FC2ブログ

京丹後市で講演しました

2020121201.jpg

2020121202.jpg
京丹後市で開催された「ハートフルフェスタ みんなのつどい」で「仕事も遊びも子育ても!スーパー主夫のワーク・ライフ・バランス提案」を講演しました。

京丹後市といえば、真っ先に思い出すのは、丹後ウルトラ100kmマラソン。今回、運営に参加していた女性連絡協議会も、エイドのボランティアに参加したりと、ご縁があるようでした。まだ僕は最長で60kmしか走ったことがないので、いつか100kmマラソンにも出場できるくらいの走力をつけて、参加できればイイなぁと。

僕には、もう一つ京丹後市とのご縁が。今回の講演があった峰山の隣、大宮出身の太川陽介さん。2015年にNHKラジオで共演し、本番前は連れションまで体験。手話通訳さんが僕と一つ違いで同じくレッツゴーヤング世代。講演の後♪ルイルイ♪で話に花が咲きました。

進行は5分押し、と聞いていましたが、セッティングをチャチャッとすませ、講演は定刻に開始。今日は、60分の講演。90分セットをギュギュッとまとめた構成。新ネタを盛り込まず、ひたすらコンパクト化しただけだったので、内容はお決まりの安定感。時間配分だけに気を使いました。大掃除シーズン前とあって、換気扇掃除の秘策と、シミ抜き万能溶液の話は好評でした。

セッティング時に十分確認できてなかったマイクテスト。本番前にエプロンに付けた、ピンマイクの位置が悪くてガサゴソ音が入る。途中、「生活自立15項目チェック」の間に、音声さんと相談して、シャツに付け替えることに。問題は解決。そういえば、PAの卓がYAMAHAの最近のモデルでした。

持参したマウスシールドは、袋を開けるとゴムが一つしか入ってなくて使えず。舞台から客席までは10mくらいあったので、確認のうえマスクもシールド類も無しで講演することに。久しぶりの開放感でした。

京丹後市で講演したので、京都北部は宮津市(天橋立が有名)と伊根町(舟屋が有名)を残すのみとなりました。京都府でいうと、市は宮津市、向日市、京田辺市の残り3つになりました。3市とも仕事以外では行ったことがあるのですが、なぜか講演では行ったことがないです。とはいえ、こんな新型コロナの第三派時期にライブの講演ができるありがたさ。いや、ありがたやありがたやです。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する