、一度は見たことがあるであろう、MBS「ちちんぷいぷい」に今日、出演しました。

お昼過ぎに電話がかかってきて、「今日の番組の『今朝の食卓』についてコメントを頂きたい」でした。内容は、定年退職後の男性の家事について。
2014031301.jpg
家事はなにから始めたらいいのか?、料理の腕を上げるには?、「自分の立場は...」という女性へのアドバイスなど、20分ほど電話で話した内容が、意外とたくさん盛り込まれた内容でした。電話がかかってきたのが12時半過ぎ。電話取材が終わったのが13時20分頃(間に中断アリ)、そして番組で流れたのが15時。ほとんど生放送のようなライブ感溢れる展開でした。あまりの進行の速さに、周囲に告知する暇もほとんどありませんでした。

2014031303.jpg
最後に、「ちなみに…『半年もあれば立派な主夫に育つ』そうです」という僕のポロッと出した話を拾われた形で、コーナーの締めとして使われました。電話取材の中では、「3ヶ月くらいで十分の人もいますよ」という話をしたのですが、さすがに3ヶ月では短すぎるので半年になりました。「解説の石田さんを半年間で一人前の主夫にしよう!」という企画がきたらオモシロいやろなぁと思いながら見てました。

「ちちんぷいぷい」のサイトで各曜日の出演者を確認すると、これまでに共演している人達がたくさんいました。月曜日はたむらけんじさん、火曜日は女と男のお二人、水曜日は松井愛アナ、金曜日はハイヒールのお二人。そして今日の木曜日だけが誰も共演したことのないメンバーでした。昨日だったら、松井アナに「この前(2013年12月20日)、ラジオに来た人や!」だったかもしれません。

僕にとって「ちちんぷいぷい」は思い入れのある番組です。一番最初に、主夫としての僕を取りあげてくれたテレビ番組だからです(2000年8月25日「今どきの男の家事」)。そこから「こんな人がいる」と広まり、いろんな番組に出演したりコメントを出したりするようになりました。一度でも出ていてそれなりに役割を果たせていれば、他の番組でも安心して使えますが、海のモンとも山のモンともわからない人で、それも「主夫」という本当によく分からないキャラクターを使うのは、勇気のいることだったと思います。よくぞ、こんな僕を使ってくれはりました!

実は、オンエアーの時間を1時間間違えていて、「今日、出ます」と告知したFacebookに「見ましたよ」というコメントをもらって、はじめて間違いに気付いたのでした。オンエアーよりも20分遅れで「この話を使ったか!」「あ、あの顔写真を使わはったんやな」など、編集具合を楽しみました。
 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.