fc2ブログ

家事ジャーナリスト山田亮の講演や執筆などの仕事記録です。 家事で楽して生活を楽しむ!家事がオモシロイと一生楽しい!

連載「シニアの楽家事」30回 夫婦感覚のズレ

2021/09/09
連載「シニアの楽家事」 0
2021090901.jpg
(画像をクリックすると拡大表示されます)
2021年9月4日掲載。

去年から、増えてきたのが「ズレ家事」「家事ズレ」に関するテーマのセミナーの依頼。とくに都市部や大企業での問い合わせが増えてきています。背景としては、夫婦共に家事をするのは、特別なことではなくなった。その結果、お互いの認識や行動や結果のズレが気になり始めた。「男性も家事しましょう」「育児休暇を取りましょう」から、一歩進んだ人達の関心が、ズレに移ってきたということでしょう。

ズレ自体が話題になるのは、良い方向性だと考えています。ズレるからダメなのではなく、ズレて当然なのです。他人同士が暮らすわけです。ズレない方が不思議です。異文化交流だと思ってもイイと思います。命や健康に関わることでズレるのは、避けたいですが、それ以外は、「ズレもまた楽し」とでも思っておかないと、キリがありません。

最終的には、2人が関わるということは、見出しにもあるように「アイデア2倍、手間半分」がゴールです。3人でするなら「三人寄れば文殊の知恵」を目指して欲しいです。つまり、最近はやりのダイバーシティー&インクルージョンです。多様性を認め受け入れるということです。社会でそれを実現するのはなかなかタイヘンですが、家庭の中くらいは実現したいモノです。

繰り返しますがズレるからダメなのではないし、「ズレをゼロにする」のは不可能です。それを目指したければ、一人暮らししか選択肢はありません。相手のやり方が正しいか間違っているか?どっちが良いか悪いか?という競争ではなく、折り合いを付けて歩み寄って、WinWinな関係を作るようにしないと、永遠に力比べをしないといけなくなります。一度抜いた刀は、結局、どちらかが死ぬまで鞘に収められないというのでは、人生楽しくないのでは?と思いますが…
 

 
関連記事

コメント(0)

There are no comments yet.