fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

東京新聞連載 45回 よくかんで食べる

2015/02/24
中日・東京新聞連載 0
2015022301.jpg
(画像をクリックすると、拡大表示されます)

2015年2月1回目の記事。2月9日が休刊日だったので、第4週の23日が2月1回目の記事になりました。

軟らかい食べ物は、人類の歴史上、甘さとともに求められ続けた物ではないかと思います。調理法をみても、すりつぶしたり、酢に漬けたり、切り込みを入れたり、長時間煮込んだりしながら、固い材料をいかにして軟らかく食べるか様々な試みがなされてきました。

先人達のその努力のうえに、今日の豊かな食生活が存在することを忘れることはできません。しかし、甘さの摂取の度が過ぎることで、生活習慣病などの誘発要因になっているのと同様に、軟らかい食べ物の摂取もまた、そればかりになることでアゴの衰えや噛む力の衰えを誘発している側面があります。胃腸の具合が悪いのは、ストレスが原因であることも考えられますが、もしかすると軟らかい食べ物に慣れすぎて、食べ物を十分に噛まず飲み込んでいるからかもしれません。

健康に年をとりたいのは万人の願い。同時に、甘い物を食べ、軟らかい物を食べながら、それを実現する難しさを考える今日この頃です。最後まで美味しく食べる!という命題は、健康に年をとる大きな要素だと思います。今から少し意識することで、それに近づけるのではないか思います。

今、気が付いたのですが、編集部に入稿した記事は、全部「柔らかい食べ物」になっていたように思います。「軟らかい食べ物」が正解なのですね。
 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.