fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

東京新聞連載 60回 食欲の秋

2015/11/02
中日・東京新聞連載 0
2015103101.jpg
(画像をクリックすると、拡大表示されます)

いろいろ周囲の人を見ていると、動きの軽い人はサッと動くし、思い人は動きもユックリ。サッと動くから家事も体重も溜まらない。ユックリだといろいろ溜まってどんどんユックリに…という内容です。

この記事に関しては、ちょっと付け足しが必要で、一番下の段の右の方に、「糖尿病患者のような厳しい内容(の低炭水化物ダイエット)でなく」と書いたのですが、「『重度の』糖尿病患者のような」とした方がより良かったなと思います。

この記事は、低炭水化物ダイエット自体を勧めているのではなく、あくまでも僕個人の経験から書いているだけのことです。誰にでも低炭水化物ダイエットが向いているとは思いませんし、勧めるつもりもありません。

ダイエットというか減量に関していうと、なにごとも同じですが、続ければ、そして続けられるのであれば、なにをしても効きます。続けられないから効かないだけのことです。もっとも、続けられないような無理なダイエットをしてもダメだということでもあります。

それは家事についてもまったく同じだと思います。続けること、続けられること、持続可能であるということ。洗濯をやめて全部クリーニングに出すといのもアリです。全部外食という家事もアリです。それが続けられ、かつそれが快適なら、それでもイイと思います。必ずしも、家事は家で家族がやらねばならぬというモノではありません。

余談ですが…ダイエット関係で、よく聞く一言。

「わたし全然食べてないのに太るんよね」

太る人は食べてます。食べずに太れるのなら、飢餓に苦しむ人達を救う世紀の大発見でしょう。
 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.