FC2ブログ

日経プラス1(2020年8月15日)

2020082501.jpg
2020年8月15日付け日経プラス1の裏面「すっきり生活」に記事が掲載されました。
ネット記事は↓
トイレ掃除は上から下 男性「座りション」で飛沫防ぐ
で読めます。

講演などでは、家事を増やさないための、もっとも効果的かつお手軽な方法として、男性が「立ちション」から「座りション」へ変化することについて触れていました。

しかしながら、活字媒体で触れたのは、今回が初めてです。

どこかの同人誌ならともかく、土曜日版とはいえあの日経新聞の誌面で「立ちション」「座りション」という言葉が躍動するとは思っていませんでした。

この記事は、講演講師友達(男性)が、

「男が座ってするなんてありえん!
って言っていた私ですが、
今は完全に座って派w」

とFacebookにあげていたのを見て「おお!そうだ!このネタ、まだやってなかったかも!」と気が付いたのがキッカケです。担当さんに企画を出すと、これまでに便器の掃除に関しての記事は出ているが、天井や壁や床回りについてはまだ扱っていないし、根本的な対策としての「立ちションから座りションへ」という内容は、男性ライターに書いてもらった方がイイということで、OKをもらいました。

企画でOKが出れば、あとはネタには困らない内容ですので、スラスラと書けました。撮影は、すべて我が家のトイレで行いました。娘にもちょっと登場してもらいました。

さてさて、記事を見た人達の反応はいかがでしょうか?

これまで何気なく立ちションしていた男性には、トイレを清潔に保つため、「小便小僧(こぞう)」風から「考える人」風に小用スタイルを変えることを検討してみてほしい。


という記事の最後。

「うるせぇ!」

という人もいるでしょうし、

「そんなのとっくに座ってるわ!」

という人もいるでしょう。

「座ってするなんて、男の沽券に関わる」

という人もいるようです。
こういう人には、

「座りションごときで左右される程度の沽券だったのですね?」

と返させて頂きます。

「男のプライド」も「男の沽券」も、その程度で揺さぶられるようでは、たいしたことはございません。そして、「男の」と付いている時点で、どこかよそからの借り物発想です。「僕のプライド」「オレの沽券」なら、まだしも…です。

不思議なことに、僕やオレなど、一人称をつけて「プライド」や「沽券」を使うと、「この程度で?」がより強調されます。例えば、組織の利益を優先するか?消費者の利益を優先するか?の瀬戸際に立たされた時などに、「プライド」や「沽券」を使うと、大人な人に思えますが、小便を座るか立つかで使うとなると、これはもう、人間だけでなくアソコも小さな男では?と思われてしまうんじゃないかと…余計なお節介でございました。

とにかく、キレイで臭わないトイレを維持したいのなら、座りションした方がイイです。

 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する