FC2ブログ

東広島市で講演しました

2019100601.jpg
東広島市主宰の子育て応援イベント『こども未来フェスタ』のワンコーナー「おしゃべりカフェ特別講座」の講師として「お気軽家事のススメ~男も女も気張らず投げ出さず~」を講演しました。

今日は東広島市でしたが、調べてみると、ちょうど6年前の今日(10月6日)、北広島市で講演してました。東広島市は広島市の東隣にありますが、北広島市は広島市の北隣から、はるかに遠い札幌市の東にあります。あの遠くにあった北広島市での講演から、今日で6年。当時6年生だった娘は今高校3年生。そりゃ身体のあっちこっち痛むわけです。

今日は、講演前に予想外のトラブルが。

会場は大学の教室。これぞ教室という教室。さすがにひな壇教室ではなかったけど、中規模教室の代表のような教室。以前は非常勤講師として、あっちこっちで半年間の授業もしてましたから、だいたい大学機材の接続ならお手のもの!

のはずが、PCを繋いでも映らない。

不具合の原因は、たいてい入力選択を間違っているとか、ケーブルが断線しているとかの類です。ところが、今回はそれも上手くいかない。
 
2019100602.jpg
このプロジェクターは、新しめだけど、この旧型機で対応できてる経験があるので、新しいのだとより大丈夫なはず。

2019100603.jpg
問題は、この入力切り替えスイッチャー。ところが入力に感しては、問題が見付からない!

いやはや困った困った!
「もう、スライド無しでやりますか?」
という声も。
いやいや、最大限の努力をして、それでもダメなら最後の手段。
まだなにか手は打てるはず。
ケーブルを別のRGBケーブルに変えてみる。映らない。
HDMIケーブルに変えてみる。ダメ。
僕のMacから会場のWindowsPCに変えて繋いでみる。映らない。

ん~弱った弱った。
ここまで会場入りして18分。
システム的にダメなのは昭和後期に納入されたラムザ製システムのみ。
ここはまったく別モノ。
そして大学。
大学教員のMac使用率は、他業種よりは多め。
とくに、ここは近畿大学の工学部キャンパス。
Macが非対応なはずはない!

どうみても、この入力スイッチャーがアヤシイ。
というか、もうコレしかない。

と、見ると、右にアヤシイ上下左右ボタン。
このスイッチャーのモニターは1990年代初期の液晶画面で
表示は上下2段のみ。

ためしに上ボタンをイジってみる。
「あ、映った」

軽いタッチのこのボタン。
なんかのハズミに
「Video」モードであるはずのところが、
「Audio」モードになってしまい、それで映像信号が出なくなっていたのでした。

解決したのが、会場到着20分後。
講演開始40分前。
30分トライしてダメなら、他の方法を考えないと!と思ったけど、
無事に解決。

講演には約40名が参加してくれました。
小さな子どもも同じ部屋で受講。
いつもは90分の内容をギュギュッと圧縮してテンポ良く60分に。
口述筆記の人が、追い付けないくらい早口になってしまった瞬間も。

さすがに午前中の10時半~11時半の講演で寝る人はいませんでした。
特濃な講演時間になりました。
手話通訳さん口述筆記さんからも、
「楽しかったし、そうだったのか!という発見もありました」
と喜んでもらえました。

講演後は、東広島駅の近くでお好み焼きを食べて帰りました。
実は、お好み焼きは大阪タイプ派ではなく広島タイプ派です。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する