FC2ブログ

福岡県太宰府市で講演しました

2016120301.jpg
太宰府市男女共同参画市民フォーラムで「きっと毎日が楽しくなる!心地いい暮らしのカタチ」を講演しました。

前日金曜日の朝、血管迷走神経反射で倒れるというアクシデントがあり、周囲や関係者にたいへん心配をお掛けするという事態が起こりました。さいわい、予後はきわめて良好で、午後には普通に動けるようになっていました。原因は不明なものの無事に回復し、翌朝には太宰府市へ。
 
2016120302.jpg
太宰府市は中学校の修学旅行で訪れて以来、33年ぶり。といっても「来ているはず」程度の記憶。覚えているのは長崎や島原、阿蘇山、別府とあっちこっち移動しまくったことと、バスガイドさんがステキなお姉さんだったことのみ。

さてさて、会場入りしたのは12時50分頃。そこからセッティング。開場は13時。ホールは専属の舞台屋さんスタッフが数名。手慣れた手つきでササッとセティング。アッという間に完了。

市長さんの挨拶があり、ゴスペルグループの演奏があり、時間は10分の押し。もともと80分の持ち時間だったのでそれ用の少し短い内容を用意していたのと、質疑応答がないのを確認してスタート!!

スタートしてすぐに異変に気が付きました。なんとスクリーンに照射されているスライドが点いたり消えたり。映っている画像もジワ〜〜ッとした模様が浮き出ているではないの。

あまりにあっさりとセッティングできたのに安心して、照射テストをしてなかったツケが出てしまいました。大きなホールの施設据え置き型のプロジェクターでたまに起こるトラブルです。とくに特定メーカーの設備で起きるのですが、今回もまさにそのメーカー系列の設備でした。

「こんな感じに…あれ?」「…なことが、女性では!……あ、やっと出ましたね」

というように。

点いたり消えたりする画面を見続ける参加者は、とってもストレスだったと思います。講演に集中できなかったかもしれません。いっそ、途中で止めて設定のやり直しをするくらいのコトをしてもよかったと、今ごろ後悔。

転んでもただで起きたくないので、講演後に「アレってなんか対策ってないんでしょうか?」とスタッフに尋ねると、「同期周波数が合わないと、ああいうことが起こるみたいです」とのこと。今さらながら調べてみると、繋ぐ順番によっても問題が起こるそうですね(参考元)。もしかしたら、太宰府市でもコネクターとパソコンを先に繋いでいたのかもしれません。今後の教訓になりました。

講演の方は、そんなアクシデントにも関わらず、「楽しい講演だった」「言いたいことを代わりに言ってもらえました」との声を講演後に頂きました。

僕の講演の場合、家事ノウハウの部分はスライドがないと説明の難しい部分もありますが、それ以外は、キーワードを印象づけるための「背景」ですから、一所懸命話すことでカバーが可能です。スライドを読み上げるタイプの講演をしているわけではないので、なんとかなりました。

とはいえ、ちゃんとリハーサルをすることの大切さを、改めて認識しました。客が入っていても、やるべきですね。良き教訓になりました。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する