FC2ブログ

鳥取県岩美町で講演しました

2014110201.jpg
鳥取県岩美町で「人生いろいろ 夫婦もいろいろ」を講演しました。会場は、予定していた参加者人数を大きく超え、椅子を追加し続ける主催担当さん。画像の通りの大賑わい。ザッと見たところ僕の両親くらいの年代の方々が…

「人生いろいろ 夫婦もいろいろ」は、どちらかというと「男女共同参画はコレから!」という地域で、僕の結婚前後から経験したアレやコレやを通した男女共同参画を話すという、どっちかというと講義風の演題。そのつもりで用意していたのですが、ふと岩美町のホームページを見ると「ご家庭でお父さんに家事参加をしてほしいと思っている方はぜひご夫婦で参加ください」とあるではないですか。これは共家事ネタです。どちらかというと会場の皆さんに参加してもらう内容です。数日前に、内容を半分入れ替えました。

僕の講演の前に、主催団体のメンバーによる男女共同参画寸劇がありました。地域の懇親会があり、久々の飲み会で24時を越えて帰ってきた妻とそれをプンスカ怒って待っていた夫との会話。名演もあり、これが大ウケ。会場が温まったところで僕の登場となりました。

僕の中で「お!」と思ったのは、鳥取県の共家事データへの反応。思った以上にヨカッタです。幼児がいる共働き夫婦の家事時間調査の結果をもとに出したデータのいろいろですが、鳥取県の場合、(幼児がいる共働き世帯の)夫の家事育児時間は40分で全国38位(ちなみに1位は西隣の島根県で99分)、夫の分担率は12.1%で32位。その一方で、妻の家事育児時間は290分で短い方から11位。夫婦の家事育児時間格差は少ない方から16位番目。妻がもともとコンパクト家事化できているから、ちょっと夫が頑張ると、分担率もグンと上がり格差もズッと減る可能性をもっている鳥取県。このまま岩美町にあてはまるのかどうかはともかく、自分のいる県の事情は誰しも興味のあるところのようです。

講演後は、いつものように出口で参加者の皆さんに挨拶。今日は男性からもけっこう握手を求められました。町長さんは、「私にとっては耳の痛い話しかも…」とはじめの挨拶で仰りながらも、最後まで聞いて下さいました。主催団体の皆さんにもとっても好評をいただき、帰りに岩美駅のホームまで見送りに来て下さいました。駅までというのはよくありますが、ホームまで入って見送ってもらえるのは、無人駅ならではのこと?

今シーズン最初の講演はゴキゲンで帰路につくことができました。さぁ、次は来週!男の掃除術!in 豊田市。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する