FC2ブログ

連載「シニアの楽家事」1回財産管理

2019041301.jpg
2019年4月13日から毎月第2土曜日に東京新聞・中日新聞・北陸中日新聞で「シニアの楽家事」という新しい連載がスタートしました。

東京新聞では「スーパー主夫楽家事」から引き続いての連載。中日新聞では、2017年3月以来の連載再スタート。そして北陸中日新聞でははじめての連載になりました。

編集部から「シニアの楽家事」というタイトルで連載を書いて欲しいと連絡があり、その時「僕ももうシニア世代に近いんだなぁ」と気付きました。まだまだシニアには遠いと思っていたのですが、周囲にはそろそろシニアが迫ってきた現実を感じます。早期退職をする人もいるし、介護で思ったように仕事ができない人もいます。老後の生活もボチボチ考えないと…という焦りのようなモノも感じています。

こういった実感も込めながら、僕の体験や提案、問題提起などを、シニアの方のインタビューをもとに記事にしようと思っています。この連載は読者に届けるだけでなく、自分のためにもなるような気がします。これまでの「スーパー主夫楽家事」連載のように、「こうすれば楽ですよ!」「こういうのはどうでしょ?」という内容以外に、「どうしたらイイんでしょうね?」というスタンスもありだと思っています。

僕は51歳で、両親は健在。義父が昨年7月に亡くなり、その事務手続きで義母が訪ねてきたのでした。もうすぐ、あれから一年になりますが、残った物はなかなか片付かないそうです。なにしろ、義母もここ数年でガクッと体力が落ちた感じ。その状態で、自分の生活も成り立たせたうえで片付けもしないといけないというのは、なかなかタイヘンだろうと思います。どうするか?は義母の考え優先ですが、自分の身になった時のことを考えると、「早めに整理しとかないとな…」です。

「スーパー主夫楽家事」は連載が7年7ヶ月続きました。「シニアの楽家事」はどこまで続くかわかりませんが、この先、月一回の連載が元気に続けられるよう、体調に気を付けながら、好奇心のアンテナを目一杯はっていこうと思っています。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する