fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

東京新聞連載 74回 風呂カビ対策

2016/06/03
中日・東京新聞連載 0
2016060301.jpg
(画像をクリックすると、拡大表示されます)

掲載日の5月30日といえば6月直前。6月といえば梅雨。梅雨といえばカビ。というコテコテの連想から、今回は風呂のカビ対策。

カビ対策のなかでも、カビ予防。風呂を出るときに壁や床を流して、カビの発生と繁殖を抑えるという、講演で紹介している「プチ家事」の中の一つ。以前もコラムで紹介したけど、今回はその詳細版。

記事の中で「カビも生き物なので(略)水分と空気と栄養が必要。」と書きました。講演では「水と温度と栄養分」と言ってます。温度を空気と入れ替えたのが的を外したのか、「お湯で流すよりも水で流す方が、より効果的」というところで、「なんで水の方が効果的なの?」という質問を頂きました。温かい水の方が、冷たい水よりもカビが繁殖しやすいからです。

さて、予防について書いたのですが、6月中にカビ取り編を!というリクエストが来てます。

カビ取りにもチョットしたコツというか、見落とされがちなポイントがあるのですが、しかし…このコラムのタイトルである「楽家事」の「楽」な方法がないのです!ないから予防に力を入れて欲しいのです。しかも、カビってヤツは一回発生させると、完全な根絶はほぼ不可能。かなり濃度の高いカビ取り剤を使っているダスキンでも、完全には除去できませんでしたから。

楽家事コラムで紹介する「楽じゃない」家事になりそう。結論は「だ・か・ら予防!」になりそう。

今年の5月は5回の月曜日があり、そのうち3回で掲載がありました。ズッと原稿とイラストの確認メールが行ったり来たりしてました。

 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.