FC2ブログ

長野県高山村で講演しました

2020011801.jpg
長野県高山村の男女共同参画イキイキフォーラム2020で「心地いい家族~きっと毎日が楽しくなる!~」を講演しました。

高山村からの依頼が入って以来、ずっと高山村とのご縁を探していました。僕が住んでいる京都市伏見区は秀吉が全国の大名を集めて住まわせた、いわば江戸のプロトタイプの町。全国の地名にちなんだ町名があるのに、なぜか長野県北部ゆかりの地名が見当たらない。

困ったぞ…と思っていたら、今週の週刊新潮のグラビアに
2020011803.jpg
高山村の高井橋が登場してました。このタイミングでこの風景!これは間違いなくご縁に呼ばれている!と確信。講演の冒頭にも、このことに触れました。

が、帰りの新幹線で、「そういえば…」と思い出したのが、「福島正則終焉の地」としての高山村でした。あの「♪酒は飲め飲め飲むならば♪」の黒田節の舞台は、我が家の近所。娘の加奈子が通う高校の目の前にある、福島正則の屋敷で起こった出来事だったのです。我が家のある小学校区内での出来事。名槍「日本号」を持ち帰った黒田家家臣の母利太兵衛は有名ですが(なにしろ博多人形のモデルにもなってますし)、日本号を持って行かれた福島正則も有名人です。帰りの新幹線でこれを思い出したのは、なんともはや…

それにしても、「週刊新潮」のグラビア風景。「こんな雪深いところへ行くのか?」と不安半分、(雪の珍しい地方人の)期待半分だったのですが、異例の雪のない冬とあって、今日の高山村は雪が視界に入る率は2%程度でした。よ~くみると、すみっこにちょこっとある程度でした。

今日は、1月18日はセンター入試一日目。朝、早起きして娘の弁当を作り、起きてきたのを確認して、僕は先に出発。この仕事をしていると、こういうこともあります。

控え室で「もしかすると…というか、いつも反応は薄めで…」と聞いていたにもかかわらず、いざ講演が始まると、イイ反応の人がいて、調子に乗って講演できました。

少しずつ予定時刻が押していて、僕の番になった時点でほぼ10分押し。僕の前に報告した、男性で育休を取得している方のお話が、なかなか子育て父さんのツボを押さえていて、僕の講演の中でもずいぶん使わせてもらいました。今日は、講演開始直前まで手元にパソコンがあったので、10分分の内容を調整して開始。

なんと!まったく新しくなったプレゼンソフトは、いつも表示される「残り時間」が出てない設定に。とはいえ、長年付き合ってきたパターンの講演。もう次のスライドがなにかも分かってるし、ここで喋るべきコメントも身体が覚えてます。そして、主催担当さんも驚く、予定時刻ピッタリの終了!僕も時計を見て驚きました。
 
2020011802.jpg
気分良く講演が終わり、長野駅までのタクシーも順調に流れ、予定よりも10分前に長野駅に到着。その時間にホームの駅蕎麦を流し込む。帰りのタクシーから「2℃」という表示の温度計だった、高山村。温かい蕎麦で身体も温まりました。帰りもジャスト5時間でした。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する