fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

愛媛県伊方町で講演しました

2016/02/28
講演記録 0
2016022801.jpg
愛媛県伊方町生涯学習推進大会で、「きっと毎日が楽しくなる!心地いい家族のカタチ」を講演しました。

香川県出身の僕にとって、西隣の愛媛県は瀬戸内沿岸同士ということで、だいたい似たような感覚でいられます。同じ四国でも、高知県は太平洋側で県民性が少し違う印象です。ところが、今回訪問した伊方町は、大分県に向かって豊後水道に突き出る佐田岬の町。半島の北側は瀬戸内だけど半島の南側は太平洋に面する位置。果たしてどんな様子?と興味津々。

日曜日午前の講演だったので、前日土曜日の午後から松山入り。夜は以前の講演滞在時に知り合った松山の友人と食事。京都マラソンから2日後に長野市で講演、その2日後に延岡市で講演、そして伊方町という濃い一週間のラストを締めくくるべく、早朝、松山市から伊方町へ移動。すでに菜の花が咲き始めていて、ウッスラと春霞もかかる海辺の風景はスッカリ春。

会場は、パッと見ると中高年の方が多かったようでしたが、よく見ると僕と同世代や若い人達の姿もチラホラ。人口減少が激しく、この40年間で人口が半分になっている伊方町ですが、そんな町にも次の世代は必ずいます。彼らが健やかに育つことのできる環境を、僕をはじめ上の世代が作っていかないと。「自分たちは終わったからもう知らん」では、自分が困るだけ。たとえ、京都と遠く離れている町であっても、まったく無関係ではないはず。精一杯のゴキゲンを届けてきました。

それにしても、日本全国どこへ行っても、オバチャンは元気です。前方の一列にズラリと座った僕より一回りくらい年上とお見受けするオバチャン達。
「こんなシミ抜きメンドウですよね?」「うんうん」
「こんなんありません?」「あるある」
声は遠慮がちで出ずとも、口が動いてるんです。オバチャンをはじめ、女性の元気さを活かすというのは、どこででも言えることだと、ステージの上からシミジミ思いました。

 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.