FC2ブログ

連載「シニアの楽家事」5回 昼食活動

2019082501.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)
8月10日掲載。

高校入学時には、学食通いしていた娘も、結局、「学食で並ばなくていいし、(うどん一杯だけ、などにならず)チャンと食べられるから」と弁当に逆戻り。そして、夏休み。補修期間の1日目だけ、お昼ご飯を食べに帰ってきたんですが、これがまぁ、本当にタイヘン!というかメンドウ。

学校から徒歩7分の我が家。「今から帰ります」とメッセージが届いても、7分ではなにもできない。「もうすぐかな?」という時間から逆算して準備して、ササッと食べさせて…と考えていると、午前中ズッと落ち着かない。「これは無理」と思ったら、娘も真っ昼間に家と学校の往復をするのがメンドウだったらしく、「弁当作ってもらえるかな?」と。朝はバタバタするけど、弁当の方がまだマシでした。

たった一日で終わった、ラテン昼ご飯。イタリアやスペインでは、お昼ご飯は大人も子どもも家に帰って食べると聞きます。ラテンママ達はタイヘンだろうなぁ。いや、待てよ。退職後の夫を抱える妻達もタイヘンなんじゃ?と思い至ったわけです。

せめてお昼ご飯くらい、自炊でも良いし、スーパーやコンビニで買ってくるのでも良いし、外食でも良いから、自分で食べるモノを調達できる能力を身に付けた方が良いです。いや、付けた方が良いというレベルではなく、自分の身を守るためにも「付けるべき」です。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する